DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

台湾を政治の切り札には「させない」=蔡英文総統

2019年06月15日 | 台湾ニュース

13日午後、総統府で談話を発表する蔡英文総統




(台北 14日 中央社)蔡英文総統は13日午後、総統府で談話を発表し、香港の大規模デモに言及した。蔡総統は、デモは台湾人に「一国二制度」が実施不可能であることを痛感させたとした上で、台湾を政治の切り札にすることは「蔡英文がいる限りさせない」と強調した。

香港では中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案に反対する人々が9日に大規模デモを実施。関連の抗議活動が続き、12日には一部のデモ隊と警察が衝突した。これを受け、台湾で学ぶ香港人留学生の代表9人が13日午前に総統府を訪れ、台湾に支援を求める陳情書を提出。陳菊秘書長(官房長官に相当)に要望を伝えた。

蔡総統は、香港警察が催涙ガスやゴム弾を市民に発射したことに驚かされ、見るに忍びなかったとして同情の気持ちを示した。その上で、香港の条例改正案には人権侵害の懸念があるとし、人々の訴えを真剣に受け止め、意思疎通を図ってほしいと香港政府に呼び掛けた。香港の人々に対しては、抗議活動の中で民主主義と言論の自由を維持できるよう、台湾は最大の力を尽くすと約束した。

コメント   この記事についてブログを書く
« ほんのりピンク、水源の森で... | トップ |  台湾、東京五輪出場男女各3... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

台湾ニュース」カテゴリの最新記事