DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

高雄捷運 三多商圏駅

2009年12月18日 | 高雄

台湾 高雄
高雄捷運(MRT)三多商圏駅 






正式には 高雄市都會區大衆捷運系統 というそうです。


高雄車站から地下鉄に乗り込みます。

高雄捷運(MRT)の路線は2本ありまずは 紅線 が2008年1月31日に全線の軌道工事が完成、3月9日に小港 - 橋頭火車站駅間が正式開業した。

その後、2本目となる 橘線 が同年9月14日、西子湾駅 - 大寮駅間が正式開業し、9月21日には開通記念式典が行われた。開業後30日間(10月21日まで)は全線15元の優待運賃を実施した。

台湾の大型工事につき物の賄賂事件や韓国企業の手抜き工事のせいでなどによりたびたび開業が延期され紅線などは2年近く遅れました。


台湾第2の都市がバスだけに頼っていたのが不思議なくらい。












改札口は高鉄(新幹線)と同じ オランダ製この赤い部分が開閉します。



カラフルなベンチは各駅共通、おしゃれですが堅くてすわり心地はよくはありません、又、背もたれとの角度が悪く落ち着けません。











三多商圏駅月台(ホーム)からのエレベーター。
斬新なデザインです、透明なデザインがおしゃれです。





月台(ホーム)に自転車を押しているカップル発見!!
自転車は折りたたんで持ち込まなければ駄目なはずですがおおらかな台湾だから、い~か!
この自転車、駅付近に用意してある レンタサイクルのようです。(市営)

最近、台湾でスポーツタイプの自転車を良く見かけるようになりました。

若者一人で台湾全土を自転車でめぐる 映画がヒットしてその影響で自転車を購入する人が増えたようです。

しかし ママチャリ は全く、見かけません、おじいさんもお婆さんもみんな、 原チャリに乗っています。






高雄捷運のモダンのところはこんな所にも、
色といい、湾曲具合といいおしゃれです。



座席は台北捷運と違い普通の配置になっています。
車体は少々幅が狭く出来ています。この車両は 川崎重工製 、愛着が湧いてきますね。



お客さんの視線が 変!!  
「気がつかない振りしようぜ~」・・・そんな雰囲気が感じられます。





『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 臺南 大東夜市 | トップ | クリスマスイルミネーション... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

高雄」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事