DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

在カナダ華僑ら、台湾のICAO参加求めて抗議活動 外国人も声援

2019年09月25日 | 台湾ニュース

国際民間航空機関(ICAO)の本部前に集まる在カナダ台湾人ら



(モントリオール 25日 中央社)国際民間航空機関(ICAO)総会が24日、カナダ・モントリオールで開幕した。これに合わせ、台湾のICAO参加を求めるカナダ在住の華僑や留学生ら100人余りが同日、ICAO本部前に集まり、ICAOが台湾を排除している現況に抗議した。

参加者は朝早くから看板や国旗を手に集合し、「ICAO、Taiwan can help」(台湾がお手伝いできます)と声を上げた。カナダ留学中の台湾人大学院生、馮培寧さんは、台湾は毎年多くの旅客をアジアや世界各地に運んでおり、民間航空分野に貢献できると力説。この抗議活動を通じて協力を望む台湾の心境を総会参加者に届けたいと意気込んだ。

会場には中華民国(台湾)と外交関係を結ぶグアテマラの民間航空局長が応援に駆け付けたほか、台湾に縁のある外国人の姿も見られた。台湾で9年間暮らしたというカナダ在住のスロベニア人、Iva Vrzicさんは、台湾がICAOだけでなく、全ての分野において世界から認められることを心から願うと話し、「台湾がんばれ、台湾大好き」とエールを送った。

結婚相手の台湾人女性と夫婦で参加したフランソワ・ラポルテさんは、台湾には民主主義を維持し続けてほしいと語り、台湾支持を呼び掛けた。

ICAO総会は3年に1度開催。台湾は1971年の国連脱退以降ICAOから排除されてきたが、対中融和路線をとった馬英九前政権下の2013年にICAO総会へのゲスト参加を果たした。だが、16年に独立志向とされる蔡英文政権が発足すると中国は圧力を強化。台湾は同年の総会に招かれず、今年も招請状は届かなかった。

コメント

大学チームに二刀流 初回本塁打、七回にプロ最速超え158キロ

2019年09月25日 | 台湾ニュース

文化大の劉致栄



(台北 25日 中央社)大学野球の選手権「梅花旗」は24日、文化大対呉鳳科技大戦が中部・台中で行われ、文化大の投打二刀流、劉致栄が初回、先制2点本塁打を放った。七回から投手として登板すると、台湾人投手のプロ最速157キロを超える98マイル(約158キロ)をたたき出した。

日本ハムの「王柏融(ワン・ボーロン)が文化大にいた頃より特別な存在だ」と監督に言わしめるほどの劉。99年生まれの3年生。この日は4番・指名打者で先発出場し、初回の本塁打以外にも七回表に三塁打を打つなど2安打2打点の活躍を見せた。七回裏に登板すると、3奪三振と好リリーフ。文化大は15-1の七回コールドで呉鳳科技大を退けた。

台湾プロ野球史上最速は2013年、当時の義大のフアン・モリーヨがマークした160キロ。モリーヨはドミニカ共和国出身の右腕で、日本プロ野球の楽天でもプレー経験がある。

コメント

国慶節の花火、1500発試験打ち上げ 期待感あおる/台湾・屏東

2019年09月25日 | 台湾ニュース

24日夜試験打ち上げが行われた花火



(屏東 25日 中央社)来月10日の双十国慶節(中華民国の建国記念日)に花火大会が実施されるのを前に、会場となる南部・屏東県の河浜公園で24日夜、試験打ち上げが行われた。5分間に約1500発が打ち上げられ、夜空を華やかに染めた。音楽は流れなかったが、その美しさで、本番への期待をあおった。

潘孟安県長によれば、本番では42分間にわたり1万6000発以上を打ち上げる。花火が開く大きさは最大で高さ200メートル、幅400メートルとなるという。当日は花火に合わせ、今回のために作られた楽曲を国立台湾交響楽団が生演奏する。

