DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

米、台湾に最新型のF16戦闘機を売却へ 中国の反発必至

2019年08月17日 | 台湾ニュース

台湾中部の彰化県で行われた軍事演習「漢光35号」に参加した米国製のF16V戦闘機















米ホワイトハウスは台湾に最新型のF16戦闘機66機、80億ドル(約8500億円)相当を売却する方針を固め、議会に通知して手続きを進めている。米上院外交委員会のマルコ・ルビオ委員(共和党)が16日、明らかにした。中国の反発は必至だ。

 ルビオ氏は、F16の売却は「台湾の自衛活動を支援する上での重要な一歩」だと述べ、「中国政府と中国共産党が権威主義的な影響力の範囲を台湾に拡大しようとする中、米国が均斉のとれた一貫性のある支援を通じて、民主主義のパートナーである台湾との戦略的関係を強化し続けていくことが極めて重要だ」と語った。

 台湾は1992年に旧型のF16を購入し、数回にわたって改修を実施してきた。

 製造元の米航空防衛機器大手ロッキード・マーチンは最新型のF16ブロック70/72について、旧型が製造された時には存在しなかった多数の航空電子器機や武装、レーダー技術を備えていると説明。構造的にもより強固なので、2070年を過ぎても飛行・戦闘を行うことができるとしている。(c)AFP
 

コメント

 大文字、月との競演 京都・五山送り火、故人への思い炎に重ね

2019年08月17日 | 京都のニュース

浮かび上がる大文字と雲間から姿を見せた月
(16日午後8時12分、京都市北区・出雲路橋)




お盆に迎えた先祖の霊を送る「五山送り火」が16日、京都市内の各山で営まれた。暗闇に浮かび上がる文字や形を望める場所には多くの市民が集まり、静かに燃える炎に故人への思いを重ね合わせた。

 午後8時に大文字(左京区)が点火されたのに続き、妙法(同)、船形(北区)、左大文字(同)、鳥居形(右京区)の順に火がともされた。台風10号が去った後の市内は薄曇りで、大文字が正面に見える上京区の出町橋西詰めでは如意ケ嶽に「大」の字が現れると、見守っていた人たちから歓声が上がった。

 点火から5分ほどたつと雲間から月が姿を見せ、静岡市から訪れた男性(69)は「タイミングよく月が出て幸運。送り火は亡くなった両親を思い出す機会になる」と話した。

【京都新聞】
 

コメント

京アニ 献花台を再設置祈り続く

2019年08月17日 | 京都のニュース



「京都アニメーション」のスタジオが放火された事件で、台風10号の影響で撤去されていた現場近くの献花台が16日、再び設置され、大勢の人たちが追悼に訪れています。

京都市伏見区にある「京都アニメーション」のスタジオ近くに設置された献花台は、台風10号の接近に伴い、14日撤去されましたが、台風が通過したことから、16日午前10時ごろ、再び設置されました。
事件発生から18日で1か月になりますが、お盆休みを利用してきた人や海外からの留学生などが次々に訪れ、献花台に花を手向けたり、手を合わせたりしていました。

また、いまも京都アニメーションの社員8人が入院していて、病院で治療が続けられていることから、訪れた人たちからは1日も早い回復を祈る声も聞かれました。

大阪から訪れた20代の男性は「ただひたすらに良くなってほしいです。そして早く元気になってアニメを作ってほしいです」と話していました。

東京から訪れた30代の男性は「やるせない気持ちでいっぱいです。けがをした被害者の方々が立ち直るのはとても難しいと思いますが、少しでも早く心の傷を癒やし、作品に向かっていくことでメッセージを伝えてもらいたいです」と話していました。

インドネシアから留学で来ているという女性は、「落ち込んだとき、京アニの作品に救われてきました。感謝の気持ちと決して忘れないという思いをカードに書いて、置いてきました」と話していました。

【「日本アニメーター・演出協会」代表理事の入江泰浩さんは】

「京都アニメーション」の放火事件から今月18日で1か月になるのを前に、「日本アニメーター・演出協会」代表理事の入江泰浩さんがNHKに文章を寄せ、京都アニメーションの作品の魅力や技術の高さを解説したうえで、多くの人に作品を見てほしいと呼びかけました。

