DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

京都)「都の賑い」前に 京都の舞妓20人が初稽古

2019年06月14日 | 京都のニュース
 





京都・五花街の芸舞妓(げいまいこ)による年に1度の合同公演「都の賑(にぎわ)い」に向け、舞妓20人が集まる初稽古が13日、宮川町歌舞練場(京都市東山区)であった。公演のフィナーレを飾る「祇園小唄」を各花街の流派ごとに異なる振り付けで華やかに舞い、細かな所作を確認した。

 公演は29、30の両日、4年ぶりに南座(同区)である。午前11時と午後2時半から。29日午前の1等席(1万2千円)と、全公演の2等席(6千円)は席に余裕がある。問い合わせは京都伝統伎芸(ぎげい)振興財団(075・561・3901)へ。

朝日新聞

コメント

愛宕神社の桃山茶陶 ずらり

2019年06月14日 | 京都のニュース
 


京都市右京区の愛宕(あたご)神社の境内で見つかった桃山茶陶を紹介する「日本一!?高い場所から発見された桃山茶陶」が、上京区今出川通大宮東入の市考古資料館で開かれている。安土桃山時代から江戸時代前期の皿、碗(わん)、向付(むこうづけ)と呼ばれる食器など約30点が並ぶ。

 資料館によると、「火迺要慎(火の用心)」のお札で有名な愛宕神社は、火伏せ(火災予防)の神として信仰を集めてきた。神社が鎮座する愛宕山(標高924メートル)には、明治時代の神仏分離令で廃寺となるまで白雲寺(はくうんじ)という寺院があった。その本尊が馬にまたがり、甲冑(かっちゅう)を身に着けて剣を持った勝軍地蔵(しょうぐんじぞう)だったため、軍神として武士からも信仰された。

 戦国武将の明智光秀も本能寺の変(1582年)の直前に参拝したという記録が残っている。白雲寺には室町時代ごろから宿坊が設けられ、武士や公家、豪商らが訪れて茶会や食事を楽しんだとされる。

 展示された陶器は、愛宕神社が約20年前から境内の斜面で採集し、昨年に資料館に寄贈した150点余りの一部。斜面で採集された陶器は、釉薬(うわぐすり)が施された志野や織部などの美濃(岐阜県)産が8割ほどを占める。唐津(佐賀県)や高取(福岡県)産の陶器のほか、中国から輸入された磁器もあった。

 資料館の高橋潔副館長は「標高の高い山岳信仰の霊山で、釉薬を施した陶器がまとまって発見されるのは珍しい。愛宕信仰のあつさと、愛宕山のにぎわいを感じてほしい」と話す。

 8月12日まで。入場無料で午前9時~午後5時。月曜休館(月曜が祝日や振り替え休日のときは翌日休館)。問い合わせは資料館(075・432・3245)。(大村治郎)

朝日新聞

コメント

京都市 交通公園ゴーカート廃止で再整備

2019年06月14日 | 京都のニュース
 
今の様子









子どもたちがゴーカートに乗って交通ルールを学べる京都市の交通公園が、老朽化などを理由に再整備されることになりました。
人気のゴーカートは廃止する一方、新たに自転車専用のコースを設け、電気自動車の導入も検討するということです。

京都市北区の「大宮交通公園」は、子どもたちが楽しみながら交通ルールを学べるようにと昭和44年に整備された公園です。

園内のコースを走れるゴーカートを目当てに週末は多くの親子連れが訪れますが、老朽化などを理由に再整備されることになり、このほど事業計画がまとまりました。

それによりますと、維持管理の手間やコストがかかるためゴーカートは廃止する一方、親子で楽しめる自転車専用のコースを新たに整備するとしています。

また、電気自動車や複数の人で同時にペダルをこいで進む「タンデム自転車」の導入も検討するとしています。
ゴーカートを含めた公園の利用はことし9月までで、10月以降に工事に入り、再来年春のリニューアルオープンを目指す計画です。

京都市の担当者は、「ゴーカートの廃止を残念に思う市民の声も聞いているが、交通ルールを学ぶというコンセプトはそのままに、市民のにぎわいが生まれる公園になるよう整備を進めたい」と話しています。

NHK

コメント

京都の「八ッ橋」由来の箏曲家しのび法要 井筒と聖護院それぞれ

2019年06月14日 | 京都のニュース
 
八橋検校の法要

京舞の奉納(京都市左京区・法然院)



