DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

大根ほくほく湯気ふわり 京都・千本釈迦堂で「大根だき」

2019年12月07日 | 京都のニュース

湯気が上がる大鍋で炊き上げられる大根(7日上京区・千本釈迦堂)



京都市上京区の千本釈迦堂で7日、無病息災を祈る師走の風物詩「大根だき」が行われた。冷え込みの厳しい冬空の下、湯気を上げる大鍋から取り出されたほくほくの大根や油揚げを参拝者がほおばった。

 大根だきは鎌倉後期に慈禅[じぜん]上人が始めた。釈迦[しゃか]が悟りを開いた「成道会[じょうどうえ]」に合わせ、断面に梵字[ぼんじ]を書いた大根を参拝者にふるまったのが起源とされる。

 国宝の本堂前には直径約1メートルの大鍋が置かれ、僧侶が祈願した大根が煮込まれた。境内には甘い香りが立ちこめ、子どもからお年寄りまで大勢でにぎわった。

 富山県砺波市から訪れた男性(82)は「大病をしてから約10年、毎年来ている。おいしい大根を食べて、来年も元気に過ごせそうです」と顔をほころばせた。8日も行われる。有料。

京都新聞

コメント

平日夕方に「ワンコインラーメン」いかが 京都駅ビルの「拉麺小路」

2019年12月07日 | 京都駅ビル






 JR京都駅ビル(京都市下京区)10階にある「京都拉麺小路」は、平日午後3~5時に、軽食感覚で手軽に楽しめる500円の「ワンコインラーメン」を販売している。

 9店舗が工夫を凝らし、ミニラーメンやトッピング、サイドメニューを加えたセットを提供する。来年1月31日まで(12月28日~1月5日は除く)。

京都新聞

コメント

10枚つづりの商品券が9枚や11枚も…誤り販売、滋賀・湖南市 

2019年12月07日 | 滋賀県

湖南市役所




滋賀県湖南市は6日、販売中のプレミアム付商品券で発券不備があったと発表した。販売額は4千円で、本来は500円券10枚つづりだが、同9枚つづりと11枚つづりが少なくとも10冊以上見つかり、一部は販売されていた。

 市によると、印刷業者の冊子作成ミスが原因で、5日朝に購入者からの連絡で不備が判明した。6日夕時点で販売された9枚つづりは2冊あり、購入者に謝罪して交換した。各郵便局で保管中の商品券も点検し、9枚つづり4冊と11枚つづり5冊を回収した。
 10月1日以降、市内で約1万1千冊を販売しているが、全体でどれだけ過不足の商品券があったのかは不明という。市商工観光労政課は「購入者や関係者に多大なるご迷惑をおかけし、深くおわび申し上げます」と謝罪している。
 市はホームページなどで注意喚起し、販売時の確認徹底も要請した。未使用で過不足の商品券は交換するが、1枚でも使用した場合は交換できない、としている。

京都新聞

コメント

京都河原町駅2分、「グッド ネイチャー ホテル キョウト」が開業

2019年12月07日 | 京都のニュース








ビオスタイルは2019年12月9日(月)、阪急電鉄の河原町駅より徒歩2分の立地に新ホテル「GOOD NATURE HOTEL KYOTO(グッド ネイチャー ホテル キョウト)」をオープンします。

「GOOD NATURE HOTEL KYOTO 」は、河原町駅より徒歩2分の京都市下京区河原町通四条下ル2丁目に位置しており、京阪電車の祇園四条駅からも徒歩5分でアクセスできます。ホテルは全141室で、チェックインは15時から、チェックアウトは11時までの受付です。

同日に開業する「GOOD NATURE STATION(グッドネイチャーステーション)」内の4階から9階に所在しており、同館内には1階に食のよろこび溢れた「市場食堂」、2階には四季を五感で味わう特別な食体験が可能な「プレミアムガストロノミーフロア」、3階には心と体に活力をチャージする「リジュビネーション・スポット」が設けられています。

