DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

京アニ火災、百人体勢の捜査本部設置 京都府警、放火殺人と断定

2019年07月19日 | 京都のニュース

火災から一夜明け現場検証に入る消防隊員や京都府警の捜査員ら




京都市伏見区桃山町因幡のアニメ製作会社「京都アニメーション」の第1スタジオから出火し、従業員ら男女33人が死亡、35人が重軽傷を負った火災で、京都府警捜査1課と伏見署は19日、放火殺人と断定し、府警察学校(京都市伏見区)に100人体勢の捜査本部を設置した。

 府警によると、死亡した33人のうち、28人の死因は一酸化炭素中毒とみられる。残る5人は焼損が激しいことから、司法解剖して死因を特定する。やけどを負うなどした重軽傷者35人のうち4人は重篤な症状という。火を付けたとみられる男(41)も重いやけどを負い、病院で治療を受けている。府警は、男の回復を待って事情を聴く方針。

(京都新聞)
 

コメント

八田社長 事件への憤り語る 京都アニメーション

2019年07月19日 | 京都のニュース



京都アニメーションの八田英明社長は、19日、改めて宇治市の本社近くで報道陣の取材に応えました。
この中で、八田社長は「長年、一緒に仕事をしてきた人たちがいなくなるのは断腸の思いです」と話すとともに、「『良い作品を世界に出したい』という理念に暴力で対応されることは堪えられない」と事件への憤りを語りました。

また、事件当日の朝の現場のスタジオのセキュリティについて、「いつもとだいたい同じだが、出勤する午前9時ごろから1時間ほどの時間帯は人の出入りが多く、当日は来客の予定があったこともあり施錠していなかった」などと説明しました。

NHK
0
コメント

放火事件 容疑者の名前公表

2019年07月19日 | 京都のニュース






18日、京都市の「京都アニメーション」のスタジオが放火され、33人が死亡、35人が重軽傷を負った事件で、京都府警察本部は、放火した男は、さいたま市の青葉真司容疑者(41)だと明らかにしました。

警察は、青葉容疑者が重いやけどをして治療を受けているため、逮捕はしていませんが、「事案の重大性に鑑み容疑者の名前を公表した」と説明しています。

NHK

コメント

脱走のロデオ猿「お帰り」 京都の動物園、20日ぶり開園

2019年07月19日 | 京都のニュース



ニホンザルの「みわ」が脱走して休園していた福知山市動物園(京都府福知山市猪崎)は18日、営業を再開した。時折雨が降る天候だったが、20日ぶりの開園に家族連れらが訪れ、動物たちに餌をやるなど触れ合いを楽しんだ。

 みわは今月7日の捕獲時には、体重が減りおとなしい様子だったが徐々に回復。この日はイノシシのウリ坊と一緒にバナナやリンゴなどの朝食を食べ、おりを元気に駆け回った。来園者たちは「やっと帰ってこられたね」と声を掛けていた。

 動物たちの鳴き声が響くなど、園内は活気を取り戻しつつある。再開して1人目の来園者となった2歳男児は「餌やりを楽しみにしていた」と早速、カメにキャベツをやっていた。また、園にいる36種類から人気者を選ぶ「第1回動物総選挙」も始まり、応募用紙を手に巡る来園者の姿も見られた。

 二本松俊邦園長は「やっと再開できた。元気を取り戻したみわやほかの動物たちの姿を見に来てほしい」と話していた。

(京都新聞)

コメント

日本時代の建物を修復・再活用 台北市のプロジェクトに台湾の建築賞

2019年07月19日 | 台湾ニュース

昨年10月に開館した台湾新文化運動記念館。前身は台北北警察署




(台北 19日 中央社)台北市に残る日本統治時代の警察署と倉庫に新たな生命を吹き込んだ同市政府文化局の修復・再活用プロジェクトが、台湾建築業界の最高栄誉とされる「国家卓越建設奨」でそれぞれ賞を獲得した。同市政府文化局は、この2棟は同市の新たなランドマークになっていると紹介し、今回の受賞は文化財の保存を推進する上で非常に励みになると喜びを示した。

受賞したのは、市定古跡の「旧台北北警察署」(現・台湾新文化運動記念館)と歴史的建築物の「三井物産株式会社旧倉庫」(三井倉庫)の再生案。17日に台北市内のホテルで授賞式が行われ、環境文化部門で前者が卓越賞、後者が金質賞に輝いた。

