DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

子ヤギ4匹が仲間入り、性格も「4匹4様」 京都のふれあい牧場

2019年05月07日 | 京都のニュース
 
家畜舎で干し草を元気に食べる子ヤギ
(綾部市位田町・綾部ふれあい牧場)



綾部ふれあい牧場(京都府綾部市位田町)に23日、子ヤギ4匹が仲間入りした。すべて女の子で、うち2匹は双子。人懐っこかったり、慎重だったりと性格も「4匹4様」で、大型連休の人気者になりそうだ。

 4匹は茶色いトカラ系で生後1年。兵庫県丹波市の牧場で生まれ育ち、体重20キロ弱と小柄でかわいい。市が、観光牧場としての魅力向上を目的に導入した。ふれあい牧場の家畜は、ヤギが6匹、ヒツジが3匹となった。

 この日、家畜舎に入った子ヤギ4匹は中をうろうろ。3匹は干し草をすぐ食べたが、1匹は慎重に様子見をしていた。大型連休中は家畜舎でのみ公開。100円でニンジンの餌やりができる。

(京都新聞)
 


コメント   この記事についてブログを書く
« キリシマツツジ見頃 滋賀・... | トップ | 尊王攘夷の志士眠る「十七烈... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

京都のニュース」カテゴリの最新記事