DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

桃園の龍踊チーム、成田伝統芸能まつりに出演 台湾の寺廟文化を紹介

2019年09月16日 | 台湾ニュース
 
成田伝統芸能まつりに出演した桃園市大渓の龍踊チーム「三層新勝社飛龍団



(桃園 16日 中央社)北部・桃園市大渓の龍踊(じゃおどり)チーム「三層新勝社飛龍団」が、14、15日に千葉県成田市で開かれた「第6回成田伝統芸能まつり」に出演した。開会式でトップバッターを務めたほか、パレードでは躍動感あふれるパフォーマンスで観客を魅了し、台湾の寺廟文化を日本の人々にPRした。

成田市と桃園市は2016年に友好都市協定を結んでおり、桃園市が同まつりに招待されるのは3年連続。

訪日団の団長を務めた桃園市政府秘書処の顔子傑処長によれば、龍踊は台湾の祭りや重要な祝賀式典で「風調雨順、国泰民安」(何事もうまくいき、国が平和で人々が幸せであること)を願って披露される踊り。同まつりには飛龍団から25人が参加し、日本でのパフォーマンスのために新たに振り付け、練習を行ったという。

顔処長は滞在中、小泉一成成田市長に鄭文燦桃園市長の直筆の手紙を渡し、台風15号による被害にお見舞いを表明した。また、千葉県庁にも足を運び、鄭市長に代わって台風被害への関心を伝えた。
 

コメント

花蓮県の訪日団、盛岡秋祭りに参加 地元民の歓迎に「深く感動」

2019年09月16日 | 台湾ニュース
 
 
台湾からの訪日団を歓迎する地元の人々



(台北 15日 中央社)東部・花蓮県政府の訪日団が14日、岩手県盛岡市で開催中の盛岡秋祭りに参加した。日本の伝統衣装を身にまとった一行は、谷藤裕明盛岡市長による案内のもと、初日の八幡下りを体験し、行列の先頭を歩いた。谷藤市長が一行を紹介すると、沿道の地元民は青天白日旗と日本の国旗を振って歓迎し、訪問団のメンバーは「深く感動し光栄に思えた」と感激を示した。

花蓮県は11月下旬に、温泉とフロート車をテーマにしたカーニバルを開催する予定で、盛岡の山車も運行される。訪問団は盛岡の文化を体験し、これらの要素をカーニバルに取り入れる方針。鳥居をイメージした入口など、SNS映えするスポットを設置するなどして、花蓮の観光振興につなげたいとしている。

訪日団は15日に行われる山車大絵巻パレードにも参加している。
 

コメント

「台湾にある日本の神社を破壊」中国人が予告 移民署「入境していない」

2019年09月16日 | 台湾ニュース
 
南部・屏東県牡丹郷にある高士神社



(台北 15日 中央社)内政部移民署は14日、南部・屏東県牡丹郷の高士神社を破壊すると動画で予告していた中国人の男について、台湾に入境していないと発表した。

男は動画で、自身は2011年12月末に靖国神社に放火し、12年1月には在韓日本大使館に火炎瓶を投げ込んだ者だと述べ、次の計画は今月3日に高士神社を破壊することだと予告していた。男は同神社について、中国の領土で唯一、日本人が建てた神社だとし、破壊することで「台湾は中国のものであることを示す」などとの考えを示していた。動画はツイッターで拡散された。

同署は、この男の訪台申請や入境記録はないと説明。男に日本や韓国での犯罪歴があるなら、規則にのっとり、訪台許可を与えないことができるとした。

同神社は日本統治時代の1939(昭和14)年創建。戦後は台風などで荒廃が進んだが、2011年の東日本大震災の際に台湾から多大な支援が寄せられたことに感銘を受けた神職、佐藤健一さんらが15年に再建した。

同神社社務所の陳重源さんは、神社が破壊されれば、地元の先住民と他の民族の融合にとって計り知れない傷を与えることになると話し、今回の件が来年1月の選挙に影響を与えたり、政治的な操作の道具となったりすることに懸念を示した。