旧台北北警察署は1933(昭和8)年に竣工。内部には水責めの拷問を行う水牢や特殊な扇形留置場、むち打ち刑を行った部屋などが残されており、同市に残る当時の建築物の中でも比較的大きな規模を誇る。修復工事では元の姿の再現を目指した。20年代に巻き起こった台湾新文化運動のムーブメントの中で、多くの台湾人エリートが民主主義の理念を訴えたり、植民統治に反発したりしてここに監禁された過去を踏まえ、4年の修復期間を経て2018年に台湾新文化運動記念館として生まれ変わった。

三井物産のシンボルマークが刻まれた三井倉庫は1913(大正2)年に建てられたとされる。台北駅西側の北門広場と周辺道路の整備計画に伴い、元の場所から約50メートル東に移築されることが2016年に決定した。完成度を高めるために元来用いられていた木材やれんがなどを可能な限り再利用し、時間をかけて丁寧に復元された。工事は18年に完了し、日本統治時代に繁栄を極めた旧市街の歴史を伝えている。

コメント

京アニ火災 台湾の蔡総統が見舞いのツイート

2019年07月19日 | 京都のニュース
 
蔡英文総統



台湾の蔡英文総統は日本時間18日深夜、「京都アニメーション」スタジオの放火火災について「外遊先で放火殺人事件の消息を知り、驚くと共に心を痛めています」と短文投稿サイト「ツイッター」に見舞いの言葉を日本語で書き込んだ。

 蔡氏は「京都アニメーションは台湾の多くの人にとって、青春の思い出でもあります」とし、犠牲者の冥福と負傷者の早期回復を祈った。

 蔡氏は外交関係のあるカリブ海諸国を歴訪中で、同日はセントルシアに滞在していた。台湾では「けいおん!」が2010年にアニメ専門チャンネルで放送されるなどしている。

産経新聞

コメント

京アニ火災「小説を盗んだから放火した」確保の男、強い殺意持つ

2019年07月19日 | 京都のニュース
 


18日午前10時半すぎ、京都市伏見区桃山町因幡の映像制作会社「京都アニメーション」の第1スタジオで、男がガソリンをまき、火を付けた。京都府警や市消防局によると、鉄筋コンクリート造り3階建て延べ約690平方メートルが全面燃焼し、消防によると、午後9時現在、建物内に取り残された男性12人、女性20人、不明1人の計33人の死亡が確認された。

36人がやけどを負うなどして救急搬送された。火を付けたとみられる男も重いやけどを負い、病院で治療を受けている。府警捜査1課と伏見署が殺人と現住建造物等放火の疑いで捜査し、男の回復を待って事情を聴く方針。火災による死傷者数が60人を超え、平成以降で最悪の大惨事となった。

 捜査関係者などによると、火を付けたとみられるのは41歳の男。男はガソリンを入れたバケツを持って1階フロアに侵入し、受付近くでいきなりガソリンをまき、「死ね」と叫びながら火を付けたという。府警が数分後、近くの路上で男の身柄を確保した際、男は手足や胸をやけどした状態だった。その際、「小説を盗んだから放火した。チャッカマン(多目的ライター)を使った」との趣旨の話をしていたという。京都アニメーションでの勤務歴はないという。

 現場では男が所持していたとみられるガソリン入りの携行缶のほか、複数の刃物などが発見された。府警は、男が強い殺意を持って第1スタジオを訪れ、ガソリンを使って放火した可能性が高いとみている。

(京都新聞)
 

コメント

日本時代の先住民制圧の歴史を伝える駐在所 花蓮県が保存へ

2019年07月19日 | 台湾ニュース
 
「華巴諾駐在所」に眠っていたロシア製の3インチ砲




(花蓮 18日 中央社)日本統治時代に開かれた横断道路「八通関越嶺道路」沿いに設置された「華巴諾駐在所」の現場を記録、保存するプロジェクトが、花蓮県政府によって進められている。同県文化局の江躍辰局長は、世界に誇る登山コースである同道路の文化をより充実させ、歴史の魅力を伝えていきたいと意気込み、地元の先住民、ブヌン族による登山産業創出の契機になることにも期待を示している。

同局によると、日本政府は20世紀初頭、同県のラクラク(拉庫拉庫)渓の流域に住むブヌン族を統治するために、同族が日常的に使用していた猟銃を没収。これが引き金となり、1915(大正4)年には不満を抱くブヌン族が日本人警官を襲撃した「カシバナ事件」や「大分事件」などの抗日活動が頻発し、双方は多数の死者を出した。