京都を代表する菓子土産「八ッ橋」の名の由来とされる江戸時代の八橋検校(1614~85年)をしのぶ71回目の法要が12日、京都市左京区の2カ所で営まれた。

 検校は江戸初期に活躍した箏曲家で、近世箏曲の祖とされる。菓子業者が命日に合わせ1949年から法要を営んでいる。

 検校の墓がある金戒光明寺塔頭の常光院では井筒八ッ橋本舗(右京区)が「八橋祭」を開き、約40人が出席した。読経の後、琴奏者の神原左知子さん(54)、山本修也さん(52)の2人が検校ゆかりの曲を響かせた。


常光院の「八橋祭」



 法然院では聖護院八ッ橋総本店(左京区)が「三百三十五回忌」を催した。約80人が参列し、芸舞妓たちが京舞を奉納した。

京都新聞

コメント

福知山城天守閣24時間貸します…「一日城主」を公募 京都

2019年06月14日 | 京都のニュース
 
福知山城の天守閣



京都府福知山市はこのほど、戦国武将・明智光秀が築いた福知山城(同市内記)の天守閣を貸し切りで使用できる「一日城主」を公募すると発表した。城のイメージ向上などにつながるアイデアを募り、当選者に最長24時間、城を自由に活用してPRの一翼を担ってもらう。

 来年のNHK大河ドラマの主役に決まった光秀と同市の関わりをPRする広報活動の一環。天守閣を貸し切りで丸1日活用してもらう企画は全国でも珍しい。

 対象は国内外の個人や団体で、7月5日まで市ホームページから応募できる。アイデアは市職員が審査し、話題性や意外性、実現性などを評価して1人を選ぶ。開放は市が日程を指定した8~9月に行われ、当選者は入館料(大人320円)とアイデア実現に必要な経費を自己負担する。

 問い合わせは秘書広報課0773(24)7090。

京都新聞

コメント

世界遺産・醍醐寺、台風被害の復旧でクラファン 600万円目標

2019年06月14日 | 京都のニュース
 
醍醐寺の清瀧宮拝殿前で倒れた木 



世界遺産の醍醐寺(京都市伏見区)は13日、昨年9月の台風21号で被災した境内の復旧費に充てるため、インターネットで資金を募るクラウドファンディングを始めたと発表した。12月末まで三つの期間に分けて寄付を受け付け、計600万円を目標にしている。

 同寺では台風21号による強風でスギやマツなど約3千本が倒れたほか、清瀧宮(せいりゅうぐう)の屋根が壊れるなど約90棟のお堂が被害を受けた。被害総額は4億6千万円を見込み、うち1億4千万円を寺が負担。寄付は倒木の処理、土塀とお堂の修理に充てる。

 寄付は3千円、1万円、3万円のコースがあり、倒木で作ったしおりなどを返礼品にしている。壁瀬宥雅執行長は「一般の人に寺を知ってもらう機会にもしたい」と話す。クラウドファンディングのサイトは同寺のフェイスブックで14日午前からアクセスできる。

京都新聞

コメント

相次ぐ教員不祥事、根絶へ処分厳格化 セクハラで免職も、京都

2019年06月14日 | 京都のニュース
 
京都府庁



 京都府教育委員会は13日、2018年度に教職員による不祥事が相次いだことを受け、懲戒処分の基準を厳格化する方針を明らかにした。7月をめどに、セクハラや、学校など職場のパソコンの不正使用に関する処分基準を重くする。

 府教委は不適切な行為の内容に応じて免職、停職、減給、戒告と懲戒処分の基準を定めている。新基準では、児童生徒以外にセクハラを繰り返し行い、重大な被害を与えた場合の最も重い処分を免職(現行は停職)に引き上げる。

 パソコンやタブレット端末など職場の情報機器の不正使用に関しては現在、減給までとしているが、事案に応じて免職まで行うようにする。ホームページの改ざんなどで重大な被害を生じさせた場合に免職にしたり、わいせつ画像の閲覧や不正アクセスなどで公務の運営に支障を生じさせた時には停職にしたりする。

 府教委は18年度、盗撮や着服、窃盗、暴行、体罰などで教職員10人を懲戒処分にした。教職員人事課は「社会情勢に合った内容に変更し、研修も続けて不祥事を根絶したい」としている。

京都新聞

コメント

名神高速で大型トラックが乗用車に追突 池田竜也容疑者を逮捕

2019年06月14日 | 京都のニュース
 



 13日午後1時10分ごろ、滋賀県竜王町田中の名神高速道路上り線で、乗用車が山形市の物流会社「東北第一物流」の大型冷凍車に追突され、はずみで前のトラックに衝突した。県警高速隊によると、乗用車を運転していた男性と後部座席の女性2人の計3人が死亡し、助手席の男性と冷凍車の男性運転手、トラックの男性運転手が軽傷を負った。

