DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

京都)シャガ群生地に今年も観光客

2019年05月30日 | 京都のニュース






福井県境に近い京都府綾部市老富(おいとみ)町の老富地区は、市が集落の再生を支援する「水源の里」の一つだ。地区の谷あいで今月中旬、真っ白なシャガの花が満開を迎えた。

 シャガはアヤメ科の多年草で、里山などでよく見られる。老富地区では約5ヘクタールに広がり、初夏の風に揺れるシャガと木漏れ日がつくりだす幻想的な光景が府内外の観光客を魅了する。8年ほど前、間伐をきっかけに森に陽光が入り、群生するようになった。

 地元の住民も長年、群生に気づかなかった。2015年4月、同市の写真家、鈴木隆さん(79)が撮影ポイントを探し歩いていたところ、一面に広がるシャガに遭遇した。「見たこともない美しい光景だった。興奮して必死で撮影した」

朝日新聞
 


コメント   この記事についてブログを書く
« 米台の国家安全保障担当高官... | トップ | ウーバー規制、6月から 運転... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

京都のニュース」カテゴリの最新記事