DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

真夏日の奥比叡に七色の帯 大津で「環水平アーク」観測

2019年05月28日 | 京都のニュース



空に虹色の光の帯が伸びる「環水平アーク」現象が27日、大津市伊香立地域で見られた。日増しに緑が濃くなる奥比叡の山並みの上空を鮮やかな光が彩った。

 民間気象会社「日本気象」(大阪市)によると、「上層雲」と呼ばれる雲の氷の粒に、太陽の光が屈折して起こる現象という。

 同日午前11時ごろに、伊香立地域の上空に現れた。照りつける太陽の下、薄雲が浮かぶ青空に七色の帯が描かれた。

 この日は大津市で最高気温が32.9度となり、3日連続の真夏日となった。


コメント   この記事についてブログを書く
« 金属パイプ状柵など設置、安... | トップ | 台湾で定例実働演習始まる 陸... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

京都のニュース」カテゴリの最新記事