DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

巡査長を逮捕へ 特殊詐欺職務悪用し高齢者から1千万円詐取か

2019年06月15日 | 京都のニュース



京都府警山科署地域課の30代の男性巡査長が警察官の職務と称して高齢男性の自宅を訪れ、現金1千万円をだまし取った疑いが強まったとして、京都府警捜査2課は15日午前、詐欺の疑いで、巡査長の事情聴取を始めた。容疑が固まり次第、逮捕する方針。事件直前、男性は金融機関で高額の現金を引き出しており、金融機関から府警に「特殊詐欺被害の可能性がある」との緊急通報が寄せられていた。巡査長は通報への対応を通じて男性の資産情報を把握した可能性がある、という。

 特殊詐欺被害の多発を受け、全国の警察は金融機関に対し、被害が疑われる取引についての情報提供を要請している。警察官が銀行窓口などに急行し、高額出金者らから事情を確認するためで、水際で被害を食い止める有効策とされてきた。今回の容疑が事実とすれば、特殊詐欺対策の在り方を根底から覆しかねない事態で、提供された情報の取り扱いに問題がなかったか検証が求められる。

 捜査関係者によると、巡査長は伏見署地域課に在籍していた昨年11月ごろ、職務と称して京都市内の70代の男性宅を訪れ、「お金を預かっておく」などとうそを言い、現金1千万円をだまし取った疑いが持たれている。巡査長は外国為替証拠金取引(FX)をしており、この取引で生じた損失の穴埋めに詐取した現金を充てた可能性がある、という。

 捜査関係者の説明では、巡査長は当時、伏見区内の交番で勤務。府警は金融機関から日常的に特殊詐欺被害が疑われる顧客についての情報提供を受けており、通報内容は交番勤務者らの間で共有される仕組みになっていた。巡査長は通報を受け、男性が多額の現金を保有していることを把握した可能性があり、府警が詳しい経緯を捜査している。

コメント

3月に別園児O157感染確認、市が公表せず 4月に1人死亡

2019年06月15日 | 京都のニュース

O157に感染し死亡した女児の通っていた長岡京市立滝ノ町保育所




京都府長岡京市滝ノ町2丁目の市立滝ノ町保育所で4月以降に園児5人が腸管出血性大腸菌O157に感染しうち1人が死亡した問題で、同保育所では3月にも別の園児1人が感染していたことが14日までに分かった。4月の感染と関連があったことは否定できず、3月の時点で速やかに公表し、注意喚起などを行うべきだったとの声も上がっている。

 市や乙訓保健所によると、同保健所は3月20日に医療機関からの連絡で同保育所の4歳男児の感染を把握。市は同日、男児の保護者から感染の連絡を受けた。男児は同19日から体調不良で休園していたが、2回の検査で陰性が確認されたため、29日に通園禁止措置が解除された。

 その後、4月18日にも5歳女児1人の感染が見つかり、5月3日までにさらに4人の感染が確認された。5歳女児は、症状が悪化し4月30日に死亡した。市はこの間、4月21日に保護者説明会、22日以降に報道発表したが、3月の感染については公表していなかった。

 公表を控えた理由について、市は「乙訓保健所との協議の上で決めた」としている。同保健所は、市とのやりとりについて、「3月に感染した男児は同月内に陰性となっていることなどから、4月の感染と直接の関連性は低い、と同市に伝えた」としている。

 一方、同保健所がこのほどまとめた報告書によると、3~5月に感染が確認された計6人から検出された菌の遺伝子型はすべて同一だった。園内で感染の広がりの可能性を示唆する結果だったが、4月の感染と発症の間隔が3週間以上空いていることなどから「感染源および感染経路の特定には至らなかった」と結論づけている。

 乙訓保健所が当初、3月と4月の感染の関連性が低いと判断したことについて、感染症の専門家は「同じ保育所で感染が発生しており、関連の可能性は考えられた。3月の感染を速やかに公表し、園児や保護者に注意喚起を行うなどの対策もあり得ただろう」と話している。

 6月14日に開かれた市議会6月定例会でも、一連の対応について問う一般質問があった。中小路健吾市長は「今回の事案を教訓とするため、振り返りの検証作業を行っている。その内容を踏まえ、健康や衛生の管理を一層徹底したい」と答弁した。