台湾総督府はこれを制圧するため、19(同8)~21(同10)年にかけて、ラクラク渓南側の山の中腹に八通関越嶺道路(東側)を建設。約83キロの沿線に計46カ所の駐在所を設けた。華巴諾駐在所は1920年に設置されたもので、宿舎があり、巡査5人と助手6人が常駐していたとされる。

同局は同駐在所の現況図や復元図、文物リストの作成、建築群の50分の1模型の制作などを民間の調査チームに依頼。6月末から7月初めまで、9日間にわたる調査が行われた。

調査では貯水池や台所設備、公共浴場、排水施設などの遺構のほか、酒の空き瓶や鍋、食器なども見つかった。このうち最も注目を集めたのが、倉庫に眠っていた3インチ砲。国立台湾博物館(台北市)の研究員、林一宏氏によれば、3インチ砲はロシアのプチロフ工場(現キーロフ工場)で1903年に製造されたもの。日露戦争で旧日本軍が獲得した戦利品で、このうち6基が先住民対策に用いられたという。

八通関越嶺道路は全長約125キロ。当初、大水窟(花蓮県と南投県の県境)を境界にして東西両側から建設が進められたため、東部・璞石閣(現・花蓮県玉里鎮)を起点とする約83キロが東側、中部・楠仔脚万(現・南投県信義郷)を起点とする約42キロが西側と呼ばれる。
 

コメント

車中で中3少女の下半身触り撮影、児童買春など容疑で男逮捕

2019年07月19日 | 京都のニュース
 
滋賀県警草津署などは18日、強制わいせつと児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで、大津市本堅田4丁目、飲食店経営の男(28)を逮捕した。

 逮捕容疑は、5月25日早朝、自らが運転する乗用車内で、中学3年の少女(14)の下半身を触るなどし、18歳未満と知りながら、その行為を携帯電話で撮影し、記録・保存した疑い。

 同署によると、2人は少女の知人の紹介で知り合い、初対面だったという。

(京都新聞)
 

コメント

和洋中の音楽紹介 京都サマーフェス、8月11日

2019年07月19日 | 京都のニュース
 







和楽器、洋楽器、中国楽器の奏者が出演し、世界の音楽めぐりをするコンサート「京都サマーフェスティバル」が8月11日、京都市左京区下鴨半木町の京都コンサートホールで開かれる。今回は中国琵琶奏者の葉衛陽(ようえいよう)さん、さくらさん親子が初登場し、華麗な演奏を聴かせる。

 関西の文化振興に取り組む一般社団法人国際芸術文化アカデミー(大阪府枚方市)の主催。コンサートは3部構成で、ピアニストの船岡陽子さんが企画・構成した。

 第1部は葉さん父子がウイグル民謡の「薔薇(ばら)」、古曲「十面埋伏(まいふく)」、モンティの「チャルダッシュ」などを弾く。

(朝日新聞)
 

コメント

「京都マラソン」ランナー募集

2019年07月19日 | 京都のニュース
 





東日本大震災などからの復興を願う恒例の「京都マラソン」は、来年は2月16日に行われます。
ランナーの募集は19日からです。

来年で9回目を迎える京都マラソンは、世界遺産の「金閣寺」や「上賀茂神社」といった名所を結ぶ、古都の風情あふれるコースが全国のランナーを引き付けています。
来年は2月16日日曜日に行われ、申し込みは、19日午前10時から始まって9月2日午後5時まで受け付けます。

募集の対象は、フルマラソン1万6000人と、ペア駅伝200組400人です。
抽せん結果は10月8日に応募者全員にメールで通知される予定です。

24歳以上のフルマラソンの参加料は、1万5000円と人手不足に伴う警備費の高騰のため今年までの大会より3000円高くなっています。

ただ、来年はすべての完走者に京友禅の柄のリボンがついたメダルが贈られるということです。
なお、申し込みはインターネットからのみとなっています。

詳しくは公式ホームページをご覧いただくか、京都マラソンエントリーセンターの電話番号0570−066ー055にお問い合わせください。

NHK
 

コメント

蔡総統、デマへの警戒呼び掛け 英紙が中国の台湾メディア統制指摘

2019年07月19日 | 台湾ニュース

外遊先のセントルシアで取材に応じた蔡英文総統(手前)



