DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

中国の圧力「台湾は持ちこたえられる」=蔡総統 米デンバー初訪問

2019年07月21日 | 台湾ニュース
  
蔡総統







(デンバー 20日 中央社)蔡英文総統は外交関係を持つカリブ海4カ国歴訪を終え、19日に経由地の米デンバー(コロラド州)に到着した。現職の中華民国総統が同地を訪れるのは初めて。

この日の夜、在米華僑らとのパーティーに出席し、あいさつをした蔡総統。中国を念頭に「確かに台湾は(中国から)大きな圧力を受けている」と認めつつも、「圧力がどんなに大きくても、蔡英文は持ちこたえられる。台湾も持ちこたえることができる」と述べ、中国の圧力に屈しない姿勢を示した。

来年1月の総統選については、「台湾にとって正念場の戦いになる。この試練を乗り越えなければならない」と訴え、出席者らに団結や、与党民進党の公認候補に決まっている自身への支持を呼び掛けた。

パーティーにはコロラド州のジャレッド・ポリス知事(民主党)や同州選出のコリー・ガードナー上院議員(共和党)らも姿を見せた。ガードナー氏は「米台関係は史上最高の状態にある」として蔡総統の来訪を喜んだ。

蔡総統はデンバーで2泊した後、22日に台湾に戻る予定。
  

コメント

台湾東部で黒潮にのまれた手こぎボート、宮崎の海に漂着

2019年07月21日 | 台湾ニュース
 
黒潮にのみ込まれ、宮崎の海に漂着した手こぎボート



(台東 20日 中央社)先月9日に東部・台東県の離島、蘭嶼の海で転覆し、黒潮にのみ込まれた手こぎボートが、宮崎県沖で発見された。こぎ手の衣服や持ち物、現金などもそのままだった。関係者が19日、海洋委員会海巡署(海上保安庁に相当)からの通知を受けた。

ボートは、2016年に旅行で同島を訪れた香港のボート職人でこぎ手でもある胡梓康さんが、環境保護を訴えてペットボトルや廃油の回収を行う地元の青年、林正文さんに感銘を受けて制作した。このボートで海を渡るプロジェクトを立ち上げ、インターネットを通じて資金を募るクラウドファンディングも実施して林さんの活動を支援し続けている。

約1年半かけて、22人乗りのボートを完成させた胡さん。有志を募って昨年5月13日に台東県最南端の達仁郷の海辺から蘭嶼を目指したが、波が高くて失敗に終わった。それでもあきらめず、今年6月9日に再挑戦。今度は南部・屏東県南東の興海漁港から黒潮に乗る形で蘭嶼に向かったものの、到着間近で転覆し、ボートは黒潮とともに北に流されてしまったという。胡さんは、漂流ごみにならなくて良かったと胸をなでおろしている。

海巡署によると、受け渡しの方法については日本側が決定し、外交ルートを通じて協議される予定だという。
 

コメント

台湾のバス大手、東京で日本企業との合弁事業を紹介 MaaS導入に意欲

2019年07月21日 | 臺灣のバス
  
 
WILLERとの合弁事業について紹介する国光汽車客運の呉定発副董事長(右)
  


(東京 20日 中央社)台湾の高速バス大手、国光汽車客運(台北市)の呉定発副董事長(副会長)が19日、東京都内で行われた次世代移動サービス「MaaS(マース)」のイベントで、日本の高速バス大手、WILLER(ウィラー、大阪市)との合弁事業について紹介し、できるだけ早期にMaaSを台湾に導入し、日台の旅客にサービスを提供したいと意欲を示した。

MaaSは「Mobility as a Service」の略で、移動をサービス化する新しい概念を指す。MaaSの現況と発展を探究する同イベントには日本から観光庁の田端浩長官、三重県の鈴木英敬知事ら、台湾から台北駐日経済文化代表処(大使館に相当)の蔡明耀副代表らが出席した。

ウィラーの村瀨茂高社長は、「移動産業」は100年に1度の変革期を迎えていると強調。MaaSの推進には海外で経験を吸収し、提携を模索することが不可欠との考えから、2017年に台湾に合弁会社を設立したと説明した。ウィラーのプレスリリースによれば、国光の高速バスなどを活用した新しい台湾旅行スタイルの提供を目指すとしている。

呉氏は、自身が董事長を務める国光の関係企業、成運汽車製造(屏東県)がMaaSの推進を念頭に開発した3タイプのバスも紹介。このうち全長約12メートルの大型バスは量産体制に入っており、年末に営業路線に投入される。同7.2メートルの中型バスと同3メートルの小型バスはいずれも来年第1四半期にロット生産が始まる見通しだという。
 