コメント

農業に甚大な被害をもたらす害虫、中国から飛来 台湾全域で39匹を確認

2019年06月15日 | 台湾ニュース

苗栗県の牧場で見つかった害虫のツマジロクサヨトウ




(台北 15日 中央社)トウモロコシやイネなどを食い荒らす外来種の害虫、ツマジロクサヨトウが台湾で発見されたのを受けて調査を進めていた農業委員会は14日、同日朝までに台湾本島各地や離島・金門で39匹が確認されたと発表した。

陳駿季副主任委員によると、南西の気流に伴って中国から飛来したとみられ、南部・高雄、屏東、中部・南投、太平洋側の離島、蘭嶼と緑島を除く台湾全域で幼虫や成虫が見つかった。

陳氏は、今後1週間余りの期間に駆除しなければ台湾で繁殖してしまうと警鐘を鳴らした上で、迅速な対応で農業被害を最低限に抑えるのが先決だと強調。農業従事者に対し、こまめに田畑を巡回して見つけ次第すぐに通報するほか、確認されたら即刻焼却・埋却処分するよう呼び掛けている。陳氏によると、これまでに200例の通報があり、鑑定を急いでいる。

ツマジロクサヨトウは米州の熱帯地域などを原産とする昆虫。2016年にアフリカで猛威を振るい、その後アジアに拡散。中国では今年1月に雲南省で見つかって以来、被害が拡大しつつある。台湾では8日、北部・苗栗県で幼虫が見つかった。

コメント

モーニング娘。'19、3年ぶりに台湾でイベント 名物グルメを満喫

2019年06月15日 | 台湾ニュース

台北で9日に行われたファンミーティングで、
台湾の名物グルメを頬張るモーニング娘。'19のメンバー




(台北 10日 中央社)女性アイドルグループ、モーニング娘。'19が9日、台北市内でファンミーティングを開催した。台湾でグループ全員でステージに立つのは、2016年10月の単独コンサート以来約3年ぶり。12日発売のシングル収録曲「人生Blues」「青春Night」の新曲2曲を含む計5曲を披露したほか、質問コーナーやくじ引きなどでファンと交流し、詰め掛けた約600人の観客を沸かせた。

この日は端午節(端午の節句、今年は6月7日)の連休中だったことから、ステージでは端午節に欠かせないちまきのほか、名物のショーロンポー(小籠包)、お祝いの際に食べる寿桃(桃まんじゅう)がサプライズで用意された。当日午後に台湾に到着してからずっと会場にいたというメンバーは、突然出てきたグルメに興奮した様子で次々に料理を頬張り、「おいしい」と口々に語っていた。

アンコールでは、16年の台湾公演でファンから合唱をプレゼントされた楽曲「友」をお返しとして披露。リーダーの譜久村聖は「お返しがしたいとずっと思っていた」と明かし、「また台湾でコンサートができるように頑張りますね」とファンに誓った。

コメント

巡査長 1200万円を「預かっておく」 高齢者から詐取か 京都

2019年06月15日 | 京都のニュース

山科警察署




京都府警察本部の30代の巡査長が勤務中に知り合った1人暮らしの70代の男性から現金およそ1200万円をだまし取った疑いがあることが捜査関係者への取材で分かりました。警察は巡査長に任意で事情を聴いていて、詳しい状況を調べています。

捜査関係者によりますと京都市の山科警察署の30代の巡査長は、京都市伏見区内の交番に勤務していた去年11月、1人暮らしの70代の男性が多額の現金を引き出そうとしているという金融機関からの通報を受け、現場で対応に当たりました。

この際、男性が多額の現金を持っていることを知ったとみられ、その後、警察官の立場を利用して信用させ、「預かっておく」などと言って現金およそ1200万円をだましとった疑いがあるということです。

京都府警察本部ではことし4月になって、男性から相談があったことから捜査を進めていました。そして15日午前から巡査長に任意で事情を聴いていて詳しい状況を調べています。

コメント

京都市交通局、「若手職員増客チーム」活動報告会と委嘱式を開催

2019年06月15日 | 鉄道関連

2018年の8期報告会の様子




京都市交通局は2019年7月11日(木)、第9期「若手職員増客チーム」活動報告会を開催します。同局は「京都市地下鉄・市バスお客様1日80万人推進本部」を設け、1日80万人の利用目標に向けて取組を推進しており、その一環として若手ならではのアイデアで増客に向けた取組を立案・実践するチームが設置されています。

