DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

一遍聖絵と時宗の名宝 特別展

2019年04月19日 | 京都のニュース






踊り念仏で知られる鎌倉時代の一遍上人の肖像画や生涯を描いた国宝の絵巻などを一堂に紹介する特別展が京都国立博物館で開かれています。

この特別展は、一遍上人が開いた時宗を大きく発展させた弟子の真教上人の没後700年にあわせて京都国立博物館が開きました。
会場には、一遍上人の生涯を描いた国宝の絵巻、「一遍聖絵(いっぺんひじりえ)」の12巻すべてや、一遍や真教らの肖像画や肖像彫刻などおよそ200点が展示されています。

このうち、一遍聖絵の第7巻には、京都中心部の道場で踊り念仏を行う一遍の様子が描かれていて、ここが時宗の教えを広げる拠点になったということです。

また、2代目の祖師、真教の肖像彫刻は、本人が亡くなる前の年に製作されたもので、晩年の病によってゆがんだ顔も写実的に表現されています。

京都国立博物館の井並林太郎研究員は、「時宗は一遍上人らが民間の中に入って布教した宗派で、絵巻物などの作品からこうした中世の人々の息吹やさまざまな階層の生活を感じ取ってほしい」と話しています。

特別展、「国宝 一遍聖絵と時宗の名宝」は、京都市東山区の京都国立博物館でことし6月9日まで開かれています。

NHK

『イベントニュース』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 蓮如の御影 福井へ出発 | トップ | 中国の台湾孤立化策は国際社... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

京都のニュース」カテゴリの最新記事