DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

金門、新客層の開拓に成果 11月にブルネイからチャーター便

2019年09月12日 | 台湾ニュース
 
ロイヤルブルネイ航空



(金門 12日 中央社)台湾の離島・金門とブルネイを結ぶ国際チャーター便が11月に就航する見通しとなった。金門県政府観光処が10日、明らかにした。中国当局が8月から台湾への個人旅行の許可を停止したのを受け、新たな客層開拓に取り組んできた同県。同処の丁健剛処長は「初歩的な成果が見られた」と喜びを示した。今後は日本や韓国、シンガポール、マレーシアなどにまで範囲を拡大していきたいとしている。

チャーター便は外交部(外務省)や交通部(交通省)の協力の下、県内の旅行業者がつくる同業組合「金門県旅行商業同業公会」がロイヤルブルネイ航空と提携して運航するもので、11月下旬に計4便の運航が予定されている。

金門とブルネイは関係が深い。金門の離島、烈嶼の研究をしている台湾師範大学の江柏イ教授によると、ブルネイの総人口約41万人のうち、4万人余りが中華系で、さらにその中の7割が烈嶼にルーツを持つ移民。このような背景もあり、金門県の楊鎮ゴ県長は7月末に駐ブルネイ台北経済文化弁事処の李憲章代表(大使に相当)と面会し、チャーター便実現に向けた協力を依頼していたという。(イ=火へんに韋、ゴ=さんずいに吾)

コメント

安倍内閣改造 外交部、日台関係のさらなる緊密化に期待

2019年09月12日 | 台湾ニュース
 


(台北 12日 中央社)第4次安倍再改造内閣が発足したのを受け、呉ショウ燮外交部長(外相)と台湾の対日窓口機関、台湾日本関係協会の邱義仁会長は11日、政府を代表して日本側に祝福を伝えた。欧江安外交部(外務省)報道官が同日明らかにした。(ショウ=金へんにりっとう)

欧報道官は、安倍晋三首相を含む新内閣閣僚20人のうち13人が、中華民国(台湾)との交流促進を目指す超党派議員連盟「日華議員懇談会」の会員であることに触れ、「今後の台日関係がより緊密で、友好的になることを信じている」と述べた。

コメント

鴻海前会長・郭台銘氏、国民党離党を発表

2019年09月12日 | 台湾ニュース
 
郭台銘氏




(台北 12日 中央社)来年1月の総統選出馬への構えを徐々に明らかにしている鴻海(ホンハイ)精密工業前董事長(会長)の郭台銘氏は12日、側近を通じて声明を出し、最大野党・国民党からの即日付での離党を発表した。同党長老31人は連名で、同日付の各紙に声明を掲載し、同党公認候補の韓国瑜高雄市長と郭氏の連携を呼び掛けていた。

郭氏の側近、蔡沁瑜氏が同日午前、囲み取材で郭氏の声明を読み上げた。声明では、党長老の憂慮に理解を示した上で、長老や世襲制同然の中央常務委員が牛耳る党の体制に疑念を示し、「台湾の人々はこのように旧態依然とした政党を認めない」と指摘。さらに、「これらの守旧的、旧態依然の中央常務委員は自身の利益を政党の利益の前に置き、政党の利益を国家の利益の前に置いている」と批判し、「これは郭氏が国民党に戻った当時の初心に完全に反している。郭氏はこの政党に未練もない」と表明した。

各紙に掲載された国民党の声明は「団結、奮闘、中華民国を救おう」との見出しで、連戦元主席(党首)や呉敦義現主席、馬英九前総統など31人の直筆署名入りの連名で出された。

コメント

「あおり」一般ドライバー8割超 自己顕示欲強い傾向、短気も 滋賀県警

2019年09月12日 | 滋賀県


ドライバーにあおり運転防止を呼び掛けるリーフレットを贈る
(大津市・名神高速道路上り線草津パーキングエリア)




悪質なあおり運転が問題となる中、滋賀県警が2017年以降、車間距離を極端に詰めたとして、道交法違反(車間距離不保持)で摘発した車のうち、80%以上は一般ドライバーが運転することが多い乗用車だったことが、県警への取材で分かった。県警は「あおり運転が重大事故につながれば、重い刑罰に問われることがある。かっとなっても、深呼吸して冷静さを取り戻して」と呼び掛ける。

