DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

自分は「台湾人」割合、5年ぶりに上昇 56.9%=政治大調査

2019年07月11日 | 台湾ニュース

総統府前で中華民国国旗を振る市民ら




(台北 11日 中央社)政治大選挙研究センターが10日発表した最新の意識調査結果で、自身を「台湾人」だと思う人の割合は56.9%に上昇し、5年ぶりに減少に歯止めがかかった。同センターは、香港で起こった大規模デモと中国の習近平氏が台湾統一の方針を示した年初の談話が割合の上昇に影響した可能性があるとの見方を示した。

調査は台湾地区(離島の金門、馬祖を除く)に居住する20歳以上の男女を対象に実施。電話を通じて行い、自分は「台湾人」であるか、「中国人」であるか、または「両方」であるかを尋ねた。今回の調査では7380人から有効回答を得た。同センターは1992年から半年または1年おきに行われた調査結果をまとめ、統計を公表している。

統計によれば、自分を「台湾人」だと考える人の割合は1992年には17.6%だったのが、その後はほぼ右肩上がりに上昇し、2005年には初めて「両方」の割合を上回った。2014年に過去最高の60.6%に達したのをピークに4年連続で減少し、18年には54.5%にまで落ち込んでいた。一方で「両方」だと答えた人は14年に過去最低の32.5%を記録して以降、15年には上昇に転じ、18年は38.2%になった。19年は36.5%とやや減少した。

同センターの蔡佳泓主任は取材に対し、自身を「台湾人」だと思う人の割合の上昇には外的要素が大きく関係しているとし、今後どのように変化していくかは予測がつきにくいと述べた。

コメント

信金で全国初「副業解禁」金融で容認拡大、みずほも10月から

2019年07月11日 | 京都のニュース



労働人口の減少に伴う人手不足が全国的に深刻化する中、京都府北部を地盤とする京都北都信用金庫(京都府宮津市)が正職員やパート職員を含む約740人を対象に、本業と並行して異業種に就くことを認める副業制度を解禁した。信用金庫の副業解禁は全国で初めて。職員の多様性を育むとともに、人口減少が課題となっている地域の活性化や観光振興の一助となることを目指す。

 京都北都信金は就業規則は変更せず、運用基準を設けて試験的に4月1日から導入した。基準では、1週40時間の法定労働時間の範囲内▽就業日は土、日曜、祝日の午前8時~午後6時の時間帯▽週1日の法定休日を確保▽競業する企業以外であれば業種に制限は設けない―と定めた。対象は入庫3年以上の正職員と嘱託職員、パート職員で、事前の申請許可と事後の報告が必須となる。

 すでに営業係の男性職員が、5月の大型連休を活用して地元の飲食店に勤務した。業務係の女性職員からも美容関係の資格を生かした副業の申請があったという。

 金融機関の副業容認は、新生銀行(東京都)と東邦銀行(福島市)ですでに始まっていて、みずほフィナンシャルグループも今年10月の解禁を予定している。全国信用金庫協会(東京都)では現在までに副業を行っていることを把握している金庫はないという。

 京都北都信金の森屋松吉理事長は「多様な経験が金融の仕事にも生かされる。人口減が著しい府北部で、地域の産業振興につながれば」としている。

(京都新聞)
 

コメント

 イルカとずぶぬれ「気持ちいい」京都水族館が新アトラクション

2019年07月11日 | 京都のニュース

イルカから水しぶきを浴びせられ、大喜びする児童たち 



京都水族館(京都市下京区)は夏本番に向け、イルカスタジアムでずぶぬれになって遊べるアトラクションを13日から始める。イルカが激しい水しぶきを上げたり、高さ約10メートルに及ぶ巨大な水のカーテンが現れたりする演出を用意し、子どもらに本格的な水遊びを楽しんでもらう。

 今年新たに制作したウオーターアトラクション「バッシャーン‼」。イルカ3頭や盛り上げ役のパフォーマーが約15分にわたり大量の水を駆使した演出を繰り広げる。最後に屋根から幅15メートルにわたって水が巨大なカーテンのように降り注ぐ。

