DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

屏東バナナ、500トンが日本へ 生産地が対日輸出拡大に意欲

2019年05月11日 | 台湾ニュース



屏東県産バナナの対日輸出増を期待する潘孟安県長(中央)



(屏東 11日 中央社)南部・屏東県産のバナナが今年、日本に約500トン輸出される見通しとなった。荒井商事(神奈川県)が10日、地元の農産物販売を手掛ける業者らと売買契約を締結した。潘孟安県長は、県産バナナの日本向け輸出を2022年までに年間3000トンに増やしたいと意欲を示した。

1960年代には対日輸出品の主力だった台湾バナナ。潘県長の話によれば、黄金時代は終わり、日本市場におけるシェアは往年の約80%から大幅に減少し、現在は約1%にとどまるという。主要生産地である同県は、対外輸出の拡大を目指して県産バナナの品質管理と販売促進に積極的に取り組んできた。

農業委員会農糧署によると、今年5月9日までに輸出された台湾バナナは計1360トン(前年同期比67%増)で、このうち日本が最多。同署は、現在日本で広く流通するフィリピン産バナナから残留農薬が検出されたことに言及。台湾で輸出向けバナナを生産する農家には決められた生産方法や生産履歴管理、農薬検査などが義務付けられているとし、台湾バナナが日本市場に切り込む契機になるとの見方を示している。
 

コメント

初夏の訪れ、涼しげ紫のカキツバタ 京都・亀岡で見頃

2019年05月11日 | 京都のニュース

紫色が水面に映えるカキツバタ(京都府亀岡市荒塚町・大本本部)



初夏の訪れを感じさせるカキツバタが、京都府亀岡市荒塚町の大本本部(亀山城跡)で見頃を迎えている。水辺に咲きそろった青紫の花びらが涼しげだ。

 愛知県知立市に生息していた株を、1972年に500株ほど万祥池に植えた。近年は外来種や園芸種に改良されたカキツバタが多いなか、日本固有の野生種を見られるのは珍しいという。

 10日も池に太陽が差し込むと、水面に映った花は薄紫色に光っていた。訪れた人たちは立ち止まり、にこやかな表情でシャッターを切っていた。花は5月中旬まで楽しめそう。

【京都新聞】
 

コメント

皇后さま「お印」ハマナス、初夏に輝く 京都府立植物園

2019年05月11日 | 京都のニュース

濃い桃色の花を咲かせるハマナス(京都市左京区・府立植物園)



皇后さまの「お印」として知られる「ハマナス」が、京都市左京区の府立植物園で見頃を迎えている。天皇陛下の即位に伴い問い合わせが多いため案内の看板を設置。初夏の陽光に濃い桃色の花が輝いている。

 ハマナスは海岸に自生する1・5メートルほどの落葉低木。5月上旬から中旬に10センチ弱の花を一つの枝先に1~3個咲かせる。5月中旬まで楽しめる。

 同園のハマナスは園北西の「四季彩の丘」に2株群生している。植物園によると、目立たない場所にあるため例年訪れる人は少ないが、今年は話題となり、見に来る人が増えたという。

 山科区から訪れた女性(74)は「派手ではないが存在感がある。お印と思うと感じ方が違う」と話していた。

【京都新聞】
 

コメント

樹齢2千年、天然記念物「才ノ神の藤」見頃に 京都・福知山

2019年05月11日 | 京都のニュース

見頃を迎えた才ノ神の藤



京都府福知山市大江町南有路の府指定天然記念物「才ノ神の藤」が見頃を迎えている。淡紫色の花が頭上で咲き乱れ、訪れた人の目を和ませている。

 藤棚は東西30メートル、南北27メートル。数本の藤からなり、古いものは樹齢2千年と伝わる。地元の自治会が管理を行っており、今年は4日ごろに開花。現在は七分咲き程度で、15日ごろまで楽しめるという。

 現地では透き通るような青空の下、多くの観光客がそよ風に揺れる花を写真に収めている。夫婦で訪れた主婦(75)=宮津市宮村=は「甘い香りが漂う静かな環境で、連休中の疲れを癒やしてくれた」と笑顔だった。

【京都新聞】
 

コメント

ろくろ首、砂かけ婆…怖くない?妖怪の立体作品展 草津市

2019年05月11日 | 京都のニュース

妖怪を親しみやすい絵柄で描いた立体作品
(滋賀県草津市渋川1丁目・近鉄百貨店草津店)



奈良にゆかりのある妖怪の立体作品が滋賀県草津市渋川1丁目の近鉄百貨店草津店で展示されている。「ろくろ首」「砂かけ婆(ばばあ)」「土蜘蛛(ぐも)」など誰もが知る11種類が並ぶ。

