DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

台湾でM6.1の地震 花蓮

2019年04月18日 | 台湾ニュース

台湾の中央気象局によりますと、現地時間の18日午後1時ごろ、日本時間の18日午後2時ごろ台湾東部で地震がありました。

震源地は東部・花蓮県で震源の深さは18.8キロ、地震の規模を示すマグニチュードは6.1と推定されています。

台北市内にあるNHKの支局でも横揺れを感じ、床に積み重ねてあった本が崩れるなどしました。

台湾メディアによりますと、この地震で台北市内の地下鉄の全線で運転を見合わせているということです。

花蓮県では、去年2月にもマグニチュード6.4の地震が発生して、17人が死亡しています。

台湾では、ここ最近、東部を中心に地震が相次でいて、警戒が続いていました。

地元テレビ 地震後の映像を放送

台湾のテレビ局は、スーパーマーケットの店内で棚から缶が落ちて散乱している様子や瓶が割れている様子を伝えています。

また、地震が起きた直後とみられる列車の駅の構内の映像では、多くの利用者が急いで避難しようとしている様子も映し出されています。

土砂崩れやビルの壁はがれる被害伝える

台湾のテレビ局TVBSは、震源地周辺の山間部で土砂崩れが起きたほか、台北市内ではビルの壁のタイルがはがれ落ちる被害が出ていると伝えています。

花蓮市の住民「20秒近く揺れた」

震源地からおよそ10キロ離れた花蓮市の沿岸部で民宿を経営している片桐秀明さんは「突き上げるような揺れを2、3回感じた。揺れは20秒近く続いたが、民宿の中でものが落ちるようなことはなかった。去年、起きた地震に比べると揺れは小さいように感じたが、周辺の被害の状況はまだ分からない」と話していました。

NHK

コメント

「報酬約束され、かけ子に」供述 台湾の男女10人逮捕

2019年04月18日 | 日本









日本の空き家を拠点に中国に詐欺の電話をかけていたとみられる台湾の男女10人が、千葉県や山梨県の住宅で業務として電話をかけるなど、在留資格以外の活動をしていたとして再逮捕されました。

男らの一部は「報酬をもらう約束で詐欺組織のアジトでかけ子をしていた」と供述しているということです。

再逮捕されたのは、いずれも台湾出身の張宇傑容疑者(21)や林佳弘容疑者(20)ら、19歳から44歳の男女10人です。

警視庁によりますと、先月、甲府市や千葉県東金市の住宅で業務として電話をかけるオペレーターをするなど、在留資格以外の活動をしていたとして、出入国管理法違反の疑いがもたれています。

警視庁は空き家になっていた住宅を買い取るなどして、中国に詐欺の電話をかけていたとみていますが、その後の調べで、男らのうち一部は「観光目的という名目で入国したが、実際には報酬をもらう約束で千葉や山梨にある詐欺組織のアジトでかけ子をしていた。楽に稼げると思った」と供述しているということです。

住宅からは、詐欺のマニュアルが押収されたほか、捜査関係者によりますと、だまし取る目標金額が書かれたとみられる張り紙も見つかったということです。

甲府市の住宅には、最大で20人ほどが出入りしていたということで、警視庁はほかにも仲間がいるとみて捜査しています。

NHK

コメント

京都清宗根付館で宮澤宝泉さん特集展 04月02日~04月29日

2019年04月18日 | 京都のニュース

【烏丸経済新聞】

「宮澤 宝泉」展



 京都清宗根付館(京都市中京区)で宮澤宝泉さんの特集展示が始まった。

同館は、江戸時代に主に使われた「根付け」専門の美術館。根付けは印籠(いんろう)や巾着を帯から提げる際に使われた留め具。主に象牙やツゲの木、鹿の角などが材料として使われている。館では現代で使われる作品を中心に展示する。

