DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

ソフトテニス混合複、台湾の余・鄭組が金 韓国ペアに勝利 アジア大会

2018年08月31日 | 台湾ニュース

優勝した余凱文(左)鄭竹玲組



(ジャカルタ 30日 中央社)ジャカルタ・アジア大会は第13日の30日、ソフトテニス混合ダブルス決勝が行われ、台湾の余凱文・鄭竹玲組が韓国のペアを5-3で下し、金メダルに輝いた。鄭は29日の女子シングルス決勝で日本の高橋乃綾に惜敗し、銀メダルとなっていたが、混合ダブルスでその悔しさを晴らした。

自転車女子3000メートル個人追い抜きは、3位決定戦が行われ、黄亭茵が3分45秒449で銅メダルを獲得。柔道女子57キロ級は、連珍羚が3位決定戦でカザフスタンの選手に勝ち、銅メダルを手にした。

今大会で台湾勢が獲得したメダルは30日午後7時半現在、金14、銀17、銅24の計55。

ジャンル:
スポーツニュース
コメント   この記事についてブログを書く
« 台湾航空2社、ひとまずスト回... | トップ | 台中市の南門橋、日本時代の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

台湾ニュース」カテゴリの最新記事