 県警によると、17年1月~19年7月末、同違反で336件を摘発した。うち86・6%の291件が普通乗用車か軽乗用車で、普通貨物車や二輪車は少なく、大型トラックなどの大型車はゼロだった。9割以上が高速道路での違反という。

 県警交通企画課によると、あおり運転をするドライバーは「性能のいい車」や「自分の運転技術」などを顕示したいといった心理が働きがちで、短気な傾向がある。進路に割り込まれたり、速度が遅い車がいた時に、危険な運転をすることが多いという。

 あおり運転で他者に危害が及べば、危険運転致死傷罪や傷害罪などに問われることもある。同課は「故意に衝突すれば、殺人や殺人未遂などの容疑も視野に捜査することになる」と警鐘を鳴らす。

 また、あおり運転をされた場合の対応について、同課は「速度を上げて逃げると、カーチェイス状態になる。道路上に車を止めるのも危険」とし、サービスエリアや高速バス停、退避帯などに逃げて110番するよう呼び掛ける。停車後はドアを内側からロックし、相手ドライバーに応対しないことが肝心という。

 県警は、あおり運転に関する啓発を続けているほか、ヘリコプターを使った上空からの取り締まりも実施している。

(京都新聞)
 

コメント

京アニ放火事件 府議会で黙とう

2019年09月12日 | 京都のニュース



京都府の9月議会が11日開会し、知事や議員たちは京都アニメーションのスタジオが放火された事件で亡くなった35人の人たちに黙とうをささげました。

11日開会した議会では、はじめに田中英夫議長が、「我が国のコンテンツ産業を支える京都アニメーションが事件にあったことに強い怒りを持つとともに、感動のある作品を作り出したクリエーターの無念や苦しみと闘う人を思うと胸が締めつけられる」と述べました。
そして、西脇知事や議員など議場に集まった全員が、事件で亡くなった35人の人たちに黙とうをささげました。

続いて、西脇知事が、「国内外問わず、犠牲者や企業に対し、献花や哀悼の意が寄せられ、この場をお借りして感謝を申し上げるとともに、府としても皆さまの気持ちが被害者や遺族に届くよう、関係の皆さまに寄り添い、必要な支援をできるよう取り組んでいく」と述べました。

このあと、西脇知事は、24の議案を提出し、このうち補正予算案には来月の消費税率の10%への引き上げを見据えた中小企業への補助金など合わせて7億2600万円を計上しています。

京都府の9月議会は、11月6日まで開かれます。

NHK
 

コメント

京都市の国際会議 5年連続増加

2019年09月12日 | 京都のニュース



先週、ICOM=国際博物館会議が開かれた京都市では、国際会議の開催が5年連続で増加し、観光だけでなく学術やビジネスの拠点にもなっていることを裏付けています。

公益財団法人「京都文化交流コンベンションビューロー」のまとめによりますと、京都市内で去年1年間に開かれた参加者50人以上の国際会議は、349件でした。

これは、平成25年のおよそ2倍で、5年連続で過去最多を更新しました。

これに伴って海外からの参加者も増え、去年は前の年の1.5倍となる3万2268人と、初めて3万人を超えました。
会場別では、京都大学が135件と最も多く、次いで、ICOMが開かれた国立京都国際会館が39件、同志社大学が23件などとなっています。

また分野別に見ると、「科学・技術・自然」が161件、「芸術・文化・教育」が69件、「医学」が63件などとなっています。

京都市では、来年4月に各国の関係閣僚らが、国際的な犯罪対策を話し合う国連の「犯罪防止刑事司法会議」も開かれるなど、来年にかけても多くの国際会議が予定されています。

京都文化交流コンベンションビューローは、「京都の国際的な知名度は高まっていて、国際会議を開きたいという声も増えている。引き続き行政や企業などと連携して国際会議の積極的な誘致を進めたい

NHK
 

コメント

府内 去年自殺した人は343人

2019年09月12日 | 京都のニュース



9月10日は、WHO=世界保健機関が定める「世界自殺予防デー」です。

京都府内で去年1年間に自殺した人343人のうち京都市は201人に上り、市は「気持ちが追い詰められる前に相談してほしい」と呼びかけています。

厚生労働省のまとめによりますと、京都府内で去年1年間に自殺した人は343人で、このうち京都市だけで201人に上ります。
男女別では、女性の122人に対し、男性はおよそ1.8倍の221人となっています。

また、年齢別では、50代が最も多く61人、次いで70代が59人、40代が54人などとなっていて、20代は38人となっています。
このうち京都市は、京都府や全国と比べて学生の割合が高い傾向が続いていることから、特に若い世代に対する相談態勢の充実を目指すことにしています。

