DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

頭ぶつかる! 天井低すぎる地下道 国道1号

2019年07月15日 | 京都のニュース

壁一面に海の生き物が描かれている



大津市音羽台の逢坂小の北側に、国道1号をくぐり抜ける全長31・1メートルのトンネルがある。高さは1・8メートルで、背の高い人は天井に頭をぶつけてしまいそうだ。

 「逢坂地下道」。市歴史博物館によると、逢坂付近の国道1号には、かつて鉄道の旧東海道線が走っており、同線が開通した1880年に集落と田畑を行き来するため作られたという。

 近くの逢坂幼稚園(同市音羽台)の園児や保護者らが多く利用している。狭間絵梨さん(34)=同市春日町=は「最初は天井の低さに驚いたが、車や自転車も入れないので安全」と話す。

 内壁は逢坂小の児童が描いた海の生き物が一面を彩り、地元の子どもからは「お魚トンネル」と親しまれている。小さな地下道は140年近く地域の安全な通行を見守っている。

(京都新聞)

コメント   この記事についてブログを書く
« 台湾各地で猛暑 花蓮は気温38... | トップ | 祇園祭宵々山の京都市中心部... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

京都のニュース」カテゴリの最新記事