今回の活動報告会では、2018年6月から2019年5月までの間、「若手職員増客チーム」を務めた第9期メンバー21名が成果を報告し、市長に活動報告書を提出します。

また、報告会に先立ち、6月12日(水)には、2019年6月から2020年5月までが任期の第10期「若手職員増客チーム」の委嘱式が行われ、各局区から19人のメンバーが集まり、委嘱状の交付を受けました。

コメント

Hey! Say! JUMP、4人が台湾訪問 10月の台北アリーナ公演を発表 

2019年06月15日 | 京都のニュース

14日に台北市内で開かれた記者会見に出席する「Hey! Say! JUMP」のメンバー。
台湾の人気女性タレント、マチルダ・タオ(陶晶瑩、右)が司会を務めた

 


(台北 14日 中央社)男性アイドルグループ、Hey! Say! JUMPのメンバー4人が14日、台北市内で記者会見を開き、10月に台湾公演を開催すると発表した。台湾でコンサートを開くのは2012年以来7年ぶりで2度目。4人は中国語で「期待していてください。頑張ります」とファンに誓った。

この日記者会見に出席したのは、山田涼介、知念侑李、中島裕翔、薮宏太の4人。メンバーは約2週間前から中国語を練習し、台湾に向かう飛行機の機内でも練習に励んでいたといい、それぞれ中国語や台湾語であいさつを披露した。

会見では黒糖タピオカミルクが4人に振る舞われた。4人は口々に中国語で「おいしい」と語り、本場の味を称賛していた。

台湾公演は10月5日、6日に台北市の台北アリーナで開かれる。チケットは7月28日に台湾のチケット販売サイトで発売される。

コメント

台湾初のLGBT映像サイト、インドに進出 多様性伝える

2019年06月15日 | 台湾ニュース

インド・ムンバイで12日に開かれた「カシシュ・ムンバイ国際クィア映画祭」の
開幕式に出席するGagaOOLala創設者の林志杰氏(右) 




(台北 14日 中央社)LGBTQ(性的少数者)を対象にした台湾初の映像配信サイト「GagaOOLala」が、インドでサービスを今月開始したのを皮切りに南アジアに進出する。同サイトの運営元は、同性愛に対して保守的な国々が人権と多様性を重視するよう、間接的に影響を与えたいとしている。

運営元によると、2017年に開設されたGagaOOLalaはすでに13カ国・地域で同性愛に関する映像作品を1000本以上配信している。インドでは第1弾として、評価が高い各国の同性愛映画を厳選。「バオバオ フツウの家族」(親愛的卵男日記)や「偽婚男女」など台湾の作品も多く揃えた。インド・ムンバイで12日に開幕したLGBTQ映画の祭典「カシシュ・ムンバイ国際クィア映画祭」と手を組み、インドの良質な短編作品も提供するという。

GagaOOLalaの創設者、林志杰氏は12日、同映画祭の開幕式に出席。インドの最高裁判所が昨年、同性愛を容認する判決を下したことに触れた上で、台湾は今年、アジアで初めて同性婚を合法化する特別法が成立した国だと紹介。「インドの人々と一緒に人権の発展を祝おう」と呼び掛けた。

同サイトは東南アジアを中心にサービスを展開しており、日本ではサービスを提供していない。

コメント

台北101、屋上展望台を初めて一般開放 アジア最高

2019年06月15日 | 台湾ニュース

一般開放が始まった台北101の屋上展望台


 


(台北 14日 中央社)台北市のランドマーク、台北101は14日から、101階より上にある屋上に新たに設けたアジアで最も高い屋外展望台の一般開放を始めた。これまで見学可能な展望台は89階と91階だけだった。張振亜総経理(社長)は13日の記者会見で来場者数が5%増加する見通しを示し、台北101ならではの資源を生かすことでより多くの人に同ビルへの理解を深めてもらいたいと意気込んだ。

劉家豪・ビル営業処COO(最高執行責任者)によると、101階からさらに階段を上がる屋上部分が公開されるのは2004年の開業以来初めて。101階には室内展望台があり、クリントン元米大統領や俳優のウィル・スミス氏など特別ゲストを招待したことはあるものの、存在はあまり知られていなかった。

屋上への入り口となるのは89階の展望台。ここからエレベーターを途中で乗り換えて101階に行き、最後は階段を上る。見学者は外に出る前に安全装備を装着し、展望台の欄干に安全ベルトを繋げた状態で順番に見学する決まりで、勝手に動くことはできない。ガイドの案内で展望台を一巡りした後、記念撮影をする。所要時間は約40分で、料金は1人当たり3000台湾元(約1万円)。台北101によると、6月末までに申し込めば1割引きになる。1日3回実施され、1回当たりの定員は12人。
台湾の現地ツアー販売サイトを通じて予約を受け付けている。