 作品は奈良県立図書情報館(奈良市)が制作。夜になると首が伸びるろくろ首、人食い鬼の「がごぜ」などを、同館の文献を参考に紙芝居作家が水彩絵の具で描き、中に紙を詰めて袋状の立体に仕立てた。怖くなりすぎず、親しみやすい絵柄を心掛けたという。4階特設会場で、高さ約30センチから約1メートルまでの26点がリンゴ箱の上に置かれている。

 同店は4月の改装で幼児の遊びスペースを新設し、今展示も家族連れに楽しんでもらおうと企画した。長女(2)と訪れた女性(43)=守山市=は「珍しくて子どもも興味を持ってくれる」と話した。

 12日まで。同日午前11時~午後3時には妖怪の絵本や紙芝居の読み聞かせ、妖怪柄のうちわやキーホルダー作りの体験会がある。一部有料。

【京都新聞】
 

コメント

園庭無い施設優先、散歩ルートを安全点検へ 滋賀県と大津市

2019年05月11日 | 京都のニュース

右端は献花台の前で手を合わせる人=10日午前、大津市



大津市の園児死傷事故を受け、市は10日、計153の市内保育所・幼稚園・認定こども園の散歩ルートの点検を始めることを決めた。専用の園庭がなく、園児が外出する機会の多い施設について優先して点検する。滋賀県も県道交差点の緊急安全確認を始める。

 市は、園がそれぞれ設定している散歩ルートを全て把握するとともに、市職員が現地に立ち会って危険箇所や車両の交通量、保育士の引率時の対応などを調べる。結果を踏まえ、道路管理者にガードレールの設置やカラー舗装などを求めるほか、ドライバーへの注意喚起などソフト面の対策に取り組む。

 今回の事故後、市内の保育施設の中には散歩を自粛するところもあるといい、市幼児政策課は「早急に対策を進めて保護者が安心できるようにしたい」としている。

 また、滋賀県は週明けから、1日当たりの交通量が1万台以上の県道交差点の緊急安全確認を始める。境界ブロック(縁石)の有無やガードレールなどの防護柵の設置状況、信号、横断歩道の状態を順次調べる。必要であれば構造物を新設したり、傷んでいる箇所を修理したりするという。

 事故現場となった大萱6丁目の県道交差点(1日当たり交通量約1万5千台)には、歩道と車道を分ける縁石はあるがガードレールはなく、県によると8日以降、設置要望の電話が約20件あったという。県は14日に県警と現場確認を行い、安全対策を検討する。

 大津市の越直美市長は10日、県庁を訪れ、園児の散歩ルートの安全確保について県の協力を求めた。三日月大造知事は「県警も含めて協力する」と答えた。

【京都新聞】
 

コメント

国宝「飛雲閣」こけら葺き屋根美しく 修復終わり公開

2019年05月11日 | 京都のニュース

こけら葺き屋根の修復を終えた飛雲閣(京都市下京区)



西本願寺(浄土真宗本願寺派本山、京都市下京区)境内にある飛雲閣(国宝)でこけら葺(ふ)き屋根の修復が終わった。10日に内覧会が開かれた。

 2017年夏に工事を開始し、屋根のふき替えを完了したことで建物全体を覆っていた工事用の素屋根が外された。同寺は20、21日の「宗祖降誕会(ごうたんえ)」に合わせて一般公開する。

 薄く切ったサワラの板を重ねてふいた真新しい屋根は白い色が初夏の日差しと新緑に映えて輝く。公開は外観のみ。無料。拝観時間の問い合わせは西本願寺075(371)5181。

【京都新聞】
 

コメント

南座に“納涼床”出現、夜は“クラブ” 愛之助さんARで舞台に

2019年05月11日 | 京都のニュース

“納涼床”のような空間が出現した南座の劇場内。
舞台と客席を「フラット化」し、「昼マツリ」では、水が流れる滝に花火を投影する



 南座(京都市東山区)で12~25日に「京都ミライマツリ」が初開催される。本物の水が流れ落ちる滝(高さ6メートル)が正面に特設され、鴨川の“納涼床”のような空間が出現。夜はDJによるクラブミュージックが響き、客が踊れる“クラブ”となる。400年の歴史をもつ日本最古の劇場が、従来の劇場の枠を打ち破る空間に一変。若者や訪日外国人客ら新たな客層の開拓を目指す。

 1階客席エリアに床をかぶせ、客席と舞台を同じ高さにする南座の新機構「フラット化」を初披露する。

 午前11時~午後5時半は「昼マツリ」と銘打ち、ワンドリンク付きで大人2千円、子ども千円。劇場内に足を踏み入れると滝の涼しげな音が響き、花火などの映像がプロジェクションマッピングで映し出される。