 10日は同志社小(左京区)の3年生約90人が招待され、プログラムを初お披露目。児童らはホースやバケツ、水鉄砲で水を浴びせられると「気持ちいい」と笑顔を見せた。最後に出現した水のカーテンに驚きの声を上げ、全員がびしょびしょになって楽しんでいた。

 9月1日まで。1日3回公演。詳しいスケジュールは同館ホームページに掲載する。入館料が必要。

(京都新聞)

コメント

危険生物「赤いクワガタ」要注意 生息域が拡大、体液でかぶれ

2019年07月11日 | 京都のニュース

7月に大津市の和邇地区で見つかったヒラズゲンセイ




触ると水ぶくれなどの症状を引き起こす昆虫「ヒラズゲンセイ」が京都や滋賀で生息域を広げている。四国など温暖な地域で見られた種だが、生息域が年々北上してきた。専門家は見つけても触らないように呼び掛けている。

 ヒラズゲンセイは、ツチハンミョウの一種で体長約2、3センチ。真っ赤な体とクワガタのような大あごが特徴で、6、7月に成虫になる。体液が有毒で、皮膚につくとかぶれや水ぶくれを引き起こすことがある。クマバチに寄生し、クマバチが好むサクラや巣を作る古い木造家屋など、多様な場所で見られるという。

 生態に詳しい大阪市立自然史博物館の初宿成彦学芸員によると、もともと近畿地方には生息していなかったが、1976年に和歌山県で発見され、京滋では2009年に京都市伏見区、12年に栗東市で確認された。

 現在の生息北限は、京都府南丹市や滋賀県近江八幡市とみられる。今月8日には、大津市北部の旧志賀町地域の住宅街で見つかった。捕まえた和邇小2年、高木春毅くん(7)=同市=は「新種の赤いクワガタかと思った。毒があるなんてびっくりした」と話していた。

 初宿学芸員は「目立つ虫なので、特に子どもが間違って触らないよう気をつけてほしい」と呼び掛けている。

(京都新聞)

コメント

ユリの花35万株が見頃 滋賀・箱館山、梅雨空に鮮やか大輪

2019年07月11日 | 京都のニュース

ユリの大輪が花開き、高島ちぢみの飾りとともに山上を彩る
(高島市今津町・びわこ箱館山ゆり園)




滋賀県高島市今津町の「びわこ箱館山ゆり園」でユリの花が見頃を迎えている。梅雨空の下、琵琶湖を眼下に鮮やかな大輪を咲かせる。

 標高約650メートルの箱館山スキー場のゲレンデ約5万平方メートルに約35万株が植えられている。一角に地元特産の高島ちぢみの生地を使った「虹のカーテン」が飾られ、ユリの花とともに山上を彩る。

 現在は早咲きの品種が満開で、オレンジや黄、赤色の花が上品な香りを来園者に運ぶ。今月中旬には遅咲きの品種が咲き始めると見られ、250万輪が順次開花する。見頃は今月末まで。

 兵庫県丹波市の調理師の女性(70)は「ユリの彩りがきれいで、風が気持ちいい」と散策を楽しんだ。

(京都新聞)

コメント

二条城の障壁画「松鷹」原画公開

2019年07月11日 | 京都のニュース

〈大広間〉四の間障壁画




京都市の世界遺産、二条城の代表的な障壁画で、歴史ファンからも人気がある「松鷹(まつたか)」の原画が公開されています。

二条城「二の丸御殿」の大広間を構成する部屋の一つ「四の間」には、狩野派を代表する絵師、狩野永徳を受け継ぐスタイルの障壁画が飾られています。

ふだん置かれているのは模写で、原画は収蔵庫にしまわれていますが、11日から城内の展示収蔵館で原画が公開されています。

このうち、およそ340年前の江戸時代に描かれた「松鷹」は、二条城を代表する障壁画で、金ぱくが貼られ、松や鷹が実物よりも大きく勇壮に描かれているのが特徴です。

作者は、永徳の孫で、二条城「大広間」の「一の間」と「二の間」の障壁画を描いた探幽だという説と、永徳の弟子の山楽だという説があります。

今回、二条城の学芸員が調べたところ、鷹の目と足の形が探幽のものと異なり、大覚寺にある山楽が描いた「松鷹」と似ていることが新たに判明したということです。

二条城の中野志保学芸員は「障壁画の作者を解明するうえで一歩前進となる非常に貴重な発見だ。多くの人に見てほしい」と話していました。

「松鷹」の展示は、9月8日まで行われています。

NHK

コメント

巡査が交通違反し逃走で懲戒処分 京都府警巡査

2019年07月11日 | 京都のニュース

八幡警察署




京都府警の八幡警察署の20代の巡査がバイクで通勤中に交通違反をして、パトカーに停車を求められましたが、そのまま逃走し、戒告の懲戒処分を受けていたことがわかりました。