同県で国慶節の花火大会が実施されるのは、2007年以来12年ぶり。

コメント

タイワンヤマネコ赤ちゃん2匹、側溝に転落 市民に保護される

2019年09月25日 | 台湾ニュース

保護されたタイワンヤマネコ(石虎)の子猫2匹



(苗栗 25日 中央社)台湾で絶滅危惧種に指定されているタイワンヤマネコ(石虎)の子猫2匹が23日、北部・苗栗県郊外の山中で保護された。側溝に転落し、野良犬にほえられているところを車で通りかかった男性が見つけ、行政機関に連絡した。

同県政府農業処自然生態保育科の張葦科長によれば、2匹とも生後約3~4週間とみられる。健康状態は良好で、専門機関に送られた。今後は野生復帰のための訓練を受ける。

タイワンヤマネコだと分かったのは「苗栗出身だから」と胸を張った男性。最初は普通のネコだと思ったが、耳の形からタイワンヤマネコだと判断したという。

苗栗はタイワンヤマネコの主要な生息地。だが、県内では今年に入ってすでに19匹が交通事故で死亡した。

張科長によれば、母猫はまだ見つかっていない。近くに生息しているとみられる母猫を守るため、子猫たちが保護された山道のカーブには三角コーンを複数設置。通行車両のドライバーに速度を抑えるよう注意喚起している。

コメント

新版YouBike、台北市で来年1月から試験導入へ

2019年09月25日 | 台湾ニュース

今年5月に発表され新版「YouBike」のデザイン



(台北 25日 中央社)自転車シェアリングサービス「YouBike」の次世代版が来年1月から台北市で試験導入される見通しであることが24日分かった。陳学台市交通局長が市議会で明らかにした。

市交通局が今年5月に市議会で行った報告によると、次世代版のシステムは太陽光発電を採用し、自転車を停めるドックを軽量化。これにより、サイクルポート(自転車置き場)が省スペース化され、設置場所の制限が緩和される。民家の脇の曲がり角などに設置することで利便性向上が期待できる。モバイル決済にも新たに対応する。操作パネルは車両に設置され、車体の配色も刷新される。

陳局長によれば、次世代版は利用量が多い台北メトロ(MRT)公館駅そばで、まず3カ月間試験導入される予定。新旧システムには互換性がないため、駐輪する場合はドックの違いに注意する必要がある。

次世代版が導入されれば、サイクルポートの数は現在の400カ所から将来的には2000カ所に増加可能。車両数は約1万3000台を維持するという。

コメント

誠品、日本1号店を公開 日台の文化を融合 27日開業 日本橋

2019年09月25日 | 台湾ニュース

「誠品生活日本橋」店内の一角




 (東京 25日 中央社)誠品生活が日本に初出店する「誠品生活日本橋」の店内が24日、報道陣や関係者に公開された。日本と台湾双方の文化の特色をデザインに取り入れ、個性を出している。

日本橋店は商業施設「COREDO室町テラス」の2階で27日に開業する。書籍(誠品書店)、文具、物販・ワークショップ、レストラン・食品の4つのゾーンからなる店内は、台湾を代表する建築家クリス・ヤオ(姚仁喜)氏が「古今交差、新旧融合」をコンセプトに設計。通りに面した空間には長さ約30メートルの「文学長廊」を配置し、誠品の核となる読書精神を示した。4つの角に設置された9マス照明には、台湾の書家、董陽孜氏が松尾芭蕉の俳句を基に揮毫した漢字があしらわれている。

日本橋店の潘幸児・運営ディレクターは、誠品らしさを保つ一方で、どのようにしたら特色が打ち出せるかに最も工夫をこらしたと語る。台湾の誠品を訪れたことがある人には「誠品だけど、どこか違う」と思わせ、来たことがない人には「誠品はリラックスできるところ」だと思ってもらえるように店舗設計を考えたという。

日台の新進気鋭のブランドを紹介する「誠品生活expo」では、「柑仔店」と呼ばれる台湾の伝統的なよろずやの雰囲気が醸し出された。日本橋店には日台の100近いブランドが集結。そのうち50余りを台湾のブランドが占める。