 普段は1階桟敷席の場所に、「HANA吉兆」「侘家古暦堂」など京都の和洋中の飲食店が屋台12店を並べる。ほかにも歌舞伎俳優片岡愛之助さん(47)ふんする石川五右衛門が舞台上の唐破風に現れるAR(拡張現実)体験、デジタル技術を用いた射的など「ハイパー縁日」も楽しめる。

 午後6時半~10時(金土日は11時)は「夜マツリ」(24日まで)と題して、踊れる空間に。ミラーボールが回る中、大音量の音楽が響く。10日の内覧会でも招待された若者たちが踊っていた。週末にはEXILEのMAKIDAI(18日)のほか、地元京都で活躍する人気DJらも日替わりで登場する。夜はワンドリンク付きで一律2千円(金土日は3千円)。

 期間限定の催しで、6月以降は従来の舞台と客席に戻すが、来年5月も同様のマツリを開くことが決まっている。詳細はホームページか南座075(561)1155へ。

【京都新聞】
 

コメント

現場歩道に円柱形の緩衝材6個設置 大津園児死傷事故

2019年05月11日 | 京都のニュース

事故現場の歩道に置かれたクッションドラム



大津市で散歩中の保育園児らの列に車が突っ込み16人が死傷した事故を受け、現場の歩道に「クッションドラム」と呼ばれる黄色の円柱形の緩衝材が設置された。

 歩道にはガードレールなどの防護柵がなく、当面の安全確保のための措置。道路を管理する滋賀県が計6個を設置した。

【京都新聞】
 

コメント

造形表現幅広く、50周年記念し展示 京都彫刻家協会

2019年05月11日 | 京都のニュース

具象から抽象まで多様な造形が並ぶ会場(京都市上京区・府立文化芸術会館)



京都彫刻家協会の創立50周年を記念する展覧会が、京都市上京区の府立文化芸術会館で開かれている。生き生きとした人体像からリズミカルで抽象的な立体まで幅広い作品が、来場者の目を楽しませている。

 同協会は1969年、京都彫刻家連盟として発足。会派や年齢、国籍を超えて野外彫刻展やワークショップ開催など新たな試みに挑んできた。現在は会員約150人が所属し、50周年展は80~30代の計57人が小品を出品した。

 伸びやかな身体の彫像や棒高跳び選手がジャンプする爽やかな造形、直方体を重ねた幾何学的な形を、石こうやブロンズ、石、木、樹脂、鉄など多様な素材で表現している。

 同協会の江藤佳央琉さんは「作家の考えや思いを楽しんでもらい、彫刻の魅力を感じてほしい」と話す。12日まで。無料。

【京都新聞】
 

コメント

駐車場工事の一部、独断で設計変更 町職員を懲戒処分

2019年05月11日 | 京都のニュース

滋賀県豊郷町役場



滋賀県豊郷町は10日、同町四十九院の複合施設「豊栄のさと」の駐車場拡張工事の一部を独断で間引きしたとして、総務課の男性係長(59)を同日付で停職1カ月の懲戒処分にした、と発表した。

 町によると、係長は2017年度に行った駐車場拡張の際の地盤改良工事を担当。同年8月に業者から追加工費が必要と言われたものの上司に報告せず、勝手に設計変更して一部工事を翌年度分に繰り越したという。

 設計変更は、係長が18年2月から病休したのに伴って他の職員が工事内容を確認して発覚。町は、繰り越し分を増額補正する予算案を3月議会に提出して対応した。係長は「工費の増額を上司に認めてもらえないと思ってやった」と話しているという。

 伊藤定勉町長は「二度とこのような不祥事が起きないよう、職員の規律徹底に努める」とコメントした。

【京都新聞】
 

コメント

金庫窃盗容疑で少年ら4人再逮捕 滋賀県内で繰り返し犯行か

2019年05月11日 | 京都のニュース

滋賀県警大津署と草津署などは10日までに、窃盗などの疑いで、大津市秋葉台、会社員の男(24)=窃盗未遂容疑で逮捕=と、同市と草津市の19歳少年2人=いずれも監禁容疑などで逮捕=を再逮捕し、京都市伏見区の少年(19)を逮捕した。

 逮捕・再逮捕容疑は、共謀し、3月7日午前2時半ごろ、大津市の建設会社に侵入し、現金25万5千円などが入った耐火金庫(高さ70センチ、幅と奥行き45センチ)を盗んだ疑い。大津署によると、男は「弁護士と相談する」などと言い、容疑を否認している、という。

 同署の説明では、男ら4人は、建設作業員の男(20)=守山市、別の窃盗容疑で逮捕=ら知人2人を含めた計6人でグループをつくり、県内で金庫破りを繰り返していた、という。