高士社区発展協会によれば、地元と警察はすでに情報を把握しており、警察が見回りを行うなどしている。14日午後5時までで、被害は特に確認されていないという。
 

コメント

游元行政院長、台湾と米国の国交締結を提案 トランプ政権下での実現に期待

2019年09月16日 | 台湾ニュース
  
游錫コン氏



(ワシントン 15日 中央社)游錫コン・元行政院長(首相)は14日、非営利団体「台湾人公共事務会」が米ワシントンで開いた晩餐会に出席した。開会前に取材に応じ、台湾が中国の脅威にさらされていることに言及した上で、米国からの支持は台湾の自己防衛に大いに役立つとし、米国との国交締結を推進するべきとの考えを示した。(コン=方方の下に土)

游氏は、台湾が国際連合に加盟できるか、そのカギは米国にあるとし、米国との国交樹立が実現すれば、国連への加盟は自然と可能になると説明。トランプ米大統領には、現状を打開する勇気があるとし、台湾と米国の国交締結の可能性はこれまでゼロだったが、今は可能性が徐々に上がっていると話した。南シナ海や東シナ海の情勢に変化があれば、その可能性はさらに高まるとし、実現には蔡英文総統とトランプ大統領の連携も必要だとの見方を示した。
 

コメント

韓流人気グループTWICEのツウィ、台湾へ帰省で地元は大騒ぎ!CLCエルキも同行

2019年09月16日 | 台湾ニュース



大東夜市




韓国の人気グループTWICEの台湾人メンバーであるツウィ(周子瑜)が、中秋節休暇で帰省した故郷・台南市のあちこちで姿を見せ、ファンをどよめかせている。

日韓台メンバーによる人気ガールズグループTWICEのツウィが今月12日、台湾・高雄の空港に姿を見せ、待ち構えたメディア記者に向けて中秋節の帰省であることを報告。13日には、台南市内の東区にあるツウィの母親が経営するカフェに姿を見せた。

正月や祝日には必ず帰省し、その際には母親のカフェに現れるのが恒例となっているため、店内で待ち構えていたファンは大喜び。さらに大きなサプライズもあり、ツウィと一緒にやって来たのは、同じく韓流グループCLCに所属する香港人メンバー、エルキ(荘錠欣/チョン・ディンヤン)だったことだ。仲の良いことがファンの間で知られているが、ツウィの帰省にくっついて台湾入りしたことが分かり、「一度で二度おいしい」とファンを喜ばせた。

また同日夜には、台南市内にある大東夜市にも姿を現している。ここへ友人2人と訪れたツウィだが、射撃ゲームなどに興じる無邪気な姿が写真に撮られてSNSで拡散され、「今すぐ行く」「駆け付ける!」などと反応を示す人々もいた。一方で、ファンからは「たまの休みを満喫させてあげて」「台湾人らしい休暇の過ごし方を邪魔するな」などとたしなめる声も上がっていた
 

コメント

北大路魯山人ゆかりの作品ずらり 09月14日~12月1日

2019年09月16日 | 滋賀県
 
甲賀市信楽町・陶芸の森陶芸館




京焼の名工に学んだ「色絵金彩雲錦鉢」(右)。金彩は器を華やかにするだけでなく、盛り付けた料理に立体感をもたらす効果を生んでいるという




北大路魯山人(1883~1959年)の没後60年を記念する特別展「北大路魯山人 古典復興―現代陶芸をひらく」(京都新聞など主催)が14日、滋賀県甲賀市信楽町の滋賀県立陶芸の森陶芸館で始まった。魯山人や昭和陶芸の巨匠、古代―近世の名品約150点が展示され、来館者が見入っている。

 京都に生まれ、若くして書や篆刻(てんこく)の分野で活躍した魯山人は美食家でも知られた。40歳を前に「料理の着物」として陶芸に取り組み、焼き物の美をすくい上げ、同時代の陶芸家を触発し続けた。

 会場には、新たな器の形として世に出した板皿の代表作「織部間道文俎(まないた)鉢」や、紅葉と桜の絵に金彩を豪快に施した「色絵金彩雲錦鉢」などの陶磁器をはじめ、椀や盆の漆器、書画が並ぶ。影響を受けた古陶磁の名品も陳列した。