「根付の夕べ」と名付けられた作品は、にこやかな表情で袋いっぱいの根付けを持つ作品や、源氏物語の有名な一節、不義の子を抱く源氏の姿など、小さな中にも人物の感情を豊かに彫るのが特徴。

 このほか根付けを彫るために作家自身が作る「左刃(ひだりば)」と呼ばれる彫刻刀や、「根付師」の名人を記した「装剣奇賞 (そうけんきしょう)」といった資料の展示も行う。

 開館時間は10時~17時(入館は閉館30分前まで)。料金は、一般=1,000円、小学・中学・高校生=500円。月曜休館(祝日の場合翌日休館)。

コメント

花山天文台支援で寄付 財団発足

2019年04月18日 | 京都のニュース

会見した多田野社長(左)、京都大学理学研究科付属天文台の柴田一成教授(中)、
京都造形芸術大学の尾池和夫学長(右)



存続が危ぶまれている京都大学の花山天文台を支援しようと、民間企業から1億円の寄付があったことから、京都大学の関係者などが財団を発足させ、今後10年間の天文台の運営に充てていくことになりました。

京都大学の花山天文台は、京都市山科区に昭和4年に設置され、戦前から一般向けの天体観測会を行ってきましたが、京都大学が岡山などに新たな天文台を設置したのをきっかけに運営費が削られ、存続が危ぶまれていました。

17日は、京都大学の関係者や有志が会見を開き、高松市の建設用クレーンメーカーから、花山天文台の年間運営費1000万円を、今後10年間、毎年寄付する申し出があったことを明らかにし、これをきっかけに運営資金を集めるための財団を発足させたことを説明しました。

財団は今後も寄付を募り、▼小中学生や高校生の天文台の見学や実習を毎日受け入れられる体制を整えるほか、▼将来的には、プラネタリウムを備えた科学館や、屋外コンサートなどを開く多目的広場を設置することで、観光や文化の新たな拠点にしたいとしています。

花山天文台の運営費を寄付した建設用クレーンメーカー、「タダノ」の多田野宏一社長は、「弊社の創業100周年の記念事業として、ぜひ花山天文台を存続させる一助になればという思いで、寄付させていただきました。10年後も寄付を継続できる状況なら協力していきたい」と話しています。

京都大学附属天文台の元台長で、財団の柴田一成理事は、「来年の運営はどうしようという状況だったので、寄付いただいたことは感激のひと言です。イギリスの有名観光地となっているグリニッジ天文台を目指して、今後、何十年と存続させるための仕組み作りにとりかかりたい」と話しています。

花山天文台



【花山天文台とは】
花山天文台は昭和4年、当時の京都帝国大学が京都市山科区に設置した天文台で、太陽系の惑星や太陽の観測で世界的な業績を上げてきました。

また、戦前から一般向けの観測会も行ってきたことから、アマチュアの天文ファンとの懸け橋となり、天文愛好家たちによる新星やすい星の発見で、日本が世界で最も多い背景ともされています。

昭和43年、岐阜県高山市に飛騨天文台が設立され、主な天体研究の拠点が飛騨に移されると、花山天文台は学生の教育施設としての役割が中心となりましたが、太陽観測など一部の先端研究は続けられてきました。

しかし去年8月、岡山県の浅口市と矢掛町にまたがる山に新たな岡山天文台が完成し、花山天文台の運営費は昨年度から、光熱費を除いてゼロとなりました。

こうした花山天文台の存続が危ぶまれる事態に、有志たちが天体観測会を開いたり、宇宙を題材にした落語会を開いたりして、資金集めを続けていました。

NHK

コメント

一遍聖絵と時宗の名宝 特別展

2019年04月18日 | 京都のニュース






踊り念仏で知られる鎌倉時代の一遍上人の肖像画や生涯を描いた国宝の絵巻などを一堂に紹介する特別展が京都国立博物館で開かれています。

この特別展は、一遍上人が開いた時宗を大きく発展させた弟子の真教上人の没後700年にあわせて京都国立博物館が開きました。

会場には、一遍上人の生涯を描いた国宝の絵巻、「一遍聖絵(いっぺんひじりえ)」の12巻すべてや、一遍や真教らの肖像画や肖像彫刻などおよそ200点が展示されています。