【京都新聞】
 

コメント

葵祭の「フタバアオイ」を奉納

2019年05月11日 | 京都のニュース






京都三大祭のひとつ、「葵(あおい)祭」を来週に控え、地域の人たちが、祭りで平安装束を飾る「フタバアオイ」を上賀茂神社に奉納しました。

「葵祭」は、約1400年前に五穀豊じょうを願って、馬を走らせたのが始まりとされ、名前の由来となった「フタバアオイ」の葉で飾った平安装束姿の人たちが都大路を練り歩きます。

10日は、祭りの行列が最後に向かう上賀茂神社で「フタバアオイ」の奉納式が行われ、地元の子どもたちや企業の関係者などが丹精込めて育てた約500株を持ち寄りました。

そして、神職からおはらいを受けたあと、スコップなどを使って境内の畑に植え替えていきました。

奉納した60代の女性は、「葵祭は行列に参加したこともあり、少しでもご奉仕したく、会社で育てています。ことしもよく育ってくれ、ほっとしています」と話していました。
また、5歳の幼稚園児の女の子は、「優しい気持ちになりました」と話していました。

一方、上賀茂神社の田中安比呂宮司は「地域の皆さんに育てていただいたフタバアオイを使ってお祭りにご奉仕できることは大変ありがたいです」と話していました。

「葵祭」は今月15日に行われ、雨天の場合は翌日に順延されます。

【京都新聞】
 

コメント

米の対中関税引き上げ、台湾への影響は「限定的」=蔡総統

2019年05月11日 | 台湾ニュース

蔡英文総統
 


(台北 10日 中央社)蔡英文総統は10日、米国による中国製品への制裁関税引き上げ発動について、現時点では台湾の主力輸出品にまで及んでおらず、台湾への影響には限りがあると報告した。今後については、米国の動向を注視し、必要に応じて対応策を取るとした。

トランプ米政権は米東部時間10日午前0時1分(台湾時間10日午後0時1分)に中国から輸入する年間2000億ドル(約22兆円)相当の製品に課す追加関税率を10%から25%に引き上げた。蔡総統は同日朝に国家安全に関わる省庁のトップらを集めた会議を主宰し、会議終了後に記者会見に臨んだ。

蔡総統は、米中貿易摩擦は長期的な問題で、台湾で受注して中国で製造、その後に米国に輸出する貿易モデルは今後変わっていくと指摘。このような中での政府の目標として、中国に進出した台湾企業のUターン促進や米国との自由貿易協定(FTA)締結などを掲げ、「メイドイン中国」製品に取って代わり、良質な「メイドイン台湾」製品を米国向け輸出の主力にしたいと意欲を示した。

蔡総統はまた、一部の政党関係者や地方自治体の首長がこのほど「自由経済モデル区」の設置を主張し、台湾を中国製品の加工、輸出ができる特区にしようとしていると言及。これは形を変えたメイドイン中国に他ならず、台湾を数十年前に後戻りさせるものだと批判し、台湾経済の成長モデル転換の最大の障害になると語気を強めた。
 

コメント

台湾初の国産潜水艦、模型初公開 2025年末引き渡しへ

2019年05月11日 | 台湾ニュース

初公開された台湾初の国産潜水艦の模型



(高雄 9日 中央社)国産潜水艦の建造を担う専用工場の起工式が9日、南部・高雄市内で行われ、建造される試作艦の模型が初公開された。建造を手掛ける造船大手、台湾国際造船の周志明・副総経理(副社長)によれば、試作艦の排水量は2500~3000トン。2025年末の引き渡しを目指す。

建造予算は493億台湾元(約1750億円)。全長約70メートル、幅約8メートル、高さ約18メートルとなる見通し。

与党・民進党の蔡英文総統は「自主国防」の実現を目指している。現役潜水艦4隻は老朽化が指摘されているが、中国の圧力により諸外国が台湾への売却に積極的になれないという事情がある。2017年、潜水艦の国産計画が本格始動。昨年4月、米政府が台湾の潜水艦建造への米企業の参加を認め、部品の調達などの商談ができるようになった。

周副総経理は、これが台湾初の自主建造潜水艦となることに言及。台湾に潜水艦建造が可能であることを示せれば、参加を申し出る外国企業が増えるとの見方を示し、他の企業や技術が加われば、2隻目以降にはより良い装備が搭載できると期待を示した。

周副総経理によれば、この試作艦が完成すれば、就役期間が70年超に上る米国製「海獅」を退役させた上で、4隻体制を維持できると説明。政府の計画では8隻まで増やしてから、30年余り使用されているオランダ製の2隻も徐々に退役させる方針だという。
 

コメント