戒告の懲戒処分を受けたのは、八幡警察署の20代の男性巡査です。

警察によりますと、巡査はことし4月、早朝にバイクで出勤していた際、追い抜きで中央線を越えることが禁じられている区間で対向車線にはみ出して走行したということです。

近くを走っていたパトカーが気づき、サイレンを鳴らして停止を求めましたが、巡査はそのまま逃走したということです。

巡査は、200メートルほど先の路地で転倒して、追いかけてきたパトカーにぶつかって停止し、その場で交通違反の切符を交付されたということです。

警察は「違反をしたうえで逃走することは危険で警察の信頼を失墜させる行為だ」として、11日までにこの巡査を戒告の懲戒処分にしました。

巡査は「寝坊をしてしまい間に合うために急いでいた。許されることではなく反省しています」と話しているということです。

京都府警察本部の姫野敦秀首席監察官は「あらゆる機会をとらえて指導や教育を実施し、非違事案の防止に努めます」とコメントしています。

【京都府警で不祥事相次ぐ】
京都府警では、巡査長が特殊詐欺の対策で知り合った高齢男性からおよそ1100万円をだまし取ったとして今月5日、詐欺の罪で起訴されました。
また、同じ5日の夜には、この春に採用された警察官が大麻を所持していたとして、大麻取締法違反の疑いで逮捕されるなど、警察官が重大な犯罪に関わる不祥事が相次いでいます。

NHK

コメント

福原愛夫婦の『サラテクト』CMが“全編中国語”? 日本で放送なのに

2019年07月11日 | ニュース






日本語編



アース製薬から販売されている虫よけスプレー『サラテクト』のCMが、ネット上で物議を醸している。

 問題となっているのは、元卓球選手の福原愛と、夫で卓球選手の江宏傑が出演している「サラテクト 愛ちゃん語る篇(中国語)」というCM動画。その中で2人は、始終中国語で『サラテクト』について語り合っており、画面下には2人のセリフを日本語に訳したものが表示されていた。

 同CMには『サラテクト 愛ちゃん語る篇(日本語)』も存在しており、中国語篇のセリフをすべて日本語で話している。しかし、中国語篇のCMが単体でテレビで流れるというケースもあり、ネットからは「中国語で商品説明って商品売る気ないじゃん」「最初から最後まで外国語って…誰をターゲットにしてんのか全く理解できない」「ここ日本ですよね?日本人に対してのCMじゃないという事?」という困惑の声が殺到する事態となった。

 「実は、『中国語篇』のCMをよく見ると、福原、江の口の動きが合っておらず、『日本語篇』の映像の上から中国語を被せていることが分かります。このことについてもネットからは、『わざわざ中国語に置き換える理由ある?』『無意味どころから悪影響』『口の動きとちぐはぐで余計に訳分からなくなる』という指摘も多く寄せられています」(芸能ライター)

 一方では「愛ちゃん、本当中国語上手いな」「福原愛さんの中国語の発音が可愛すぎる」など、福原の中国語を絶賛する声も寄せられているものの、先月中旬頃の放映後、ネットに寄せられる声のほとんどが、『中国語篇』に対する苦言という状態になっている。

 日本で放送されるCMである以上、全編外国語で構成されたCMは多くの人の違和感を生んでしまったようだ。

リアルライブ
 



コメント

京都市 西院小学校舎設計 三宅事務所を特定

2019年07月11日 | 鉄道関連
 
[建設通信新聞 2019-07-09]




京都市は、「京都市立西院小学校校舎整備工事設計業務委託ただし、建築及び設備基本設計・実施設計業務委託」の公募型プロポーザルで、三宅建築事務所を特定した。業務期間は2021年3月31日までで、順調なら22年度から着工する。