コメント

台湾のベンチャー企業、自販機の電子決済技術開発 日米の飲料大手が注目

2019年07月21日 | 台湾ニュース
 
黄建堯さん




(台北 20日 中央社)モバイル決済が進む台湾。だが、自動販売機ではこのような時代の潮流には乗っておらず、加えて機体の老朽化やメンテナンス不備などでお金を入れても商品が出てこなかったりする。この悩みを解決しようと、自販機業界歴10年以上のベテランである黄建堯さんが仲間と自販機のQRコード決済に対応可能なモジュールを開発し日米の飲料大手から注目を集めている。

このモジュールはモデム、アンテナおよび自販機に貼り付けるQRコードからできている。これを取り付けることで従来の機種でもたやすくモバイル決済を導入できるという。同モジュールを通した全ての消費記録は業者側に送られるため、利用者の購買習慣や商品の売上状況を把握できるほか、タイムリーな商品補充や調整が可能になる。

自販機業者から好評を得るだろうとの思いで、今年1月に米ラスベガスで行われた消費者向け電子製品の展示会「CES2019」に出展したところ、サントリーやペプシコーラなど国際的に知られる飲料ブランドから打診を受けた。予想外の展開に驚きながらも、台湾のベンチャー企業の実力は侮れないものだと黄さんは胸を張る。

黄さんらが開発した同技術は現在すでに、ベンチャー企業に資金援助を行うエンゼル投資家の協力を得ており、フィリピンやシンガポールへの市場参入も果たしている。
   

コメント

「2階の窓開かず」救出された社員、父に語る 京アニ火災現場

2019年07月21日 | 京都のニュース
 
「京都アニメーション」第1スタジオの近くで、犠牲者を悼み涙ぐむ男性
 



京都市伏見区の「京都アニメーション」第1スタジオの放火殺人事件で、現場付近では20日午前、事件後初の土曜ということもあり、大勢のアニメファンらが献花に訪れた。救助された従業員の家族も現場を訪れ、息子から聞き取ったという出火当時の様子を語った。

 2階窓から救助された男性従業員の父親(75)は、助けてくれた近隣住民などに礼を言いたくて現場を訪れたという。

 父親によると、男性はやけどと一酸化炭素中毒のため病院で治療中。喉の痛みがひどく、長時間は話せない状態だが、両親に少しずつ当時の状況を話しているという。

 2階の窓から逃げようとしたが、窓が開かず近くにいた同僚と一緒に窓を破った。2階からは、はしごを掛けた近隣住民によって助け出された。「本当に感謝している」と話しているという。

 めいが巻き込まれた可能性があるという男性(72)=大阪府高槻市=も現場に足を運んだ。「弟から『娘から連絡がつかない』と聞いた。まだ入社1年目で活発な女の子だったのに…」とこわばった表情で話した。

 事件当日は近所の人たちも救助活動を行った。

 3階建てのスタジオの窓は割れ、炎が上がる中、「キャー」という女性の叫び声が響いた。避難者の中には火が衣服に燃え移ったままの人や、頭から血を流している人もいる。消防の救護所が設置されて負傷者が次々と搬送されたほか、近くの公園にも数人が避難。住民たちは負傷者の体を氷で冷やしたり、うちわであおいだりしていた。近隣の女性(54)は「全身にやけどを負って逃げていく人がいた。近くの人が水をかけてあげていた」と表情を曇らせた。

 近くで工事をしていた男性たちは、男女計4人を救助した。男性たちの話では、「助けて」と1階トイレから女性3人が叫んでいたので、窓の鉄格子を外し、1人ずつ中から引っ張り出した。2階のひさし部分には、若い男性が壁にへばりついて助けを待っていた。はしごでは高さが足りず、雨どいを伝って降りてきたところを下で受け止めた。助け出された男性は「まだ中に40~50人はいる」と話した、という。

【京都新聞】
 

コメント

らせん階段や設備も熱で変形 京アニ火災の建物内明らかに

2019年07月21日 | 京都のニュース
 
黒く焦げた京都アニメーションの建物内




 「京都アニメーション」第1スタジオの放火殺人事件の現場付近(京都市伏見区)では、19日朝から国内外のアニメファンが次々と訪れ、花束を手向けて犠牲者を悼んだ。現場検証も始まり、火災では平成以降で最悪の死傷者数となった大惨事の原因究明が本格化した。また「京都アニメーション」第1スタジオの建物内の様子が20日午後、明らかになった。高熱のためか引き出しやらせん階段の金属部分が変形し、壁も黒く焦げていた。

 同社は京都や滋賀など、地元を舞台とした優れた作品を多数発表し、アニメクリエーターたちの待遇改善や育成にも積極的な会社として知られていた。ファンは世界に広がり、献花の山の中には外国語で書かれた寄せ書きもあった。

