DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

巡査が交通違反し逃走で懲戒処分 京都府警巡査

2019年07月11日 | 京都のニュース

八幡警察署




京都府警の八幡警察署の20代の巡査がバイクで通勤中に交通違反をして、パトカーに停車を求められましたが、そのまま逃走し、戒告の懲戒処分を受けていたことがわかりました。

戒告の懲戒処分を受けたのは、八幡警察署の20代の男性巡査です。

警察によりますと、巡査はことし4月、早朝にバイクで出勤していた際、追い抜きで中央線を越えることが禁じられている区間で対向車線にはみ出して走行したということです。

近くを走っていたパトカーが気づき、サイレンを鳴らして停止を求めましたが、巡査はそのまま逃走したということです。

巡査は、200メートルほど先の路地で転倒して、追いかけてきたパトカーにぶつかって停止し、その場で交通違反の切符を交付されたということです。

警察は「違反をしたうえで逃走することは危険で警察の信頼を失墜させる行為だ」として、11日までにこの巡査を戒告の懲戒処分にしました。

巡査は「寝坊をしてしまい間に合うために急いでいた。許されることではなく反省しています」と話しているということです。

京都府警察本部の姫野敦秀首席監察官は「あらゆる機会をとらえて指導や教育を実施し、非違事案の防止に努めます」とコメントしています。

【京都府警で不祥事相次ぐ】
京都府警では、巡査長が特殊詐欺の対策で知り合った高齢男性からおよそ1100万円をだまし取ったとして今月5日、詐欺の罪で起訴されました。
また、同じ5日の夜には、この春に採用された警察官が大麻を所持していたとして、大麻取締法違反の疑いで逮捕されるなど、警察官が重大な犯罪に関わる不祥事が相次いでいます。

NHK

コメント   この記事についてブログを書く
« 福原愛夫婦の『サラテクト』C... | トップ | 二条城の障壁画「松鷹」原画公開 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

京都のニュース」カテゴリの最新記事