アニメーション監督で「日本アニメーター・演出協会」の代表理事を務める入江泰浩さんは、NHKの取材に応じて、京都アニメーションの作品の魅力や技術の高さを解説する文章を寄せました。

この中で、技術の高さがうかがえる例として人気アニメ「けいおん!」での登場人物の足の動きの描き方に注目し、「普通の歩きや走りはもちろん、たどたどしい歩きにもこだわりを感じます。アニメーターが歩きの仕組みを熟知していて、原画マンの観察力や優秀な動画マンの技によって意欲的に足の運びに取り組んでいると感じます」と説明しています。

また、京都アニメーションを初期から支えた人物として、事件で亡くなった木上益治さんの存在をあげ、「30年近く、木上さんが新人を育て続けたからこそ、今に至るまで数々の驚異的な映像作品が生み出された」と功績を振り返っていました。

そして、京都アニメーションの作品を見たことのない人に対して「ぜひ、すばらしいアニメーションを楽しんで頂きたい」と呼びかけて、文章を結んでいます。

NHK
 

コメント

強烈な顔のインパクト 県警一「こわもて」刑事、防犯ポスターに

2019年08月17日 | 滋賀県

自身を起用したポスターを手にするモデルの刑事(大津市・滋賀県警本部)




滋賀県警は、「県警一のこわもて」の刑事をモデルに、特殊詐欺防止を呼び掛けるポスターやビラを作成した。

 ポスターに登場したのは、30代の現職男性刑事。暴力団や組織犯罪の捜査に従事しており、柔道4段で県警代表として全国3位になった経験もあるつわものだ。「インパクトを生かせ」と県警幹部の発案で起用された。

 刑事が太い腕で犯人を捕まえるイラストと、「特殊詐欺許さんぞ!」「キャッシュカードを渡さないでね」などのメッセージが添えられている。

 滋賀県警はポスター60枚を各署などに掲示し、同じデザインのビラ700枚を草津市などで配布した。刑事本人も参加してのビラ配布では、市民から「すごく記憶に残る」などの声が上がったという。県警生活安全企画課は「怪しい電話の時は『この顔』を思い出して」としている。

【京都新聞】
 

コメント

滋賀県大津で車3台絡む事故 京都の1歳女児が死亡、6人重軽傷

2019年08月17日 | 滋賀県

衝突した乗用車(8月16日午後5時31分、大津市坂本7丁目)




16日午後3時15分ごろ、滋賀県大津市坂本7丁目の国道161号湖西道路で、京都市右京区、高校教員の男性(41)のワゴン車が、大津市の無職女性(44)の乗用車に追突し、計3台が絡む多重事故が起きた。男性の長女(1)が首を強く打って死亡した。同乗の母親(37)が腕を折る重傷、乗用車の女性ら5人が軽傷を負った。

 滋賀県警大津署によると、渋滞の車列の最後尾の乗用車がワゴン車に突っ込まれ、はずみで同市の無職女性(62)の軽乗用車にぶつかった、という。

 同署の説明では、現場の湖西道路北向き車線は盆の帰省や行楽の車などで渋滞していた。同車線下阪本-坂本北ランプ間は同日午後4時~同6時半、通行止めになった。

【京都新聞】
 

コメント

誤情報「五山送り火は中止」拡散 京都は実施予定、奈良と混同?

