DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

熱さ煙もガマンガマン、護摩木踏みしめ息災願う 京都、縁城寺

2019年04月23日 | 京都のニュース

火が残る護摩木の上を願いを込めながら進む参拝者の親子
(京丹後市峰山町橋木・縁城寺)



京丹後市峰山町橋木の縁城寺で21日、弘法大師の供養と加護を願う「柴燈大護摩供(さいとうおおごまく)」が営まれた。たきあげた護摩木の上を素足で歩いて家内安全や無病息災などを願う「火渡り」もあり、参拝者が願いの成就を祈った。

 同寺の山号「発信貴山」は弘法大師がつけたと伝わり、大師が入定した日にちなんだ供養行事として毎年この日に行っている。

 境内に設けられたヒノキの護摩壇に点火され、参拝者が願いを書いた木札を今村祐恵住職らが投げ入れると、訪れた人たちは目をつむって手を合わせた。火渡りでは約2メートルの長さに並べた護摩木の燃えがらを、参拝者たちが熱さと煙を我慢しながら踏みしめた。

 長男の環汰ちゃん(4)と一緒に火渡りをした近くの西村みゆきさん(41)は「家内安全を願って歩いた。来年もまた渡りたい」と話していた。

(京都新聞)

ジャンル:
報道ニュース
コメント   この記事についてブログを書く
« サントリービール工場創業5... | トップ | 9日間ごみ収集なし、観光客... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

京都のニュース」カテゴリの最新記事