 業務では、体育館やプールの機能を含む新校舎を学校敷地内で建設するため、基本・実施設計(電気・機械設備含む)を行う。加えて、建設に伴い解体する南校舎、体育館、渡り廊下、区民会館の実施設計、北校舎電気設備改修工事の実施設計も行う。

 新校舎の規模はRC造4階建て延べ約5000㎡。18年度に策定した基本計画によると、校舎棟には普通教室30室を確保するほか、特別教室(理科室、図工室、多目的室、PCルーム、音楽室、家庭科室など)、管理諸室(職員室、作業室、資料室、校長室、放送室、PTA室、保健室、更衣室、倉庫、会議室、カウンセリングルーム)を配置する。屋内運動場棟にはバスケットコート2面、バレーボールコート2面、ステージ、屋上には25×12m(6コース)のプールを設ける。

 解体する施設の規模は、南校舎がRC造4階建て延べ2180㎡、体育館がRC造平屋建て720㎡、渡り廊下がS造平屋建て150㎡、区民会館が同2階建て延べ100㎡。

 建設地は右京区西院春日町3-1。

 今回のプロポーザルには三宅建築事務所のほか、コム・キューブ、内藤建築事務所、中村設計、林建築設計事務所、吉村建築事務所が参加しており、委託上限額は1億0260万円(税別)だった。

コメント

英大学の地球儀アート、騒動に決着 台湾と中国の色分けそのままに

2019年07月11日 | 台湾ニュース

LSEに設置された地球儀アート。台湾はピンク色、中国は黄色に塗られている




(ロンドン 10日 中央社)英ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)に今年3月に設置された地球儀を模した公共芸術作品に関し、学校側が台湾と中国の領土を同色に塗り直そうとしていた問題で、学校側は10日までに、色分けを現状維持とする方針を決めた。外交部(外務省)は10日、学校側の決定は台湾海峡の現状を明確に表すものだとし、好意的な見方を示した。

この作品を巡っては、地球儀上の台湾と中国の領土が異なる色で塗られ、台北が首都を示す赤い点で示されていたことから、一部の中国人留学生が学校側に対応を要求。学校側は4月、色分けを同色に変更する方針を固めた。これを受けて台湾の外交部は同校に抗議の書簡を送付。在ロンドンの台湾人学生らでつくる組織も決定取り消しを求める署名活動を行った。英国内でも学校側に批判的な声が上がっていた。作品は芸術家のマーク・ウォリンジャー氏が手掛けた。

学校側は先日、作品にわずかに手を加え、中華民国台湾を指す「REP. CHINA(Taiwan)」の文字のそばに星印を加えた。作品のそばには解説板が設置され、作品は「作者の2019年の世界に対する解釈」であり、「領土や境界線の法的地位に対するLSEの見解を示すものではない」との文言が記載された。また、異議のある一部の境界線について作者が星印を付したことも紹介された。

学校側は中央社の取材に対し、星印を加えたのを除き、国名の表記と色分けは変更されていないと説明した。
  

コメント (1)

日本時代の神社遺跡、根っこで隆起 文化財と老木、保護し共存へ

2019年07月11日 | 台湾ニュース
 
旧嘉義神社の基壇




(嘉義 10日 中央社)日本統治時代に建設された旧嘉義神社の基壇に老木の根っこが入り込み、亀裂を生じさせている。同地は嘉義市の市定古跡。市政府文化局は老木2本を別の場所に移した上で、基壇を修復する工事に8日、入った。文化財と老木、両方を保護し共存させるとの姿勢を示している。

同局によれば、嘉義神社は1915(大正4)年に一代目の社殿が完成。1943(昭和18)年までに害虫被害のため撤去され、基壇のみが残り、周囲にはハクモクレンやマンゴーの木が植えられた。これらの木は樹齢70年余りの大木となり、根が基壇の下に潜り込んでしまったのだという。地面が盛り上がっている部分もある。

同局は、文化財保護の専門家との話し合いを経て木の移植を決定。基壇の修復は約半年かかる見通し。修復工事は社殿の元の姿を復元するものではないとしており、当時の写真や解説を添えた看板などが立てられる予定だという。
 