2019年08月17日 | 京都のニュース

昨年の「奈良大文字送り火」




京都の夏の風物詩「五山送り火」(8月16日)が実施予定にもかかわらず、「台風接近のため中止となる」といった誤った情報がインターネット上で広まっている。奈良市で15日に行われる予定だった「奈良大文字送り火」が中止と発表されたことで混同された上に、京都五山送り火の護摩木受け付けが台風10号接近に伴い中止となり、誤解を生んでいるようだ。

 五山送り火は、お盆に迎えた先祖の霊を送る伝統行事。16日午後8時以降、「大文字」「妙法」「船形」「左大文字」「鳥居形」の順に点火される。五山送り火はこれまでに激しい雨が降る中でも実施されてきた。

 ツイッター上では14日夜から「京都五山送り火中止なんだ」「京都の五山の送り火も中止になったよ…」などのつぶやきが増えた。同時刻までに、奈良市文化振興課などのツイッターアカウントが「奈良大文字送り火」の中止を発信しており、京都と奈良の行事を混同したものとみられる。

 京都では台風接近のため、五山送り火の際に火床にくべる護摩木の受け付けが、大文字と船形で15、16日が中止となった。京都市観光協会には15日、「五山送り火が中止になるのか」などといった問い合わせや「護摩木の受け付けは行っているのか」といった質問の電話が数件寄せられたという。

 京都五山送り火連合会事務局(京都市文化財保護課)は15日夕方現在、「実施予定だ」としている。16日午後1時半からは、点火時刻や準備状況を案内する市民向けテレホンサービス0180(991)153を設置する。

【京都新聞】
 

コメント

カラフルに甘酸っぱく テークアウト用「梅ソーダ」発売

2019年08月17日 | 京都のニュース



梅体験専門店「蝶矢」(京都市中京区)




チョーヤ梅酒(大阪府羽曳野市)が運営する梅体験専門店「蝶矢」(京都市中京区)は9月1日から、テークアウトのドリンク「オーロラ梅ソーダ」を販売する。

青いハーブと梅シロップ、レモンジンジャーのソーダが混ざり、不思議な色合いが楽しめる。梅の実も入り、甘酸っぱくさわやかな味わい。1杯520円。30日まで販売する。

【京都新聞】
 

コメント

京アニ 3人は命の危険な状態

2019年08月17日 | 京都のニュース

「京都アニメーション」のスタジオが放火され、社員35人が死亡、34人が重軽傷を負った事件から、18日で1か月になります。

警察によりますと、いまも8人が入院していてこのうち3人は命の危険もある状態で、懸命の治療が続けられているということです。

無事だったのは1階にいた1人だけで、残りの34人はベランダから飛び降りるなどして助かったもののやけどや骨折などの重軽傷を負ったということです。

8人はいまも入院していて、このうち3人は命の危険がある深刻な状態で、1人は命の危険はないものの症状が重いということで、懸命の治療が続けられています。

一方、警察は35人を殺害した殺人や放火などの容疑で青葉真司容疑者(41)の逮捕状を取って事件の経緯などを捜査しています。

ただ、青葉容疑者も重いやけどをして病院で治療を受けていて、時折、目は開けるものの、依然、話が聴けない状態だということで、動機の解明にはなお時間がかかるものとみられます。

NHK
 

コメント

京アニ 警察が犠牲者の遺品紛失

2019年08月17日 | 京都のニュース

「京都アニメーション」のスタジオが放火され、35人が死亡した事件で、警察が犠牲者の遺品の腕時計を紛失し、遺族に謝罪していたことがわかりました。
警察は「遺族や関係者に多大なご迷惑をおかけし、おわび申し上げます」とコメントしています。

先月18日に、京都市伏見区の「京都アニメーション」のスタジオが放火された事件では、社員35人が死亡、34人が重軽傷を負いました。

この事件で、先月下旬、犠牲者が当時、身につけていた遺品の腕時計を警察が紛失し、遺族に経緯を説明して謝罪していたことがわかりました。

警察によりますと、犠牲者の身元や死因を調べた際に、遺品についてはリスト化して管理をしていて、最初に点検をした段階では、腕時計を身に着けていたことを確認していたということです。

しかし、遺族に遺体を引き渡す際になって、腕時計がなくなっていることに気付いたということです。
警察では、紛失の詳しい経緯を調べています。

京都府警察本部では、「遺族や関係者に多大なご迷惑をおかけし、おわび申し上げます。今後、このようなことがないよう再発防止につとめていきます」とコメントしています。

NHK
 

コメント

緊急走行のパトカー衝突、車の男性搬送 京都、警官けがなし

2019年08月17日 | 京都のニュース

16日午後3時45分ごろ、京都市下京区河原町通七条交差点で、緊急走行中の下京署のパトカーが乗用車に衝突した。乗用車の派遣社員男性(70)=同区=が病院に搬送されたが、軽傷の模様。パトカーの男性巡査長(37)と同乗の50代男性警部補にけがはなかった。

