DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

台風の臺北火車駅

2008年08月04日 | 臺北車站 
台風の臺北火車駅 








この日、台湾は台風に見舞われています。

昨夜から激しい雨に襲われています。

時刻表

「停閉」は運休、1時間に1本のほどの各駅のみが運行されています。

しかし、ほぼ運休です。





基隆方向も同じ





TVクルーのカメラマン

この横にあと2クルー滞在中。

朝からTVを見ていましたが凄いシーンの連続でした。

それに比べればこのクルーは一番楽な画面を撮っています。






「高鉄」は完全運休、




いつもは長蛇の列のチケット売場。

座っている人も20人もいません。

お顔を拝見すると私を除いてほぼ全員、ホームレスの方々。






表は雨でどこにも出かけられません。


1年振りの台北站を点検します。


南側、出口付近。





東側の出口付近も。・・・・・ちょっとおかしい!!




「北2」付近の階段、下に行けば「台鉄」の乗り場へ。

もうお解かりでしょうか?






1Fにあった様々なお店がほぼ跡形もなく撤去されています。


残っているのは鉄道関連のお店「台鉄本舗」、コンビニ、

そして

「少数民族」系のお土産のお店。「農協」系のお土産の店。

この2軒だけ。







先ほどの階段横にあったマッサージのお店は  どうした?!!

目の不自由な方々のお店、

いつもお客さんがいてもいなくても賑やかなおじさん、おばさんは一体どこに行ったのか?


台湾にくる楽しみの一つが消えうせてしまった。


どうする????




後で分かった事ですが

この撤収劇は「微風広場」側から・・・・

「微風台北火車駅」計画の段階で1F店舗の撤去を求めたようで

昨年、11月に皆、引っ越して行ったそうです。

強引な手法ですね。


『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 京都・・・・・どこの景色? | トップ | 台北街歩き 改造バイクに遭遇 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

臺北車站 」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事