コメント

 台湾、東京五輪出場男女各3枠獲得 アーチェリー世界選手権

2019年06月15日 | 台湾ニュース

オランダのスヘルトーヘンボスで開催中のアーチェリーの
世界選手権で笑顔を見せる台湾代表チーム



(台北 14日 中央社)アーチェリーの世界選手権は13日、オランダのスヘルトーヘンボスで行われ、台湾女子はリカーブ団体、コンパウンド団体ともに決勝進出を決めた。男子リカーブ団体では台湾は準々決勝でインドに0-6で敗れた。2020年東京五輪の出場権が懸かった同大会で台湾はリカーブ団体で男女ともに8強入りしたため、出場枠を男女ともに最大の3枠ずつ獲得した。

この日、女子リカーブ団体の準決勝で台湾は中国と対戦。5-1で勝った。女子コンパウンド団体の準決勝ではトルコと戦い、225-222で勝利した。

決勝は、女子リカーブ団体が16日、女子コンパウンド団体は15日に行われ、台湾はそれぞれ韓国、米国を相手に金メダルを争う。

コメント

台湾を政治の切り札には「させない」=蔡英文総統

2019年06月15日 | 台湾ニュース

13日午後、総統府で談話を発表する蔡英文総統




(台北 14日 中央社)蔡英文総統は13日午後、総統府で談話を発表し、香港の大規模デモに言及した。蔡総統は、デモは台湾人に「一国二制度」が実施不可能であることを痛感させたとした上で、台湾を政治の切り札にすることは「蔡英文がいる限りさせない」と強調した。

香港では中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案に反対する人々が9日に大規模デモを実施。関連の抗議活動が続き、12日には一部のデモ隊と警察が衝突した。これを受け、台湾で学ぶ香港人留学生の代表9人が13日午前に総統府を訪れ、台湾に支援を求める陳情書を提出。陳菊秘書長(官房長官に相当)に要望を伝えた。

蔡総統は、香港警察が催涙ガスやゴム弾を市民に発射したことに驚かされ、見るに忍びなかったとして同情の気持ちを示した。その上で、香港の条例改正案には人権侵害の懸念があるとし、人々の訴えを真剣に受け止め、意思疎通を図ってほしいと香港政府に呼び掛けた。香港の人々に対しては、抗議活動の中で民主主義と言論の自由を維持できるよう、台湾は最大の力を尽くすと約束した。

コメント

ほんのりピンク、水源の森でササユリ見頃 滋賀・長浜

2019年06月15日 | 京都のニュース

大ぶりの花を咲かせるササユリ
(滋賀県長浜市西浅井町、奥びわ湖・山門水源の森)




滋賀県長浜市西浅井町の「奥びわ湖・山門水源の森」でササユリが見頃を迎えた。ほんのりピンクがかった大ぶりの白い花が散策路沿いに咲き、ハイカーの目を楽しませている。

 ユリ科の多年草で、初夏に直径10センチほどの花を咲かせる。かつては各地の里山で見られたが、山に人の手が入らなくなり、減少している。水源の森では、保全活動を行う「山門水源の森を次の世代に引き継ぐ会」が2003年、復活に向けて草刈りなどを始めたが、シカの食害が進んだため、08年からは金網やネットで囲って保護している。

 ササユリは順調に数を増やし、湿原南西のヒノキ林の斜面(標高285メートル)には約200株が群生し、甘い香りを漂わせている。同会によると今週末に開花のピークを迎えるという

コメント

「死体埋める」と消臭砂購入、ホームセンター通報 向日女性遺棄

2019年06月15日 | 京都のニュース

遺体を隠していたとみられる業務用冷蔵庫を運び出す捜査員ら




京都府向日市上植野町薮ノ下のアパート「寿荘」の駐車場で11日に粘着テープで巻かれた女性の遺体が見つかり、住人の男(55)と向日市役所職員の男(29)が死体遺棄容疑で逮捕された事件で、両容疑者が今月上旬、京都市西京区内のホームセンターを訪れ、ペット用の消臭砂などを購入しようとしていたことが14日、捜査関係者への取材で分かった。府警は、この時点で女性は死亡し、2人が遺体の遺棄を計画していた可能性が高いとみている。

