DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

高雄市、台湾初の2階建て観光バスを8月から運行へ 新たな名物に

2016年06月23日 | 高雄


高雄市は台湾で初となる2階建て観光バスを8月から運行する。運営元となる高雄バス(高雄客運)は観光バスの魅力を高めようと、外観デザインを一般公募。より多くの観光客を引きつけられればとしている。

バスは有名観光地の愛河に隣接するアンバサダーホテル(国賓大飯店)を起点・終点とし、ショッピングセンターのドリームモール(夢時代)や観光エリアの哈瑪星などを巡る。運行時間は約50分で、運賃は300台湾元(約975円)以下になる予定。

高雄バスによると、2階部分はオープン式が採用され、2階は26人、1階は10人が乗車可能。バスは高さ4メートル、全長12メートルとなる。

運転手にとっては新たな挑戦となるため、同社は運転手の訓練を実施。車両の安全検査を全て完了させた後に運行を開始する。



コメント   この記事についてブログを書く
« 日本統治時代完成の製材所、... | トップ | 台北の秋葉原・三創生活園区... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

高雄」カテゴリの最新記事