京都市障害保健福祉推進室は、「小さな悩みでも、気持ちが追い詰められる前に行政や民間の窓口、まわりの身近な人に相談してほしい」と呼びかけています。

【自殺相談窓口まとめ】
行政や民間の支援団体などが、相談窓口を設けています。
一般社団法人「日本産業カウンセラー協会」は10日から3日間、「働く人の電話相談室」を開いています。
カウンセラーが仕事の悩み、人間関係の悩みなど電話で午前10時から午後10時まで相談を受け付けます。
電話番号は0120−583ー358です。

「京都市こころの健康増進センター」は、自殺を考えている人や親しい人を自殺で亡くした人からの相談を専門の番号で受け付けています。

月曜日から水曜日の午前中と木曜日と金曜日の午後で、番号は075−321−5560です。

「京都府自殺ストップセンター」は平日の午前9時から午後8時まで0570−783−797、もしくは「LINE」の通話機能で相談を受け付けています。

社会福祉法人「京都いのちの電話」は、24時間態勢で電話相談を行っています。
番号は、075−864−4343です。

NPO法人「京都自死・自殺相談センター Sotto」は、金曜日と土曜日の夜、午後7時から午前1時まで、075−365−1616で相談を受けています。

メールでの相談窓口については、ホームページをご覧ください。
また、家族や友人など親しい人を自殺で失った人たちを対象にした相談窓口もあります。

支援団体「こころのカフェ きょうと」はスタッフが個別の相談に応じているほか、遺族どうしで悩みを打ち明ける場を提供しています。
匿名で参加することもできます。
詳しくはホームページをご確認ください。

NHK
 

コメント

京都観光コンシェルジュの講習会

2019年09月12日 | 京都のニュース



京都市を訪れる観光客をもてなす「京都観光おもてなしコンシェルジュ」の講習会が開かれました。

「京都観光おもてなしコンシェルジュ」は、京都市が宿泊や観光業に携わる人たちの中から、京都の歴史や文化について専門の知識を備えた人たちを任命しています。

コンシェルジュおよそ50人が出席し、京都市左京区で開かれた11日の講習会では、来年のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」の主人公、明智光秀が取りあげられました。

京都市で観光ツアーやガイドブックの制作などを行う会社の担当者は、歴史上のエピソードのほか、ゆかりの寺や石碑から地元の祭りやグルメにいたるまで、光秀にまつわる見どころを説明しました。

「京都観光おもてなしコンシェルジュ」には現在228人が任命されていて、京都市は引き続き人数を増やして観光客をもてなす態勢をさらに整えていきたいとしています。

NHK
 

コメント

電気料金 うその説明で契約を変更か 逮捕

2019年09月12日 | 京都のニュース

仲田勇輝容疑者と前田純輝容疑者




家庭向けの電力が自由化される中、関西電力の社員を装ってうその説明で契約を変更させたとして、マニュアルを作成した当時、大学生だった22歳の男ら2人が逮捕されました。

男は「うその内容を言うように指示したことはない」と容疑を否認しているということです。

逮捕されたのは、大阪・北区の電力小売り代理店「Lavect(らべくと)」の役員、仲田勇輝容疑者(22)と大学生の前田純輝容疑者の2人です。

京都府警によりますと、仲田容疑者らは去年12月、東大阪市の20代の男性に、関西電力の社員を装ってうその説明をし、家庭向けの電力の契約を変更させたなどとして、特定商取引法違反の疑いが持たれています。

当時、同志社大学の学生だった仲田容疑者は、後輩の大学生とともに、「工事や解約は一切必要なく、電気料金が3%から5%ほど安くなる」などと説明する勧誘マニュアルを作成していたということです。

しかし、実際は解約して新規に、電力の契約をする必要があり、料金も一定期間使い続けると、高くなるということです。
調べに対して、仲田容疑者は「うその内容を言うように指示したことはない」と容疑を否認しているということです。

警察は、仲田容疑者らが作成したマニュアルを使って、契約変更の勧誘を繰り返していたとみて、同様の被害がなかったか調べを進めています。

【契約変更時は内容などをしっかり確認】

一般の家庭が電力の契約先を自由に選べる電力の自由化は、3年前の4月から始まりました。

料金の値下げやサービスの向上につながる一方で、競争が激化して、契約をめぐるトラブルの相談が急増しています。

京都市消費生活総合センターによりますと「電気代が安くなると言われ、検針票の番号を伝えると勝手に契約を変更された」などの相談が寄せられていて、相談件数は昨年度は90件でしたが、今年度は先月末まででおよそ140件と急増しているということです。

