DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

墓地で穴にはまった逆立ち状態の変死体見つかる(台湾)

2019年06月24日 | 台湾ニュース
 
頭から穴にはまった変死体が発見される




台湾・彰化県和美鎮にある公営墓地で、頭から穴にはまり逆立ち状態で亡くなっている男性が発見された。穴は土葬された棺桶の真上に位置しており、墓荒らしをしようとした男性が何らかの理由で穴にはまってしまった可能性が高いとみて、警察では詳しい死因を調べている。『自由時報』『聯合新聞網』などが伝えた。

変死体が見つかったのは今月15日。墓参りに来た人が、上半身が穴にはまり地上に足だけが出た状態の男性を発見した。警察の調べによれば、遺体の状態から見て少なくとも死後5日が経過しているという。付近には金槌やのこぎりなどの工具が入った鞄やシャベルが置かれたままになっており、この男性は墓荒らしをしようとしていたのではないかとみられている。また目立った外傷がなかったことから、他殺の可能性は低いもようだ。

約70センチ×約50センチ、深さ約90センチの穴に身長約170センチの男性が何故はまってしまったのかは不明だが、ある民俗学者は「土葬で長い間空気を遮断されていた穴を開けたので、死体から発せられたガスを吸ってめまいを起こした可能性がある」と述べている。さらに、ある法医学者は「薬か心臓病の影響で意識を失ったか、誤って穴に落ちた際に棺桶に頭をぶつけて気を失ったのではないか」と語った。

男性の身元について警察では身に着けていた物などを公表し情報を集めていたが、その後の調べで土葬された遺骨を掘り起こす改葬業者の男性(62歳)である可能性が高いことが分かった。現在はその特定を急いでいるもよう。なお、この墓の親族は男性と面識がないと話している。

Techinsight
 

コメント   この記事についてブログを書く
« 京都競馬場23年春全面リニュ... | トップ | 日本進出の誠品、日台文化交... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

台湾ニュース」カテゴリの最新記事