 中国からの留学生男性(19)=大阪市=は「本国の友人にメッセージを置いてきてほしいと頼まれて来た。とても残念で気が重い。頑張って京アニ」と号泣した。京都市下京区の会社員男性(26)は「ショックで有給休暇を取って現場に来た。京アニには元気などいろんな物をもらえた。本当に何も考えられない」と肩を落とした。

 現場周辺には20日夕方まで規制線が張られた。周囲には焦げ臭いにおいが残る。建物の壁は黒焦げで、焼け落ちた室内はすすで真っ黒だった。警察と消防の計数十人が現場検証に当たり、激しく燃えた箇所などを調べた。消防庁の職員5人も調査のため現場入りした。

 宇治市木幡の同社本社前では、社員の父親という男性が社屋から現れ「息子と連絡が取れていない」と話し、足早に立ち去った。同社で働く友人の安否を確認するため宮崎県から本社を訪れた会社員男性(33)は「友達は動画担当で『響け!ユーフォニアム』が初めての仕事だったと聞いた。努力して京アニに入り、『周りはすごい人ばかりで気おされるけど頑張っている』と話していた。無事を祈っている」と沈痛な表情で語った。

【京都新聞】
 

コメント

2人組の男がスプレー、12万円奪われる 経営者が車で強盗被害 滋賀県

2019年07月21日 | 国内のニュース
 


20日午前4時40分ごろ、滋賀県長浜市野村町の空き地で「2人組の男にスプレーを吹き掛けられ手提げ金庫を奪われた」と同市の飲食店経営の男性(65)から110番があった。男たちは逃走し、男性にけがはなかった。金庫には店の売上金12万円が入っていたといい、県警長浜署が強盗事件として捜査している。

 同署によると、男性は仕事を終え帰宅途中で、空き地に止めた乗用車から降りたところだった。男たちは黒っぽい服装で、車の窓ガラスを割って後部座席にあった金庫を奪ったという。

【京都新聞】
 

コメント

巡査部長が同僚女性の尻を複数回触り懲戒 飲酒し「出来心で…」

2019年07月21日 | 京都のニュース
 
滋賀県警察本部



同僚女性の尻を複数回触るなどわいせつ行為をしたとして、滋賀県警の30代男性巡査部長が減給100分の10(6カ月)の懲戒処分を受けていたことが19日、県警監察官室への取材で分かった。処分は6月27日付。巡査部長は同日、依願退職した。

 同室によると、巡査部長は6月8日午前2時ごろ、草津市の路上やコンビニで後輩の女性職員の尻などを触った。2人は職場の懇親会などで4時間ほど飲酒しており、他の同僚3人とともに帰宅途中だった。巡査部長は1度尻を触った後、女性職員に「やめて」などととがめられたが、再び触った。翌9日に女性職員が上司に相談して発覚したという。

 県警の調査に対し、巡査部長は「出来心で被害職員の心を傷つけ、心より反省している」などと話したという。

 堀池悟監察官室長は「誠に遺憾で、職務倫理教養を徹底し、再発防止に努めます」などとコメントした。

 県警では今年に入り、1月に30代男性巡査長が懇親旅行先で女性に抱きついたとして強制わいせつ容疑で逮捕され停職の懲戒処分を受けたほか、3月に知人女性に無理やりキスした30代男性巡査長が減給となった。

【京都新聞】
 

コメント

自転車で歩行者に衝突、死亡させた警官戒告 バスに気を取られ

2019年07月21日 | 京都のニュース
 
滋賀県警高島署



大津市の琵琶湖大橋を昨年9月に自転車で走行中、歩行者に衝突して死亡させた滋賀県警高島署の男性巡査長(28)について、県警が戒告の懲戒処分にしていたことが19日、県警監察官室への取材で分かった。

 男性巡査長は、重過失致死罪で略式起訴され、罰金70万円の略式命令を受けていた。起訴状では、男性巡査は昨年9月23日午後7時53分ごろ、同市今堅田3丁目の歩道で、遠くのバスに気を取られながら時速約23キロで漫然と自転車を運転し、歩いてきた同市の会社員男性=当時(53)=に衝突して死亡させた、としている。

【京都新聞】
 

コメント

臺鐵 臺中車站 20号倉庫芸術特区

2019年07月21日 | 臺 中
臺鐵 臺中車站 20号倉庫芸術特区



 
この倉庫群は日本統治時代の1930年代に建設されました。台鉄台中駅後方に位置する「20号倉庫芸術特区」は、台鉄が振った番号、20号から26号までの七棟が連なった貨物倉庫でしたが、鉄道に新しい息吹を吹き込もうと、倉庫を芸術の殿堂にリノベーションしたのです。

