DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

池袋 楊 2号店 激辛麻婆豆腐 

2011年09月05日 | 激辛 超激辛料理


池袋  楊 2号店
激辛麻婆豆腐







(池袋2号店)
住所: 豊島区西池袋3-25-5 
TEL:03-5391-6803 (お問い合わせ専用番号)
050-5869-2587 (予約専用番号)
時間:[月~金]11:30~15:00(L.O.14:30)
17:30~23:30(L.O.22:30)
[土・日・祝]
12:00~15:00(L.O.14:30)
17:00~23:30(L.O.22:30)
定休日:不定休


(十条本店)
住所: 北区中十条2-22-4
TEL:070-5079-8138
時間 :17:30〜22:30
定休日:不定休


(3号店)
住所: 豊島区池袋2-54-2 アーバンホース1F 
TEL:03-3985-9247
時間:11:30~13:30 17:00~23:30
定休日:日・月




(人形町店)(閉店)
住所:東京都中央区日本橋蛎殻町1-11-9
TEL:03-5640-1700


池袋五差路丸井裏 に広がる飲食店街。
トルコ、マレーシア、インドなどアジア料理をはじめ様々な店が溢れ何にするか迷います。


久々にやってきたのは本格四川料理が食べられる
中国家庭料理 楊

定食屋さんにあるような麻婆豆腐とは大違い、四川の山椒が入った 本場の麻婆豆腐のお店です。 






独特の雰囲気の店頭風景。








11:30の開店直後に入店、お客さん1号です。





メニュー

以前は汁なしタンタン麺、麻婆豆腐、餃子くらいしかありませんでしたがこれだけの種類に増えていました。
狭い厨房でこれだけこなすのは至難の業です。









麻婆豆腐  880円

サラダ ライス タマゴスープ デザート(杏仁豆腐)


今日の狙いは久々の麻婆豆腐。
注文の際、必ず

「控えめの辛さにしますか?」  と聞かれます。

初めてのお客さんには強制的にこちらに誘導されます。
私は何度か経験があるので普通  をお願いしました。(通常の辛さでいうと激辛!!)

中にはこの上を行く辛さを注文する猛者がたまにいるそうです。
それはほぼ 女性 だそうです。





ラー油の照りと独特の豆腐のプニュプニュ感 、食欲をそそる色彩です。



心なしか、山椒 少な目、舌に響く辛さはあるものの唇を襲う電気ショックのような痺れ感は少なめになっています。

しかし、旨味の強い味と直球勝負のスパイス使いはさすがです。



同じ池袋にある3号店 にも入店したことがありますが

こちらは 一口目から怒涛の痺れが唇を急襲!!
味を楽しんでいるヒマは全くありませんでした。

完食したものの唇から胃にかけて大変なことになってしまいました。


2号店も決して気を緩めてはいけません、なるべく舌の上には乗せないで一気にのどに送り込みます。



スプーン ・・・なにやらやたらと食べやすく口に入っていきます。
最初は気づかなかったものの良く見ると何やら先がカーブしています。
手首をさほど曲げずとも口元に運ぶことができます。
こんな種類が出ていたのですね。







コメント   この記事についてブログを書く
« 東本願寺  鬼門除け | トップ | 池袋  楊3号店 超激辛 麻婆... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

激辛 超激辛料理」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事