DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

本物「海自カレー」堪能して 京都、護衛艦や航空隊がレシピ提供

2019年05月07日 | 京都のニュース
 
まいづる海自カレーのスタンプラリーでプレゼントされる景品



舞鶴を母港にする海上自衛隊の艦艇などで食べられているカレーを京都府舞鶴市内の飲食店で味わえる「まいづる海自カレー」の2019年度の取り組みが始まっている。主催する舞鶴商工会議所はスタンプラリーの景品を一新し、新たな参加者を呼び込む。

 まいづる海自カレーは17年度からスタートした。各店は護衛艦や第23航空隊などからレシピの提供を受け、店ごとにそれぞれの部隊や艦艇などが認定したカレーを出している。17年度は1万4178食、18年度は2万1504食が販売された。

 3年目となる今回は11店が参加。カレーを食べて各店のスタンプを集めるスタンプラリーの景品について、スタンプ7個をオリジナルハンドタオル、全11個を装飾用の認定皿に変更。3個の缶バッジはデザインを海自舞鶴地方隊のオリジナルキャラクター「マイチ君」と「マイコちゃん」にした。11個を集めた人の中から抽選で30組60人を舞鶴地方隊見学ツアーにペアで招待する。

 舞鶴商議所はスタンプラリーの台帳になっているチラシを1万3千部作製。市商工観光センターや各店舗、まいづる観光ステーションなどに置いている。

(京都新聞)
 


コメント   この記事についてブログを書く
« 府が伝統産業の設備投資に助成金 | トップ | 中国で「居住証」取得の台湾... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

京都のニュース」カテゴリの最新記事