このうち、一遍聖絵の第7巻には、京都中心部の道場で踊り念仏を行う一遍の様子が描かれていて、ここが時宗の教えを広げる拠点になったということです。

また、2代目の祖師、真教の肖像彫刻は、本人が亡くなる前の年に製作されたもので、晩年の病によってゆがんだ顔も写実的に表現されています。
京都国立博物館の井並林太郎研究員は、「時宗は一遍上人らが民間の中に入って布教した宗派で、絵巻物などの作品からこうした中世の人々の息吹やさまざまな階層の生活を感じ取ってほしい」と話しています。

特別展、「国宝 一遍聖絵と時宗の名宝」は、京都市東山区の京都国立博物館でことし6月9日まで開かれています。

NHK

コメント

自転車に軽乗用車で追突し逃走 容疑の歯科技工士の男を逮捕

2019年04月18日 | 京都のニュース

滋賀県警大津署は17日、道交法違反(ひき逃げ)などの疑いで、大津市大萱、歯科技工士の男容疑者(32)を逮捕した。

 逮捕容疑は、7日午後0時45分ごろ、同市大萱3丁目の県道で、近くに住む大学職員の男性(30)の自転車に軽乗用車で追突し、腕などに軽傷を負わせてそのまま逃げた疑い。

【京都新聞】

コメント

出会いのテニスや被災地訪問、両陛下の足跡追う写真展 京都

2019年04月18日 | 京都のニュース

写真に見入る来場者たち(京都市下京区・大丸京都店)



天皇、皇后両陛下の結婚後の足跡を追った写真展「ともに歩まれた60年」(京都新聞など主催)が17日、京都市下京区の大丸京都店で始まった。公務や儀式、慰霊の旅など貴重な写真の数々に、来場者が昭和から平成へと続いた時代を振り返っている。

 1959年に結婚されてからの日々を、宮内庁などが所有する157枚の写真で紹介する。出会いのきっかけとなったテニスを楽しまれる2人や結婚を祝うパレード、公務で訪れた国内外の人々とのふれあいが写っている。

 東日本大震災の被災地や太平洋戦争で多くの戦死者を出した沖縄やサイパンでの1枚も。昭和天皇と香淳皇后を囲んだ家族だんらんの姿や、皇后陛下が親子遠足や運動会に参加された子育ての様子など、公務を離れた写真も並び、買い物客らが60年の歩みに思いをはせていた。

 入場無料で、30日まで。午前10時~午後7時半。

【京都新聞】

コメント

ノートルダム大火災、京都の寺院も危機感あらわ「火は一瞬で…」

2019年04月18日 | 京都のニュース

消火用のホースを点検する消防署員と、寺の防火担当者(京都市左京区・永観堂)



パリの世界遺産ノートルダム寺院(大聖堂)で現地時間15日夜に出火し、尖塔(せんとう)が焼失した大火災を受け、京都市消防局は16日、市内で文化財の緊急防火指導を始めた。署員が左京区の永観堂(禅林寺)で防火設備の点検を行い、「工事中の火災に十分気を付けて欲しい」と呼び掛けた。

 ノートルダム寺院が改修工事中だったことから、今回は土塀の改修が進む永観堂で指導を実施。左京消防署員らが寺を巡回し、放水銃や消火ホース、ドレンチャー設備がすぐに使える状態かを入念に点検した。

 永観堂の防火担当職員濵野弘胤さん(37)は、「あれほど長い歴史のある大聖堂でも、火は一瞬で全てを焼いてしまう。文化財をいかに守っていくべきか改めて考えさせられた」と危機感をあらわにした。