COREDO室町テラスを手掛ける三井不動産の牛河孝之・商業施設本部アーバン事業部長は「誠品には世代を超えたファンがおり、強い力でブームをつくっている」と語り、誠品への期待を示した。

誠品生活が中華圏以外の地域に進出するのは初めて。日本橋店の運営は、誠品生活と三井不動産が設立した合弁会社からライセンスを付与された書店チェーンの有隣堂が担当する。

コメント

米、台湾の駐NY処長を国連本部での集会に招待 トランプ氏も出席

2019年09月25日 | 台湾ニュース

駐ニューヨーク台北経済文化弁事処(総領事館に相当)の徐儷文処長



(台北 25日 中央社)駐ニューヨーク台北経済文化弁事処(総領事館に相当)の徐儷文処長が米国からの招待を受け、国連本部で23日に開かれた集会に参加した。外交部(外務省)が24日に発表した。ソロモン諸島、キリバスとの断交が相次いだ中華民国(台湾)に対する米国の支持を表明する意図があるとみられる。

同部の報道資料によると、集会は信教の自由を呼び掛ける趣旨のもので、ペンス副大統領が冒頭であいさつしたほか、トランプ大統領が演説を行った。

同部によれば、信教の自由に積極的に取り組む台湾の姿勢は世界の民主主義国家から評価されている。実例として、台湾が米国務省主催の「宗教の自由を促進するための閣僚会議」に2年連続で招待されていることや、台湾で今年3月に開かれた信教の自由に関する国際フォーラムに同省のサム・ブラウンバック大使(信教の自由担当)が出席したことなどが挙げられた。

一方、外交部の欧江安報道官は24日の定例記者会見で、新しく米大統領補佐官(国家安全保障担当)に就任したロバート・オブライエン氏と、大統領副補佐官への起用が決まった米国家安全保障会議(NSC)のマット・ポッティンジャー氏について言及。2人とも台湾に友好的な立場だと説明した上で、台米間の対話はスムーズで、政治や経済、安全分野における協力も深化していると述べ、NSCなどとの協力を通じた実質的なパートナーシップ強化に期待を示した。

コメント

総統府に泊まれるイベント、当選者決まる 日本人ブロガーも

2019年09月25日 | 台湾ニュース

総統府に1泊招待するイベントの当選者を発表する
総統府の張惇涵報道官(右から2人目)



(台北 24日 中央社)総統府は24日、外国人を総統府に1泊招待するイベントの第1期当選者10組を発表した。当選者の国籍は11カ国に及び、日本からは台湾在住のブロガー、石井三紀子さんが選ばれた。

海外への台湾観光PRを目的に実施する同イベント。当選者はSNS(交流サイト)での影響力やアイデア力、拡散力などを指標とした審査によって選ばれた。世界33カ国から167組の応募があったという。

日本人ブロガーの石井さんはブログで、台湾の観光やグルメに関する情報を中心に紹介。月間アクセス数は30万件を誇る。フリーライターとしても活躍し、ガイドブックの取材や記事執筆などを手掛けている。

総統府によると、当選者は来月8日から毎週1組ずつ宿泊するという。宿泊場所は総統府庁舎の北側に位置する別棟「力行楼」の職員控室。部屋の広さは約14坪あり、専門のスタッフが宿泊者に対応する。

当選者の国籍は日本のほか、イスラエル、ハンガリー、ドイツ、タイ、フランス、ポーランド、カナダ、韓国、インド、米国。中国や香港、マカオからは計27組の応募があったが、選ばれなかった。特別な考慮があったのか質問が飛ぶと、総統府の張惇涵報道官は選考基準を説明し、審査の結果、今回の10組を選んだと述べた。