「20号倉庫芸術特区」は応接、展示、マルチなアートイベント、事務、休息に用いられ、メイン展示場ではさまざまな展示が定期的に行われています。


住所: 台中市東区復興路四段37巷6-1号
TEL:886-4-22209972
時間:AM09:30~PM18:00









コメント

ヘロイン68包を体内に隠して密輸しようとした女を逮捕(台湾)

2019年07月21日 | 台湾ニュース



台湾・高雄市警察局が、体内に違法薬物のヘロインを隠し密輸しようとした女を逮捕したことを発表した。女の体内からは小分けされたヘロインが68包、計451グラムが見つかったという。『三立新聞網』『自由時報』『鏡週刊Mirror Media』などが伝えた。

検察と警察によれば、高雄市警察局小港分局が6月末時点で体内に薬物を隠して密輸が行われるという情報を掴み、高雄地検署が指揮を執り捜査を進めていたとのこと。捜査の結果、容疑者の女がタイから高雄に入国することが分かり、今月2日に空港に張り込んでいた警察官が到着ロビーに現れたこの女を取り押さえた。

病院でX線検査をしたところ、女の体内には球状の物体がぎっしりと詰められていたという。ヘロインは5~7グラムずつ小分けしてラップに包んだ後、指サックに入れてあった。女はこれらを飲み込んだり、肛門から挿入して体内に隠し持ち、密輸を試みたもよう。なお警察は、女が連絡を取っていた台湾人4人も共犯の疑いで逮捕している。

また女の逮捕後、タイ警察と連携しバンコクで80キロのヘロインと15キロのアンフェタミンを押収し、中国国籍とミャンマー国籍の売人3人を逮捕したということだ。同集団は特注した薬品容器やスポーツシューズに違法薬物を入れて密輸を企んでいた。

Techinsight

  

コメント

「たまこまーけっと」舞台の商店街 交流ノートに応援 京都

2019年07月21日 | 京都のニュース






京都市上京区の「出町桝形商店街」





京都アニメーションが制作したアニメ「たまこまーけっと」の舞台となった京都市上京区の「出町桝形商店街」では、鮮魚店の店頭にファンの交流ノートが置かれ、事件のあと、数多くのファンが思いを書き記しています。

商店街によりますと、交流ノートはアニメが放送された平成25年1月に置かれ、それ以降、ファンどうしやファンと商店街をつなぐ役割を担ってきたということです。

今回の事件のあとも、たくさんのファンが訪れ、ノートには「応援します」や「再興を祈ります」など、30件余りのメッセージが書き込まれています。

鮮魚店の店主の井上淳さん(73)は「火事があってからきょうまでに、ふだんの10倍以上の人が訪れて『京アニ』への思いを書き残しています。どれだけ愛されていたのか、改めて分かりました」と話していました。

商店街の鋸屋愼三理事長は「たくさんの犠牲者が出たことに驚くとともに、ショックを受けました。私たちには、何か特別なことができるほどの力はありませんが、京都アニメーションの意向に沿った形で支援できたらと思います」と話していました。

NHK
  

コメント

アニメ会社放火 「けがするか 死ぬかの選択」避難男性が証言

2019年07月21日 | 京都のニュース



今回の事件で現場のスタジオの中にいて、出火後に避難した男性社員が、NHKの取材に応じ、当時の状況を証言しました。

男性は、アニメーションの風景や背景を制作する担当で、当時は建物の2階で作業していました。

男性によりますと、1階で誰かが言い争うような声がしたあと、女性の悲鳴が聞こえ、突然「ドーン」という大きな爆発音がしたということです。

2階に上がってきた男性社員が「火事だ」と叫び、近くにいた女性社員が非常ベルを押しましたが、まもなく、らせん階段からきのこ雲のような煙が上がって来たといいます。

煙は墨汁のような黒さで、あっという間に近くにあるものも見えなくなり、呼吸が苦しくなったということです。

男性がほかの社員とともに2階にあるベランダに避難すると、後ろから熱風が吹きつけ、あちこちから「助けて」という声が聞こえたといいます。

ベランダにいると「大丈夫だ。飛び降りろ」という声が聞こえたため、ほかの社員とともに1階に飛び降り、着地した際に腕にけがをしましたが、消防に救助され病院に搬送されたということです。

男性は、「現場では『助けてください』と叫ぶ声がたくさん聞こえた。2階から飛び降りてけがをするか、死ぬかの選択だったが、その時、飛び降りることができなかった社員もいた」と話していました。

また、職場の京都アニメーションについては「クリエーティブな仕事ができる職場で、社員やスタッフは家族のような存在だった。現場にいた同僚の多くが安否が分からない状態で、心の整理がつきません」と話しました。

そのうえで、青葉真司容疑者(41)については「悔しいという気持ちがないと言ったらうそになるが、今後、回復して法の下で罰せられてほしい。そして、なぜこんなことをしたのか、本当のことを語ってほしい」と話していました。
 
NHK
 

コメント