DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

「子子子」この漢字一字なんと読む? 漢検ミュージアムで漢字うちわ配布

2019年08月10日 | 京都のニュース
 
(烏丸経済新聞 2019.08.09)



 「漢検 漢字博物館・図書館(愛称=漢字ミュージアム)」で現在、夏季限定で配布している難しい漢字が集められたうちわが人気を集めている。

 うちわには「山」と「田」、「大」と「介」が組み合わさった文字や縦書きで「龍馬」、子が3三つ横に並んだ「子子子」、龍が4つ組み合わさった漢字が並べられている。

 同館では週替がわりでスタッフが選んだ難しい漢字を館の前の看板に出していたところ好評だったことから、夏らしいノベルティを検討していた際にまとめてうちわにして紹介しようということになったという。

 どの漢字も館の中央にある「漢字5万字タワー」に載っているもので、受け付けでは読み方や意味も教えてもらえる。「子」が横に3つ並んだ漢字は「ギ」と読み、盛んなさまや多いさまを意味する。山と田を縦に並べた漢字は「邦」の古字。2階でこれらの漢字を収録した「大漢和辞典」を閲覧できる。

 同館広報担当の岩橋恭子さんは「毎日100枚限定で配布しているが、昼ごろには無くなっている。ぜひ気になる漢字を見つけて漢字5万字タワーから見つけてもらえたら」と話す。

 開催時間は9時30分~17時。入館料は、大人=800円、大学・高校生=500円、中学・小学生=300円ほか。配布は9月1日まで。

コメント

京アニ アニメ3誌が合同で哀悼

2019年08月10日 | 京都のニュース
 


「京都アニメーション」のスタジオが放火された事件を受けて、主要なアニメ雑誌3誌がそれぞれの最新号に合同で哀悼のページを掲載し、「今後も変わらず京都アニメーション様の作品を応援して参ります」とメッセージを送りました。

哀悼のページが掲載されたのは、いずれも国内の主要な月刊アニメ雑誌で、徳間書店の「アニメージュ」と、学研プラスの「アニメディア」、それに、KADOKAWAの「Newtype」の9月号です。

いずれも1ページを使って3誌の編集部が連名で同じメッセージを掲載しました。

メッセージでは先月、京都アニメーションのスタジオが放火され、35人が亡くなった事件について、亡くなった人たちへの哀悼の意を表し、けがをした人たちの1日も早い回復を祈るとしたうえで「アニメ3誌は、今後も変わらず京都アニメーション様、そして京都アニメーション様の作品を応援して参ります」と記されています。

また、同じページには「涼宮ハルヒ」シリーズや「けいおん!」、それに「Free!」など京都アニメーションの人気作品が表紙を飾った際のそれぞれの雑誌の表紙が並べて掲載されました。

NHK

コメント

台湾球児、甲子園で3安打2打点と健闘

2019年08月10日 | 中華民國
 
習志野との試合で3安打2打点をマークした崔




(台北 9日 中央社)日本の全国高校野球選手権大会は9日、甲子園球場で1回戦が行われ、沖縄尚学(沖縄県)2年生の崔哲イが、習志野(千葉県)を相手に3安打2打点と健闘した。(イ=王へんに韋)

2001年北台湾北部・新竹生まれの17歳。地元の小中学校で野球部に所属。右投げ右打ちの内野手として数多くの大会に出た。中学卒業後、沖縄尚学に留学。同校が先月下旬、5年ぶり8度目の代表を決めたことで、甲子園に憧れた子ども時代の夢がかなったという。当日は5番・左翼で試合に臨んだ。

沖縄尚学は延長10回の末4-5で敗れ、2回戦進出を逃した。

コメント

台湾北部で浸水や停電 2千人超が避難 死者も=台風9号

2019年08月10日 | 台湾ニュース
 
台風の影響で北部を中心に7万7000戸超が停電



(台北 9日 中央社)台風9号の強風域に入った台湾北部では、各地で浸水や停電などが相次いだ。中央災害対策センターによると、9日午後2時までに1人が死亡、9人がけがをしたほか、2531人が避難した。

新北市や桃園市、新竹県、宜蘭県では計38カ所の避難所が設けられ、9日午後2時現在で696人が避難を続けている。桃園市では、北部の東西をつなぐ自動車道「北部横貫公路」で落石や土砂崩れが発生し、一時通行止めになったほか、大渓区でも道路の一部が陥没したり、地下道が浸水するなどの被害が出た。台北市では台風対策で木の剪定(せんてい)をしていた60代の男性が8日、バランスを崩して落下し、死亡した。

▽7万戸以上が停電

台湾電力の統計によれば、台風の影響で台北市、桃園市、新北市などを中心に台湾全土で7万7606戸で停電したが、9日午後4時までに7万7367戸が復旧した。

▽鉄道や空の便にも影響

桃園国際空港によると、8日から9日午後0時40分にかけて、計529便が欠航や遅延などの影響を受けた。

台湾高速鉄道(高鉄、新幹線)は9日午前、台中-南港間の運行を見合わせたが、台風の影響が弱まったとして、同日午後から全線で運行を再開した。また、南港、左営各駅で各駅停車の臨時列車を午後1時以降に運行するほか、同2時以降には台中発台北方面行きの列車を運行する。

台湾鉄道は9日、運休していた基隆-彰化間の特急・急行列車の運行を午前11時29分に再開したほか、花蓮と八堵を結ぶ特急・急行の運行も一部を除いて午後1時58分に再開。花蓮-八堵間の各駅停車も正午から平常運転に戻った。ローカル線の平渓線、深澳線、内湾線は運休を続ける。

台北メトロ淡水線紅樹林駅と淡海新市鎮(ニュータウン)を結ぶ淡海ライトレール(軽軌、LRT)緑山線は9日午後2時から運転を再開した。

コメント