 市消防局では火災発生時に重要文化財を素早く搬出するため、保管場所や構造を明記した「文化財セーフティカード」を、市内約160カ所の寺社を対象に作製している。また518カ所が、たき火や喫煙の禁止区域に指定されているという。勝田正一・予防部予防課文化財係長(40)は「寺社の努力により、市内の防火態勢は極めて高い水準にある。観光客や市民にも、防火ルールを守る意識を改めて持ってもらえたら」と呼び掛けた。

【京都新聞】

コメント

長蛇の列でも「ミッドナイト念仏」唱えないと!京都・知恩院

2019年04月18日 | 京都のニュース

普段は非公開の三門楼上の仏堂を会場に、夜通し念仏を唱える



夜を徹して木魚をたたき念仏を唱える「ミッドナイト念仏in御忌(ぎょき)」が18日午後8時から、京都市東山区にある浄土宗総本山・知恩院で営まれる。

 当日は、三門(国宝)楼上にある通常非公開の仏堂を会場に、午前7時まで休憩なしで続く。開始に先立ち、午後7時からは「開白(かいびゃく)法要」と呼ばれる幕開けの法要がある。

 宗祖法然をしのぶ、8日間に及ぶ法要「御忌大会(ぎょきだいえ)」初日夜の恒例行事。近年は仏堂に入るため順番を待つ長蛇の列ができる。主催する知恩院おてつぎ運動本部は「19日午前1時~2時ごろには行列も解消しているのでは」としている。

【京都新聞】

コメント

「三成さんは京都を許さない」ついに最終巻 滋賀を過激に紹介 

2019年04月18日 | 京都のニュース

「三成さんは京都を許さない」の第4巻とスタンプラリーのちらし



滋賀を題材にしたギャグ漫画「三成さんは京都を許さない-琵琶湖ノ水ヲ止メヨ-」の最終巻となる単行本第4巻が、新潮社から出版された。戦国武将の石田三成がタイムスリップして滋賀県知事の特別秘書になるという物語。京都を目の敵にしながら、地味と言われる滋賀を立て直すストーリーで、滋賀と京都で局地的な人気を博した。2年4カ月のネット連載も終えた甲賀市在住の著者さかなこうじさんは「滋賀の魅力をもっと知ってもらいたい、との気持ちで描き続けた」と振り返る。

■自虐的に描いた滋賀、クレームは一切なし

 2016年10月から「くらげバンチ」という新潮社の無料漫画サイトで連載を始めた。さかなさんは滋賀県内の書店でアルバイトする傍ら、湖国中を駆け回って取材。琵琶湖の学習船「うみのこ」や外来魚駆除釣り大会など、県民なら「あるある」とうなずく話を過激に描いた。読者から寄せられた情報をもとに、栗東市の三輪神社に伝わるドジョウとナマズのなれずし「どじょうずし」を飛び込みで食べに行くなど、体当たりでネタを集めた。全40話で完結させた。

 第4巻も、1992年に日本で初めて爆破解体され、その様子がテレビ中継されるなどして注目を集めた「木の岡レイクサイドビル」のエピソードをはじめ、「穴太衆」「カロム」「坊主めくり」「江州音頭」など全11話を収めた。

 映画化されて大ヒットしている「翔んで埼玉」や「お前はまだグンマを知らない」など、各都道府県を題材にした「ご当地漫画」は人気を集めている。「三成さん-」の担当編集者は「滋賀や京都の書店員さんが、特設売り場を設けるなどしてくれたおかげもあってよく売れた。中学生から『自分の住む県のことをよく知ることができた』などとのファンレターも届き、ご当地漫画としてうまく展開できたのでは」と話す。

 京都に比べて地味な滋賀を自虐的に面白おかしく紹介したが、クレームなどは一切なかったという。さかなさんは「県知事からお礼のお手紙ももらいました。滋賀のことを勉強しながら描き、2年余りの連載で成長できた。映画やドラマにならないかな」と思い描く。第4巻は142ページ。580円(税別)。