 また、川喜田半泥子ら同時代の作家や魯山人と親交のあったイサム・ノグチらの作品も紹介している。10月22日からの後期展と合わせ計約200点を展示する。

 京都旅行中に訪れた長野市の男性(60)は「書に始まり、料理、陶磁器、漆器まで技術を駆使した作品を一堂に見ることができた。多才な人だったと分かる」と話した。

 12月1日まで。月曜休み(月曜が祝日の場合は開館し、翌日休館)。展示替えあり。有料。

京都新聞
 

コメント

京都の観光地も続々値上げ 映画村や京都タワーも、10月以降

2019年09月16日 | 京都のニュース
 
京滋の主な観光・レジャー施設の10月1日以降の入場料金(一般・個人)




消費税の税率が8%から10%に引き上げられる10月以降、京都、滋賀の主な観光・レジャー施設が相次いで入場料を改定し、値上げに踏み切る。増税に加え、近年の人件費や光熱費の上昇を吸収しきれず、膨らむコストを転嫁する。

 東映太秦映画村(京都市右京区)は10月1日、大人・個人の入場料を2200円から2400円に改める。中高生料金(現行1300円)と3歳以上の子ども料金(同1100円)もそれぞれ100円引き上げる。値上げは消費税率が5%になった1997年以来、22年ぶりとなる。

 映画村の年間入場者は近年、80~90万人で横ばいの一方、人手不足と最低賃金の引き上げでアルバイトやパートの人件費は急激に上昇している。新アトラクションの導入や電気代など他の運営経費も増える中、長年維持してきた料金を上げることを決めたという。

 京都タワー(下京区)も、2014年4月の消費増税後に据え置いた展望室の料金(大人・個人)を来月から30円増の800円に改定する。14年当時のアルバイトの賃金は時給850円だったが、現在は950円に上昇。増税とコスト分の転嫁を決め、「集客に大きく影響しないぎりぎりの料金を考えた」という。

 京都市も市営施設の料金を軒並み値上げする。市動物園(左京区)は、前回増税時が改装工事中だったため一般の入園料を据え置いたが、今回は20円増の620円に。二条城(中京区)も国宝・二の丸御殿の拝観と合わせた料金を30円増の1030円に改める。

 一方、料金を維持する施設も多い。16年4月に開業した京都鉄道博物館(下京区)は、当初から消費税率10%を織り込んだ料金を設定。近くの京都水族館は前回の増税時に大人料金を50円値上げしたため、いずれも値上げを見送る。

 京都府立植物園(左京区)や滋賀県立琵琶湖博物館(草津市)など公営施設も料金を据え置く。彦根城(彦根市)は、17年の築城410年祭のイベント期間中に費用捻出のため入場料(大人・個人)を600円から千円に引き上げ、終了後は800円に改定。今年10月からも現行料金を継続する。

京都新聞
 

コメント

飲酒運転で5人死傷事故 容疑者、居眠りで300メートル逆走か 大津市

2019年09月16日 | 滋賀県
 
大津市北比良の国道161号志賀バイパスで5月、飲酒運転の車がワゴン車に衝突して5人が死傷した事故で、車を運転していた京都市伏見区上油掛町、会社員の男(39)=自動車運転処罰法違反(過失致死傷)と道交法違反(酒気帯び)容疑で書類送検=が、居眠りをして対向車線を約300メートル逆走した後、ワゴン車に衝突していたことが14日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、容疑者は5月4日夜、勤務先の男性社長と高島市で飲酒し、泥酔した社長を車で京都市内まで送り、高島市に戻る途中だった。片側1車線の対面通行区間で、対向車線を約300メートル逆送し、そのまま富山県砺波市の地方公務員男性(46)のワゴン車に衝突した。県警は、周辺のカメラの映像などから逆送距離を解析した。社長は泥酔していて記憶がないため、立件は見送ったという。

 事故では、ワゴン車の男性の次男(9)が頭を強く打って死亡し、容疑者を含む4人がけがをした。

京都新聞
 

コメント