グランドオープンを記念して、2020年3月31日(火)まで食事なしと朝食付きの開業記念プランが提供されています。

コメント

 国産600トン級巡視船、就役間近 蔡総統が「安平」と命名

2019年12月07日 | 台湾ニュース
 



蔡英文総統



(高雄中央社)台湾が自主建造した600トン級巡視船の命名式が6日、南部・高雄市で行われ、式典に出席した蔡英文総統によって「安平」と名付けられた。進水式は来月になる見通し。完成後は海洋委員会海巡署(海上保安庁に相当)の南部地区機動海巡隊に配備される。平時は南方海域の水産資源保護や領海警備などの任務に就き、有事には戦力として活用することが可能という。

同署艦隊分署によると、600トン級巡視船は海軍のコルベット「沱江」をベースに同署向けの改良が施されており、海軍の通信、武器システムを一部搭載できるように設計されている。計12隻建造され、2027年までに順次引き渡される予定。

命名式が行われた中信造船高鼎工場では同日、35トン級巡視艇2隻と多機能艇の進水式も行われた。いずれも高速で小回りが利くメリットがあり、近海における不審船の駆逐や海難救助などに適している。このうち多機能艇は離島の金門や馬祖の海巡隊に優先的に配備され、越境してくる中国船の取り締まりなどに当たる予定。

蔡総統は、政府は昨年、426億台湾元(約1520億円)の予算を編成し、10年内に141隻の船艇を国産するプロジェクトを始動させたと述べ、安全性と効率の向上に自信を示した。

コメント

海外駐在員が住みやすい都市、台北が世界1位 2年連続

2019年12月07日 | 台湾ニュース
 


(ベルリン中央社)海外駐在員のためのコミュニティーサイト「インターネーションズ」が3日に発表した、外国人が住みやすい都市の最新ランキングで、台北市が昨年に続き総合1位となった。

同ランキングは、2万人超の会員が提供する最新情報に基づき、82都市における生活の質や就業、暮らしへの順応など5項目について評価したもの。2位はクアラルンプール、3位はホーチミン。東京は26位だった。

項目別で台北が高い評価を受けたのは生活の質(3位)、財務・住宅(4位)、生活コスト(4位)。一方で、暮らしへの順応(18位)と就業(20位)は若干評価が低めだった。中国語に不便を感じる人が多いことが指摘されている。

台北での生活で満足度が高かったのは交通(98%、世界平均70%)、医療品質(94%、同73%)、治安の良さ(96%、同81%)、生活コスト(71%、同43%)など。実例として、台北で働くインド人の「生活費が日本や韓国、香港と比べて相対的に安い。健康保険制度や治安の良さも魅力的」というコメントが紹介された。このほか、地元の人がやさしい(80%、同64%)、社交生活が楽しい(67%、同55%)などと感じる人の割合も多かった。

コメント

台湾第2位の山で初雪 うっすらと雪化粧

2019年12月07日 | 台湾ニュース
 
初雪が観測された369山荘



 
(苗栗中央社)北東の季節風と熱帯の対流活動の影響で、6日の台湾本島は各地で雨となり、気温が下がった。台湾で2番目に高い雪山(標高3886メートル)の標高3000メートル以上にある山小屋「369山荘」では同日午前、初雪が観測された。辺り一面はうっすらと雪が積もった。

雪山を管理する雪覇国家公園管理処によると、午前9時過ぎに山岳協力員から「雪が降り始めた」と連絡があったという。

6日日中の各地の予想最高気温は台北市16度、台中市16度、高雄市19度、宜蘭県17度など。大陸から寒気団が流れ込む影響で、6日夜から北部や中部、北東部では冷え込みが強まる見込み。寒気団や放射冷却の影響は9日朝まで続き、北部や中部では気温が10~13度まで下がると予想されている。

コメント

女子大生にセクハラの韓国籍男、海外逃亡 指名手配へ

2019年12月07日 | 台湾ニュース
 
(台北中央社)国立大学の女子学生にセクハラをしたとして有罪判決を受け、台湾高等法院(高裁)で係争中の韓国籍の男が海外逃亡していたことが分かった。男は指名手配される見通し。同院が5日、明らかにした。