■コラボグッズ登場、スタンプラリーも

 「三成さんは京都を許さない」のコラボグッズが登場するなど、作品は広がりを見せている。

 作ったのは、障害者の就労を支援する会社「グラン・ブルー」(京都市左京区)。代表の石井雄一郎さん(53)が「滋賀と京都ゆかりの登場人物がけんかしながらも、楽しく歴史も学べる作品で気に入って読んでいた」のがきっかけ。障害者や難病の人が働く京都府内の3カ所の作業所が制作を担当する。三成さんのキャラクターが入ったTシャツやトートバッグ、手ぬぐいなどをデザインし、包装も手がけている。

 中京区の「はあと・フレンズ・ストア」や「京都国際マンガミュージアム」などで販売している。

 漫画に登場する滋賀県庁や京都府庁など10カ所を巡るスタンプラリーも5月12日まで実施しており、4個以上クリアした人にはさかなさんがキャラクターを描いた缶バッジが贈呈される。4月29日には作品の完結を記念し、同ミュージアムで単行本やグッズなどを千円以上購入した人を対象にさかなさんのサイン会も行う。午後1時から。先着100人。

【京都新聞】

コメント

電気料金174万円過少に徴収 滋賀県ミス、今後支払い求める

2019年04月18日 | 京都のニュース

滋賀県庁(大津市)



滋賀県は17日、県内3カ所の職員会館の使用者から県が徴収している電気料金が過少だったと発表した。徴収不足額は少なくとも5年間で174万円に上り、県は今後支払いを求める。

 県総務事務・厚生課によると、県の検針担当者が電力量計を読み誤り、記録が残る2014年度以降、本来の徴収額(推定222万円)の4分の1しか徴収していなかったという。過少だったのは東近江(東近江市)、南部(草津市)、湖北(長浜市)の各職員会館の食堂や理容室の電気料金で、これらの運営委託元の県職員互助会に支払いを求める。

 3月に県有施設で水道や電気メーターの有効期間切れが相次いで発覚、点検・交換を進める中で過少徴収が分かった。

【京都新聞】

コメント

違うワクチンを女児に注射 おたふくかぜに日本脳炎、妹と混同

2019年04月18日 | 京都のニュース

蒲生医療センター



滋賀県東近江市は17日、市蒲生医療センター(同市桜川西町)で、おたふくかぜワクチンを予防接種する予定だった市内の女児(5)に、誤って日本脳炎ワクチンを注射したと発表した。健康被害が出る可能性は低いという。

 同センターによると、16日午後3時45分ごろ、女児は母親、妹と来院した。妹には日本脳炎ワクチンを注射する予定で、小児科の男性担当医が女児も同じワクチンを接種させるものと勘違いして注射した。注射後、担当医は間違いに気付き、その場で母親に謝罪した。

 同センターの取り決めでは、予防接種の際には氏名やワクチン名を保護者や周囲の看護師に確認することになっていたが、担当医は怠ったという。

 同センターは女児の体調に変化がないか診察を続ける予定で、「二度とこのようなことが起こらないよう、医療安全に万全を期していく」とコメントした。

【京都新聞】

コメント

新快速電車が駅停車せず通過 90人降りられず、20人乗れず 

2019年04月18日 | 京都のニュース

彦根駅に停車する新快速電車・資料写真



17日午後1時50分ごろ、JR東海道線の近江塩津行き新快速電車が、停車駅の彦根駅(彦根市)を約800メートル過ぎて停車した。踏切が故障する恐れがあるため、電車は次の米原駅まで走行した。彦根駅で乗客約90人が降りられず、約20人が乗車できなかった。

 JR西日本によると、運転士が通過駅と思い込んでいたという。

【京都新聞】

コメント