 同隊によると、乗用車は神戸ナンバーで、死亡した男女3人はいずれも20代とみられるという。

 同隊の説明では、追い越し車線を走っていた冷凍車が、渋滞最後尾の乗用車に追突。乗用車は玉突きしたトラックと冷凍車に挟まれる形となって大破した。死亡した3人は車内に閉じ込められ、約1時間半~1時間50分後に救出されたが、搬送先の病院で死亡が確認されたという。

 同隊は、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで、同社社員で冷凍車の池田竜也容疑者(33)を現行犯逮捕し、過失致死傷容疑に切り替えて調べている。冷凍車はドライブレコーダーが搭載されていたといい、県警が分析を進める。

 同社によると、冷凍車は近畿地方から山形県に向かっていた。池田竜也容疑者は、同社で大型車の運転歴が約6年あり、健康診断の結果に問題はなかったという。京都新聞社の取材に、幹部の男性は「3人の方がなくなり、誠に申し訳ない」と話した。

 現場は竜王インターチェンジ(IC)から東へ約3キロの片側2車線区間。西日本高速道路と同隊によると、現場は集中工事中で、走行車線が規制され、渋滞が発生していた。影響で上り線が竜王-八日市IC間で約5時間通行止めとなった。

京都新聞

コメント

大津の園児死傷事故、保護者が裁判参加へ 右折車の女性が被告

2019年06月14日 | 京都のニュース
 


大津市で保育園児らの列に車が突っ込み16人が死傷した事故で、被害園児の保護者が、被害者参加制度を利用し、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪で起訴された女性(52)の公判に参加する意向を固めた。保護者の代理人弁護士が13日に明らかにした。

 代理人弁護士によると、事故で重軽傷を負った複数の園児の保護者が、大津地検に被害者参加の申し入れをしている。

 保護者らは地検から事故状況の説明を受けており、一部の保護者は希望した上で、園児列に突っ込んだ軽乗用車のドライブレコーダーの映像を確認した。事故の一部始終が映っており、「保護者は言葉も出ない状態だった」(代理人弁護士)という。

 被害者9人の保護者らから依頼を受けている「大津市交通事故被害弁護団」は13日、軽乗用車の運転手の処分について被害者心情への配慮を求める文書を地検に提出した。

 事故は5月8日午前10時15分ごろに発生。右折中の乗用車と直進の軽乗用車が衝突し、はずみで軽乗用車が、歩道で信号待ちをしていた散歩中の園児と保育士の列に突っ込んだ。男児と女児が死亡、多数がけがをした。地検は乗用車の女性を過失致死傷罪で起訴。滋賀県警は軽乗用車の女性を書類送検した。

京都新聞

コメント

逮捕の職員 事件直前に部屋契約

2019年06月14日 | 京都のニュース
 


向日市のアパートの駐車場で全身をシートにくるまれた女性の遺体が見つかった事件で、逮捕された市の職員が、事件の直前に遺体を隠していたとみられるアパートの部屋を借りていたことが関係者への取材でわかりました。
警察は同様に逮捕された男から指示を受けていなかったか調べています。

11日、向日市のアパートの駐車場で全身をシートにくるまれた女性の遺体が見つかり、警察は、1階の部屋に住む橋本貴彦容疑者(55)と、市の職員の余根田渉容疑者(29)を死体遺棄の疑いで逮捕しました。

捜査関係者によりますと、橋本容疑者は「交際相手を殴ったら死んだ」という趣旨の供述をしていて、警察は、遺体は連絡が取れなくなっている大阪市の40代の女性とみて確認を急いでいます。

橋本容疑者は生活保護の受給者でしたが、付近の人たちは日常的に担当のケースワーカーだった余根田容疑者の車を使っているのを目撃していました。

また、アパートの関係者によりますと、事件の前の今月5日、余根田容疑者が2階の部屋を借り、数日以内に遺体を隠していたとみられる大型の冷蔵庫を運び込んだということです。

警察は、橋本容疑者から指示を受けていなかったかなど2人の関係についてさらに調べを進めています。

【遺体発見時も車利用】
アパートの駐車場で警察官がシートと粘着テープで全身を巻かれた女性の遺体を見つけた際には、近くに余根田容疑者が所有する乗用車がとまっていました。

運転席には橋本容疑者が座り、余根田容疑者は近くに立っていたということです。
余根田容疑者は逮捕された11日も自転車で橋本容疑者を訪ねていた一方、近所の人たちは、これまでも橋本容疑者が余根田容疑者の車を運転する姿をたびたび目撃していました。

NHK

コメント