コメント

京都・祇園祭、威勢よく神輿洗い神事 掛け声響く

2019年07月11日 | 京都のニュース

鴨川の水で神輿を清めた「神輿洗い」の神事
(10日午後8時13分、京都市・四条大橋)

 


祇園祭の神輿(みこし)を鴨川の水で清める「神輿洗い」が10日、京都市の四条大橋で行われた。法被姿の担ぎ手たちが威勢よい掛け声を響かせ、八坂神社の神職が神輿に水を振りかける姿を橋上から大勢の市民が見守った。

 神幸祭(17日)と還幸祭(24日)で八坂神社の氏子地域を練る神輿3基のうち「中御座」を清める神事。午後6時に八坂神社で神事を営み、舞殿に中御座以外の2基の神輿を据えた。本殿でともし続ける「おけら火」を長さ約6メートルの大松明(たいまつ)に移した火で四条大橋までの道を清めた後、男衆に担がれた中御座が神社を出発した。

 午後8時に神輿が四条大橋に到着すると、朝に鴨川からくみ上げた水を神職がサカキで振りかけた。水しぶきを浴びると無病息災に効くともいわれることから、子どもの健康を願い肩車で神輿のそばに近づく男衆もいた。

 この日は前祭(さきまつり)の山鉾巡行(17日)に向け京都市中心部で鉾建てが始まった。梅雨の晴れ間の下、下京区四条通烏丸交差点近くの長刀、函谷(かんこ)、月、鶏、菊水の5鉾で行われ、昔ながらの技法で土台のやぐらを組み立てるつち音が四条通や室町通に響いた。組み終わった鉾と曳山(ひきやま)の曳初(ひきぞ)めは12、13日の午後にある。

(京都新聞)
 

コメント

 町家にハードロックカフェ 京都に初出店、12日オープン

2019年07月11日 | 京都のニュース

12日に開店するハードロックカフェ京都の外観(京都市東山区)









ロックを聴きながら米国の料理を楽しむレストラン「ハードロックカフェ京都」が12日、京都市東山区新橋通大和大路東入ルに開店する。観光スポットの巽橋の近くで町家の外観を持つ店舗とし、京都には初出店となる。

 ハードロックカフェは世界75カ国に、カフェやホテルなど計200店舗以上を展開する飲食チェーン。国内では物販を含め、東京や大阪などに8店舗がある。

 店舗は祇園新橋伝統的建造物群保存地区にあり、10日に報道陣向けの内覧会があった。木造2階建ての元料亭の外観を生かして改装した。店舗面積は約260平方メートル、客席は85席。バーカウンターがある店内には、世界のミュージシャンが使用した衣装や楽器を展示。本場米国のハンバーガーをはじめ、味噌とわさびを使ったハンバーガーや京野菜のすしなど京都店だけのメニューも提供。京扇子や手ぬぐいなど、京都の老舗が作ったオリジナルグッズやTシャツなども販売する。

 営業時間は午前11時~午後11時。無休。

京都市東山区新橋通大和大路東入元吉町 67番地 
 

コメント

祇園の火災、電気配線ショートで出火の可能性 天井裏激しく燃焼

2019年07月11日 | 京都のニュース

出火元の高橋会館(手前)を調べる市消防局職員




京都市東山区花見小路通四条下ルで8日夜に老舗お茶屋など計5棟が焼けた火災で、出火元は南北に並ぶ5棟のうち真ん中の建物「高橋会館」だったことが10日、市消防局への取材で分かった。出火原因の特定には至っていないが、建物1階の天井裏が激しく燃えているといい、電気配線がショートするなどして出火した可能性もあるとみて調べている。

 市消防局によると、高橋会館は木造2階建て。日本料理店やスナックなど飲食店4店舗が入居していたが、出火当時、厨房などで火気の取り扱いはなかったという。1階天井裏のスペースには電気配線などが設置されていたとみられ、市消防局は、何らかの原因で配線に異常が生じた可能性もあるとみている。

 火災は8日午後9時15分ごろに発生した。高橋会館と隣接する老舗お茶屋「吉うた」や京料理店「美登幸」など5棟の計延べ約600平方メートルが焼けた。火は9日未明にほぼ消し止められたが、建物が崩落する危険性などがあり、市消防局が鎮火を確認できたのは10日午前7時半すぎだった。
 

コメント