DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

涼しげ、水無月作りピーク 夏越の祓に合わせ/京都

2016年06月30日 | 京都のニュース

作業に追われる和菓子職人


「夏越(なごし)の祓(はらい)」が多くの神社で営まれる30日に合わせて、京都市の各和菓子店ではつややかで涼しげな水無月(みなづき)作りがピークを迎えている。職人たちが、蒸したり、切って形を整えたりする作業に追われている。

 京都では、水無月を6月のみそかに食べる習慣が残る。諸説あるが、旧暦の6月1日の「氷の節句」に宮中で食された氷に見立てた形で、上面の小豆は疫病の悪霊をはらうとされる。

 上京区の鳴海餅本店では、職人が手際よくういろうの生地を30センチ四方の枠に流し込み、途中に小豆を敷き詰めて蒸し上げていた。三角形に切れるようにピアノ線を張った枠を上から慎重に押すと、36個が一気に完成した。

 同店では、30日には平常の15倍以上の8千個売れるという。同店社長の鳴海力之輔さん(50)は「作り手もお客さんと一緒に季節の節目を実感できる」と話していた。


『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 二条城の四季、将軍の目線で... | トップ | 漢字の奥深さに触れる 祇園... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

京都のニュース」カテゴリの最新記事