コメント

「スカーレット」舞台の信楽、小型EVで観光して 無償貸し出し

2019年09月25日 | 京都のニュース



信楽高原鉄道(滋賀県甲賀市)はこのほど、信楽地域で超小型の電気自動車(EV)を走らせる実証実験を始めた。信楽駅で乗降客を対象に無償で貸し出し、観光や買い物などに活用してもらう。低炭素社会実現に向けた環境に配慮した移動手段の研究が目的で、公道で広域的に走行する実験は滋賀県内で初めてという。

 実験に使うのはトヨタ車体の1人乗り超小型EV「コムス」。同社から借り受けた2台で始める。来年3月まで実施を予定し、将来の有償での本格導入も視野に利用データを蓄積し、鉄道客の2次交通としての可能性や利用の在り方を検証する。

 貸し出しは先着順で予約不可。利用時間は午前10時~午後3時半。普通自動車免許の所持が必要。コムスは全長約2・4メートル、幅約1・1メートルで最高速度は時速60キロ。家庭用電源で充電でき、十分に充電した状態で約50キロ走行できる。軽乗用車より小回りが利くのが特長だ。

 信楽地域での走行が厳守で、アンケート(記入必須)では利用目的や利用時間、行き先や観光地の満足度のほか、有料貸し出しする際の1時間当たりの妥当な料金を尋ねる設問がある。

 同鉄道総務課は「持続可能な環境保護と観光振興の両立を目指して実証実験を重ね、今後の導入の是非も検討したい」と話している。

京都新聞

コメント

びわ湖疏水船3隻目は紅梅の彩り 「令和」ちなみ、新造お披露目

2019年09月25日 | 京都のニュース

出席者を乗せ、大津に向かうれいわ号(京都市山科区・山科乗下船場)




京都市と大津市をつなぐ「びわ湖疏水船」の3隻目となる船が新たに造られ、お披露目のセレモニーが23日、京都市山科区の山科乗下船場であった。新元号をイメージした船の出航を関係者が祝福した。

 新しい船は全長7・5メートルで乗客定員は12人。「れいわ号」と名付けられ、デザインも屋根を紅梅をイメージした赤にするなど、新元号の出典である万葉集の歌にちなんでいる。

 セレモニーには運航関係者やジュニア観光大使らが出席。門川大作京都市長が「大人気の疏水船を多くの人に楽しんでもらいたい」、越直美大津市長が「疏水の魅力を知ってもらいたい」とあいさつした後、大津市に向かうれいわ号に乗り込んで出航を祝った。

 疏水船は昨年、67年ぶりに復活。観光シーズンに2隻を運航してきたが、予約が多いことから3隻目が造船された。

京都新聞

コメント

別の女子高生の胸、路上でつかんだ疑い 中学教諭を再逮捕

2019年09月25日 | 京都のニュース




京都府警綾部署は24日、強制わいせつの疑いで、福知山市立南陵中教諭の工藤直幸容疑者(30)=別の強制わいせつ罪で起訴=を再逮捕した。

 再逮捕容疑は1日午後7時50分ごろ、福知山市内の路上で、歩いていた女子高校生(17)の左胸を背後からつかんだ疑い。教諭は容疑を認めている。

 教諭は綾部市内で6月に女子高校生の胸をつかんだとして9月3日に逮捕され、20日に起訴された。

京都新聞

コメント

高齢者の踏み間違い事故防止へ、市が安全装置の費用助成

2019年09月25日 | 京都のニュース

アクセルとブレーキの踏み間違い事故を防ごうと、京都府京丹後市は10月から、75歳以上の高齢者が急発進を抑制する安全装置を取り付ける費用の一部を助成する。都市部と比べて公共交通が不十分で、免許の返納に踏み切れない高齢者のために安全対策に乗り出す。

 同市で運転免許を持つ75歳以上の高齢者は4295人(7月末時点)で全体の11・4%を占め、府内の6・6%よりも高い。市は鉄道やバスの定期券などが付与される免許の返納事業を実施し、今年も8月末で前年同期比19人増の73人が返納した。