被告は政治大学(台北市)韓国語学科の元教員。2017年3月から5月にかけて、職務上の地位を利用して複数の女子大生の太ももや臀部などを触った容疑で、同年10月にセクシャルハラスメント防止法違反で起訴された。昨年末の一審判決では、懲役1年2カ月、または罰金42万台湾元(約150万円)を言い渡された。事件発覚後に大学から懲戒解雇されている。

高裁の説明では、一審では被告の出国を今年4月7日まで制限していたが、二審は、2年以下の軽罪であるなどの理由から、その期限を延期していなかった。被告は5月には出廷したが、10月の呼び出しには応じなかったという。その後の調査を経て、男がすでに台湾を離れていたことが確認された。

同事件をめぐっては、2人の被害者が男に各100万元(約360万円)の損害賠償を求める民事訴訟も起こしており、台北地方法院(地裁)が今月4日、被告に計80万元(約290万円)の支払いを命じていた。

コメント

小児保健医療センターなど一体整備/滋賀県

2019年12月07日 | 滋賀県
 
(2019-12-05 建設通信新聞)






【21年10月本体着工】
 滋賀県は、小児保健医療センターと療育部、守山養護学校の一体整備について、基本設計方針をまとめた。解体費を含む概算事業費は126億6000万円で、小児保健医療センターは4階建て100床。療育部は同センターの1階部分に入居する。養護学校は平屋建てとする。2021年10月から本体工事に着手し、23年8月の竣工、24年1月の供用開始を目指している。設計業務は内藤建築事務所が担当している。

 概算事業費の内訳は、設計・監理が小児保健医療センター3億円、療育部5000万円、養護学校4000万円、建設工事費が小児保健医療センター73億円、療育部11億8000万円、養護学校8億2000万円、医療機器などの備品が小児保健医療センター8億円。既存施設解体が総合病院20億円、療育部1億1000万円、養護学校6000万円。

 小児保健医療センターでは、小児歯科口腔外科を新設するとともに小児内分泌・代謝科、小児泌尿器科、小児形成外科、臨床遺伝科を常設化。1床当たりの面積を拡大し、患者受け入れ能力を高めるほか、HCU(高度治療室)を8床設け、重症患者への対応を強化する。

 療育部は病院施設と一体化することにより、通園者の急変時に即座に対応できる環境を整える。養護学校は別棟とし、センター施設と渡り廊下で接続する。

 事業では、増加する重症児への量的・質的対応や小児から成人まで連続した切れ目のない医療が提供できる機能を整備するため、小児保健医療センターと療育部(児童発達支援センター)、県立守山養護学校の3施設を県立総合病院の敷地内に移転し、建て替える。

 基本計画時点の想定規模は、小児保健医療センターが延べ1万3000㎡、同療育部が2900㎡、守山養護学校が2000㎡。建設地は守山市守山。

コメント

茶筒入り京都土産の自販機 伏見稲荷近くに登場

2019年12月07日 | 京都のニュース


 









京都市伏見区の伏見稲荷大社近くに、一風変わった自動販売機がお目見えした。多彩な柄をあしらった茶筒の中に、日本や京都にちなんだ品物が入っており、通りかかった観光客の目を引いている。

 コンサルティング会社「シェアリングマネジメントサービス」(伏見区)が、飲料自販機が全国的に飽和状態に達していると感じ、お土産物の販売に自販機を用いることを考案。外国人観光客に狙いを定め、話題性のある自販機を設置した。

 縦12センチ、直径6センチの茶筒には、歌舞伎役者のくまどりやこけし人形の柄をあしらった。中には、喜多川歌麿の浮世絵や京都の町並みが描かれた手ぬぐいと、すしや和菓子などをかたどったストラップまたは消しゴムの計2点が入っている。

 伏見稲荷大社と東福寺(東山区)を結ぶ本町通沿いに設置され、通行人が物珍しげに眺め、写真に収めていた。同社によると、1日に3~4個売れており、今後は茶筒に入れる商品の幅を広げていきたいという。1缶千円。

コメント