 捜査関係者によると、両容疑者は2日ごろ、ホームセンターを訪れ、住人の男が店員に「死体を埋める」と言って、大量の消臭砂などを買い求めたという。不審に思った店員が通報し、西京署員が店に駆け付ける騒ぎとなったが、住人の男は署員に「ネコの死体だ」と説明したという。

 捜査関係者の説明では、遺体は住人の男と同居していた40代の女性とみられる。最終生存確認は5月下旬ごろで、男は「殴って死なせた」などと供述しているという。女性の全身に殴られたような痕が複数あったが、腐敗が進んでおり、死因の特定には至っていない。

 事件を巡っては、11日午前11時ごろ、近隣住民から「アパート2階の部屋で異臭がする」と110番があり、駆け付けた向日町署員がアパート駐車場で女性の遺体を見つけた。府警は12日未明、死体遺棄の疑いで、遺体の近くにいた両容疑者を逮捕した。

 遺体は市役所職員が5日から借りているアパート2階の部屋で、業務用の大型冷蔵庫に入れて隠されていたが、異臭などで発覚するのを恐れた両容疑者が市役所職員名義の車で運び出そうとしたとみられる。市役所職員は住人の男の言動におびえていたといい、府警は、住人の男が従属的な立場の市役所職員に指示し、遺棄を手伝わせた可能性があるとみて調べている。

コメント

祇園祭山鉾、和紙や西陣織で再現 京都・長岡京で展示

2019年06月15日 | 京都のニュース

和紙や西陣織の金襴を使って制作された祇園祭の山鉾のミニチュア



京都の夏の風物詩、祇園祭の山鉾を和紙や西陣織で再現したミニチュアが、京都府長岡京市神足2丁目の神足ふれあい町家に展示されており、会場のギャラリーを色鮮やかに彩っている。

 駒形提灯や木組みの段階の長刀鉾を含めた全20点。長岡京市の化粧紙箱製造会社「ボックスヒシダ」が約20年前、祇園祭の地元から出展依頼を受けたのをきっかけに制作を始めた。

 長刀鉾のように鉾の先が高く伸びている作品で高さは約65センチ。和紙を貼り付けた厚紙や、西陣織の金襴(きんらん)、木材を使って職人が1基ずつ手作りした。「動く美術館」とも称される豪華な飾りを緻密に再現しており、ボックスヒシダは「手間暇かけて作った職人の技を見てほしい」としている。

 30日まで。各作品は希望者に販売もしている。

コメント

斬新!VR技術使い書を公開制作 京都の白沙村荘で15日催し

2019年06月15日 | 京都のニュース

ゲーム会社のスタジオで練習を重ねる上田さん




仮想現実(VR)技術を使い立体的な書を披露する書家の公開制作が15日午後4時から、京都市左京区今出川通白川東入ルの白沙村荘橋本関雪記念館で行われる。当日は、日本画家で書も得意とした橋本関雪(1883~1945年)の漢詩をVR書道で書き上げる。

 書家は上田晋(ひろし)さん(44)=中京区。上田さんは幼少期から書道に取り組み、中国留学を経て京都を拠点に活動する。四国大(徳島県)の非常勤講師を務める傍ら、国内外で他分野の芸術家とのコラボ作品制作にも取り組む。

 VR書道は、高さ2メートルほどのセンサーを対角線上に設置したエリア内で行う。VRゴーグルを顔に着けた上田さんが、筆の役割をする専用コントローラーで空中に一画ずつ書くと、見学者はパソコンの画面やスクリーンにカラーやモノクロで表示される作品を見ることができる。録画して後で鑑賞することもできる。

 上田さんは3年前にVR技術と出合い、東京などでVR書道の公開制作を行っている。15日の公開制作は上田さんが同館で開催している作品展「墨韻生動(ぼくいんせいどう)」の企画の一環。関雪が画室とした「存古楼(ぞんころう)」にセンサーを設置し、関雪が亡き妻ヨネを悼んだ漢詩をVR書道で書き上げる。

 現在、中京区のゲーム会社のスタジオで練習を重ねる上田さんは「従来の書のイメージを覆すと思うが、新しい書の見方を楽しんでもらいたい」と話す。

 作品展ではほかに、関雪が白沙村荘完成時に作った詩の一節を長さ約10メートルの紙に上田さんが大書した作品や、字が生まれる以前の筆遣いをイメージした連作なども陳列している。同展は30日まで。15日の入館料は2千円、通常は1300円。

コメント