 同署によると、パトカーは直前にJR京都駅近くで火災が発生したとの通報を受け、現場に向かう途中だった。サイレンを鳴らして赤色灯を付け、交差点内を南向きに侵入した際、西向きに走行していた乗用車と衝突したという。

【京都新聞】
 

コメント

金門、新たな客層開拓へ 中国当局の旅行規制受け

2019年08月17日 | 台湾ニュース

金門各地の観光スポットを回るツアーの参加者




(金門 16日 中央社)中国が今月1日から台湾への個人旅行の許可を停止したのを受け、これによって大きな打撃を受けることになる離島・金門が、新たな客層の開拓に力を入れている。同県政府観光処は、国内や北東・東南アジアを対象とした観光政策を打ち出したり、団体や企業の研修の場として提供したりすることで、金門観光の可能性を広げたいとしている。

中国から台湾への個人旅行は許可証の取得を条件として2011年に上海など一部の大都市で解禁され、対象都市はこれまでに47都市に拡大されていた。台湾の離島と中国大陸を結ぶ渡航ルート「小三通」が利用できる金門への旅行は20都市で認められていた。同処によると、今年小三通を利用して金門を訪れた中国人旅行者の70%が個人旅行だった。

同処の丁健剛処長は同県の打開策として、楊鎮ゴ県長が12日に北京で中国の対台湾政策を担う国務院台湾事務弁公室に対岸のアモイなどと共催する旅行イベントの続行を嘆願したと説明。また、アモイで飛行機の乗り継ぎをする旅行者を対象に実施されている72~144時間以内のトランジットビザ免除措置を利用し、世界の観光客をアモイから金門に呼び込むことにも意欲を示した。(ゴ=さんずいに吾)
 

コメント

日本人男性、土砂崩れで立ち往生 警察が救出/台湾・台南

2019年08月17日 | 台湾ニュース

見回りの警察に救出された日本人男性




(台南 16日 中央社)大雨に見舞われた南部・台南市楠西区の山間部の市道で15日、日本人男性が土砂崩れによって身動きが取れなくなっているのが見回りの警察官によって発見された。

男性はレンタルバイクで道路を走行していたところ、土砂崩れに遭遇したとみられている。台南市政府警察局によると、男性は警察官に救出された後、日本語で何度もお礼を伝え、バイクで立ち去ったという。
 

コメント

侍ジャパン稲葉監督、台湾代表監督に競争心=プレミア12・桃園会場視察

2019年08月17日 | 台湾ニュース

洪一中・台湾代表監督(右)と握手をする侍ジャパンの稲葉篤紀監督



(桃園 16日 中央社)野球日本代表「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督が15日、11月の国際大会「プレミア12」の1次ラウンドで対戦する台湾選手や大会会場を視察するため、北部・桃園市の桃園球場を訪れた。取材に対し、経験豊富な洪一中・台湾代表監督がどのような采配を取るのか興味深いと話した上で、このような監督に「負けたくない」と競争心を見せた。

プレミア12の1次ラウンドで台湾と日本はベネズエラ、プエルトリコとともにB組に入った。B組の試合は中部・台中市の台中インターコンチネンタル球場のほか、日本対プエルトリコ戦と日本対ベネズエラ戦が桃園球場で行われる。

稲葉監督は日台メディアの取材に応じ、今回の訪台の目的について、台湾の選手のタイプと能力を観察するためだと説明。桃園球場の風の強さや照明の状況なども把握するという。

桃園球場では15日に富邦対ラミゴ戦が行われた。稲葉監督は中信対ラミゴ戦が行われる16日まで桃園で視察し、17、18日には北部・新北市の新荘球場に足を運ぶ。新荘では16日から統一対富邦戦の3連戦が予定されている。
 

コメント