京都市消費生活総合センターでは、契約トラブルに巻き込まれないために、契約を変更する場合には、内容や条件などをしっかり確認することや、分からないことや不審なことがあればすぐに相談してほしいなどと注意を呼びかけています。

NHK
 

コメント

図工で熱中症、児童2人搬送 滋賀の小学校、前日も10人搬送

2019年09月12日 | 滋賀県

笠縫東小学校




11日午後0時半ごろ、滋賀県草津市平井3丁目の笠縫東小の4年生男児2人が、図工の授業で校舎玄関広場で絵を描いていた最中に頭痛などの熱中症の症状を訴え救急搬送された。うち1人は搬送時に意識がもうろうとした状態で、入院したという。

 同小などによると、4年生35人が11時25分から、冷房のない玄関広場で自転車のスケッチを始めた。同40分ごろに近くの熱中症計で「暑さ指数」が「危険レベル」となったことを担任が確認し、教室に戻ったが、2人がだるさや頭痛などの体調不良を訴えたという。

 同小は10日にも、田んぼの稲刈りを行う校外学習で5年生10人が熱中症の症状を訴え、救急搬送された。
 

コメント

京アニ放火殺人、京都府議会で黙とう 知事「今後も寄り添う」

2019年09月12日 | 京都のニュース

京都府庁舎



京都府議会9月定例会が11日、開会した。10月からの消費税増税対策費を含む計7億2600万円を追加する一般会計補正予算案など24議案を提案した。

 本会議冒頭、京都アニメーション放火殺人事件を受けて田中英夫議長が「多くの感動的な作品を生み出し続けた才能あふれるクリエーターの無念や、傷を負い戦っている方々を思うと、胸が締め付けられる」と述べ、議員と理事者が黙とうした。西脇隆俊知事は事件の被害者・遺族のための義援金口座を開設したことを説明し、「今後も関係者に寄り添い、必要な支援ができるようにしていきたい」と議会に協力を求めた。

 補正予算案では、消費税増税に備え、経営改善に向けた機材導入補助の拡充や、商店街の売り出し支援の経費などを計上。幼児教育・保育無償化に合わせて創設する給食副食費助成の費用も盛り込んだ。

 会期は11月6日まで。代表質問は9月17、18日、一般質問は19、20日に行う。

京都新聞
 

コメント

京都府京丹波町庁舎/21年6月の完成目指す

2019年09月12日 | 京都府再開発




 京都府京丹波町は、新庁舎整備事業について、建設工事の総合評価一般競争入札を9月下旬に公告する。落札者決定後、12月市議会での承認を経て契約する。2021年6月の完成と同9月の供用開始を目指している。概算事業費は29億5000万円。
 
事業では現庁舎(蒲生八ツ谷62-6、総延べ1881㎡)をふれあい広場用地に移転建て替えする。現庁舎は一部が1959年完成で築60年が経過し、構造・設備とも老朽化が著しく、耐震性能も不足していた。

 新庁舎の規模は、木造一部RC・S造2階建て延べ4800㎡。1階には福祉、子育て、税務、住民関係の窓口や執務室、防災会議室、交流ラウンジを設ける。2階には総務、監理、企画政策、商工・観光、土木・建築、農林振興の執務室、議場、大会議室などを配置する。

 景観になじむ勾配屋根を採用するほか、外部から内部の様子が分かりやいようにガラスカーテンウォールを使用。地域に残る伝統を継承しつつ現代的に解釈し、「歴史文化」と「森の木」から生まれる、まちのシンボルとなるデザインを意匠に取り入れる。
 
構造は、木造とRC造を一体とした平面混構造とし、長スパンとなる個所には集成材や鉄骨材などを配置。各部材を適材適所で使い分ける。地場産材の活用を基本とし、構造部材や下地材、内装材に使用する。

 設備面では、居住域空調で効率化を図るとともに、外壁・屋根の高断熱化やLow-E複層ガラスを窓に使用し、熱負荷や熱損失を減少。自然採光や自然通風、重力換気など自然エネルギーを積極的に取り入れる。

 設計は香山壽夫建築研究所が担当した。
 建設地は同町蒲生蒲生野487-1ほか。

コメント