 一方、市域が広く農作業や生活維持のために返納をためらう高齢者も多い。市内のカー用品店によると、事故が全国的に報道された今春以降問い合わせが急増し、昨年はなかった取り付けが今年は既に10台ほどという。そうした需要を受け、市は返納事業と並行して安全装置の取り付け費用の助成制度を設けた。府内では井手町に続いて2例目という。

 対象は来年9月末で75歳以上の市民。今年10月から同時期までに市内の事業者で装置を購入し取り付けた人に3万円(半額まで)を補助する。受け付けは支払い半年以内で、2021年度末まで。本年度は30件分を計上した。

 市は「高齢者の移動手段の確保と生活意欲の維持を図りながら、より安全に運転を続けられるよう支援したい」としている。市民課0772(69)0210。

京都新聞

コメント

「ひえい」ローレル賞受賞祝い、記念きっぷ限定発売 叡山電鉄

2019年09月25日 | 京都の鉄道

観光列車「ひえい」





記念きっぷ



叡山電鉄(京都市左京区)は、観光列車「ひえい」が優れた性能やデザインの鉄道車両に贈られる今年の「ローレル賞」を受賞したのを祝い、記念きっぷを10月5日に発売する。

 八瀬比叡山口駅とひえいのイラストを組み合わせた乗車券と入場券のセット。1組750円で1000セット限定。

 10月5日午前11時半~午後0時半に同駅で発売会を開き、その後は出町柳駅で通常販売する。

京都新聞

コメント

「捨てられるオス」活用 伝統のふなずし、チーズでまろやか味に

2019年09月25日 | 滋賀県

オスの腹にチーズを詰めて発酵させたふなずし




滋賀県近江八幡市の「奥村佃煮」はこのほど、ニゴロブナのオスの腹にチーズを詰めて発酵させたふなずしの発表会を、東京・日本橋にある県の情報発信拠点「ここ滋賀」で開いた。26日から県内で販売を始める。

 ふなずしの材料となるニゴロブナは腹に卵があるメスが圧倒的に好まれ、オスは捨てられることもある。ニゴロブナ自体の漁獲量が低迷する中、オスをもっと活用しようと開発に乗り出し、3年前から試行錯誤してきた。

 開発した商品は、ニゴロブナを炊いた白米に漬ける「飯漬け」にする際、オスの腹に白米ではなくチーズを詰めて1年間熟成させた。ふなずしにチーズのこくが加わり、まろやかな味に仕上がったという。

 開発を担当した奥村吉男専務(38)は「ふなずしの初心者にも食べやすいと思う。伝統のふなずしの文化を新しい形で継承していければ」と話している。販売は同市にある自社店舗「遠久邑(おくむら)」で、100グラム3240円。

京都新聞

コメント

国内最大級「大涅槃図」を全面解体修理 京都・東福寺で法要

2019年09月25日 | 京都のニュース

修理が行われる東福寺所蔵の大涅槃図




 東福寺(京都市東山区、臨済宗東福寺派大本山)所蔵の大涅槃(ねはん)図(縦11・3メートル、横6・2メートル)の全面解体修理が始まるのを前に、同寺の法堂で25日、作業の無事完了を願う法要が営まれた。修理後の初披露は2023年3月の涅槃会に予定されている。

 室町時代の絵師明兆の作で重さ約124キロ。中世の涅槃図としては国内最大級の大きさを誇る。湿気などの影響で絵の具の剥落が深刻な状態となり、表具の部分が断絶する恐れが高いことから22年度までに1億1千万円をかけて実施する。

 午前9時、同派の原田融道管長が導師を務めた法要の後、美術品を専門に扱う運送業者が須弥壇(しゅみだん)から丁寧に下ろし、破損状況などを点検した。同日中にも同区の京都国立博物館保存修理所に運び込まれる。原田管長は「表具部分が裂けて掲げられなくなるなど傷みが激しく、一山全員の総意で修復を決断した。4年後の涅槃会で再び掲げられる日を待ちたい」と話した。

京都新聞

コメント