DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

福知山 観音寺であじさいが見頃

2019年06月18日 | 京都のニュース



あじさいの名所として知られる福知山市の寺で、境内のあじさいが見頃を迎え、訪れた人を楽しませています。

福知山市の観音寺は、およそ60年前に檀家の人たちが本尊に花を供えようと、あじさいの植栽を始め、今では毎年この時期におよそ100種類、1万株が咲き誇ることから「丹波のあじさい寺」と呼ばれています。

山門から本堂へと続く参道では、今、紫や青のあじさいが見事に色づき、参拝者を楽しませています。

訪れた人たちは、手まりのような丸くかわいらしい品種や、大ぶりで見栄えのする品種を、ゆっくり眺めたり写真をとったりしながら、思い思いに散策を楽しんでいました。

大阪・箕面市の70代の男性は、「きれいな色がいろいろある様子が、人生と同じように感じます。お寺にあじさいがよく似合い安らかな気分になります」と話していました。

観音寺の小籔実英住職は、「日頃の疲れを癒やし、元気に生きていく英気を養ってほしいです」と話していました。
観音寺のあじさいは、来月上旬まで楽しめます。

NHK

コメント   この記事についてブログを書く
« 母親殴り死亡させた疑い 男逮捕 | トップ | 「緑のポスト」知ってる? ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

京都のニュース」カテゴリの最新記事