(セントルシア 18日 中央社)英経済紙フィナンシャル・タイムズは17日付の報道で、台湾の一部メディアが中国に統制されていると指摘した。蔡英文総統は現地時間17日、外遊先のカリブ海の島国セントルシアで取材に応じ、台湾社会に対し、デマに警戒するよう呼び掛けた。

同紙は、中国寄りとされる旺旺中時メディアグループ傘下のテレビ局「中天テレビ」と大手紙「中国時報」で働く匿名の記者の話として、両メディアが中国の対台湾政策を担当する国務院台湾事務弁公室から編集方針を直接指示されていることを報じた。両メディアは17日、声明を出し、「悪意をもって中傷するデマ」と報道内容を否定した。

蔡総統は「操作された、あるいは誤った情報に対して、台湾社会はとりわけ警戒してほしい」と述べ、デマや操作された情報の拡散防止に向けて政府と一緒に努力してほしいとした。

コメント

梅雨空の下、鉾町につち音響く 京都・祇園祭、後祭の山鉾建て

2019年07月19日 | 京都のニュース



祇園祭の後祭(あとまつり)巡行(24日)を前に京都市内で18日、山鉾建てが始まった。下京区新町通四条下ルの四条町大船鉾会所近くでは梅雨空の下、「手伝(てった)い方」と呼ばれる男性たちが鉾の骨組みを組み立てるつち音が響いた。

 午前7時ごろから準備を開始。収蔵庫から出して道路に置いた部材を順に取ってくいで留めた後、縄だけで固定する「縄がらみ」の手法で手際よく組み立てていった。全長約17メートルの鉾を組み立てるには20日午前までかかり、同日午後3時に曳初(ひきぞ)めをする。

 手伝い方棟梁(とうりょう)の辻勇治さん(50)は「今年は高欄の朱塗りが完成するなど毎年少しずつ成長しているのが組み立てる側の楽しみ。細部にこだわって美しさを求めたい」と話した。

 この日は南観音山でも山建てが始まり、前祭(さきまつり)を終えたばかりの山鉾町は新たな熱気に包まれた。

(京都新聞)

コメント

アニメ会社放火 死者33人に 身柄確保の男は重いやけど

2019年07月19日 | 京都のニュース





18日、京都市の「京都アニメーション」のスタジオが男に放火された事件は33人が死亡し、35人が重軽傷を負う大惨事になりました。警察は犠牲者の身元の確認を急ぐとともに消防と合同で現場を検証して火災の状況を詳しく調べることにしています。一方、放火した男は身柄を確保されましたが、みずからも重いやけどを負って治療を受けているということで、警察は男の回復を待って、放火の疑いで、詳しい経緯や動機について調べる方針です。

18日午前10時半すぎ、京都市伏見区にある「京都アニメーション」のスタジオで、1階の玄関に入ってきた男がいきなりガソリンとみられる液体をまいて火をつけ、爆発的な火災が起きました。

火はおよそ5時間後に消し止められましたが、警察によりますと出火当時、建物内にいた従業員など74人のうち逃げ遅れた33人が死亡し、35人が重軽傷を負いました。死亡した人は男性が12人、女性が20人で1人は性別が不明だということです。

見つかった場所は1階が2人、2階が11人、2階から3階にかけての階段が1人、3階以上が19人で、その多くは屋上につながる階段に折り重なるように倒れていたということです。

警察は火が1階から一気に燃え広がったため上の階にいた多くの人が犠牲になったとみて死亡した人の身元の確認を急ぐとともに、19日、消防と合同で現場を検証して詳しい状況を調べることにしています。

一方、火をつけた男は現場から逃走しましたが、100メートルほど離れた場所で身柄を確保されました。

警察によりますと顔や足などに重いやけどをして病院で治療を受けているため、18日は取り調べができなかったということです。

持っていた免許証から以前、さいたま市浦和区に住んでいた住所不定の41歳の男とみられるということです。

この男は「京都アニメーション」に勤務した経歴はなく、会社との関係はわかっていません。また建物の近くの路上でガソリンを入れる携行缶や複数の包丁、それにハンマーなどが見つかり、警察は男が持っていたものとみて調べています。

男は「死ね」などと叫びながら火をつけたということで、警察は捜査本部を設置し男の回復を待って、放火の疑いで、詳しい経緯や動機について調べる方針です。

NHK

コメント