DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

グーグルなど巨大企業の台湾投資拡大 主な誘因は「人材」

2019年04月15日 | 台湾ニュース

台湾投資を拡大する巨大企業のグーグル



手前が臺北南山廣場(台北南山広場) 奥が「台北101」ビル



(新竹 15日 中央社)グーグルやフェイスブックなど巨大企業の台湾投資が拡大している。台湾への積極的な投資は、台湾の優秀な人材が一つの誘因になっているとみられている。

グーグルは先月末、台湾での事業拡大を発表。人員を現在2000人余りから倍増させる計画に備え、新オフィスを構えると明らかにした。台湾への投資拡大を昨年発表していたフェイスブックは今月上旬、台湾オフィスを台北市の高層ビル「台北南山広場」に移転した。床面積は804坪。アジア太平洋担当副社長のダン・ニアリー氏は台湾市場を重視する姿勢を強調し、オフィス移転は台湾市場の発展への自信を表すものだと述べた。

台湾への投資についてグーグル台湾法人の簡立峰董事総経理は先月の記者会見で、同社による投資の続行は台湾の人材が非常に優秀であることを意味していると言及。昨年始動させた「インテリジェント台湾計画」では、人材、経済、エコシステムの3つを軸とする。AI(人工知能)人材を強化し、台湾のAI教育やデジタル教育の普及化を後押ししていくとしている。

世界の半導体企業も台湾の人材に目を付ける。米半導体大手のクアルコムやマイクロン・テクノロジーは今年、台湾での大規模な人材募集を実施する。クアルコムは産学連携で無線通信などの研究を進め、人材育成やイノベーションエコシステムの成長を図るほか、科技部(科学技術省)と共同でコンペティションを開催し、新製品開発を後押ししている。

コメント

第64代斎王代に負野李花さん 京都・葵祭

2019年04月15日 | 京都のニュース

第64代斎王代に選ばれた負野李花さん



京都三大祭りの一つ葵祭(5月15日)のヒロイン第64代斎王代に会社員負野李花さん(23)=京都市左京区=が選ばれたと15日、葵祭行列保存会(上京区)が発表した。

 斎王代は上賀茂、下鴨両神社に使えた内親王「斎王」にならって1956年に再興された。
















コメント

天皇家ゆかり神輿「令和」幕開けに巡行復活 明治維新で断絶

2019年04月15日 | 京都のニュース

霊元上皇と東山天皇から寄進されたものの、長年巡行していない大宮神輿
(2018年京都市中京区・下御霊神社)



新天皇が即位し、新元号「令和」初日となる5月1日、御霊神社(上御霊神社、京都市上京区)と下御霊神社(中京区)の祭礼の神輿(みこし)が、京都御苑内を巡行することになった。両神社は、天皇や上皇から神輿を賜るなど宮中とのゆかりが深く、御苑内の巡行もかつて行っていたが、明治維新で廃絶した。両神社の伝統復活が、新時代の幕開けを彩る。

 両神社とも毎年5月に春の祭礼を催行しており、御霊神社の御霊祭(上御霊祭)は1日の神幸祭から18日の還幸祭まで行われる。また下御霊神社の下御霊祭も1日の神幸祭から始まり、今年は19日の還幸祭まで続く。

 両神社にとって1年で最も重要な行事で、祭神が渡御する神幸祭ではかつて神輿行列が氏子地域を練り歩き、現在の京都御苑へと進む神輿を天皇らも間近で見たとされる。だが天皇が東京に移ると伝統は途絶えた。下御霊神社は戦前までに、御霊神社は1965年を最後に神幸祭での巡行自体を中止。現在では1日は両神社とも境内で神事のみを行っている。

 一方、2009年に御霊神社の還幸祭で御苑内の神輿巡行が復活するなど近年になって往時のにぎわいを取り戻す試みも見られるようになった。今年は新天皇即位と神幸祭が重なったうえ、御霊神社に3基ある神輿の一つ「北之御座」が後水尾天皇の寄進から400年を迎え、下御霊神社の2基の一つ「大宮神輿」も霊元上皇と東山天皇父子の寄進から310年を迎える。節目に当たり、両神社が氏子や御苑を管理する環境省などと協議して、今年の神幸祭での神輿巡行が決まった。

 当日は、御霊神社の3基が午後2時に今出川御門から御苑内に入り、約1時間かけて御所の朔平(さくへい)門前まで進み、祝詞を奏上する。さらに下御霊神社の2基は午後2時40分に寺町御門から御苑内に入り、かつて霊元上皇らが住んだ仙洞(せんとう)御所前で拝礼する。

 御霊神社の小栗栖元徳宮司(75)は「令和の時代の到来をお祝いできれば」と話し、下御霊神社の出雲路敬栄宮司(49)は「約200年ぶりに上皇さまが誕生する日に、霊元上皇ゆかりの仙洞御所前まで進むのは不思議な運命を感じる」と当日を待ち望む。

コメント

安土桃山時代から伝わる「秘仏」33年ぶり拝む 1日だけ公開

2019年04月15日 | 京都のニュース

33年ぶりに公開された「十一面観世音菩薩像」(中央)



京都府南丹市日吉町中世木の賀善寺の本尊「十一面観世音菩薩(ぼさつ)像」が13日、33年ぶりに公開された。訪れた人たちは、安土桃山時代から受け継がれてきたとされる秘仏を眺め、歴史に思いをはせていた。

 菩薩像は、平安中期の創建と伝わる同寺の本堂に安置されている。左側の広目天、右側の多聞天と共に、扉付きの部屋に入れられ、地元住民でつくる「賀善寺御開扉奉讃会」が守っている。

 菩薩像に感謝をささげるため、開扉に先だって念仏を読み上げる法要が行われた。菩薩像の姿が現れると、参拝者らは神妙な面持ちで姿を見つめ、静かに手を合わせていた。

 公開はこの日のみで、奉讃会の吉田辰男代表は「地元で安土桃山時代から守り抜いてきた宝。次の代にもしっかり引き継いでいきたい」と誓っていた。

コメント

台湾生まれの日本人男性、幼少期を過ごしたかつての家を再訪

2019年04月15日 | 台湾ニュース

「湾生」らの来訪を歓迎する高思博氏(左から2人目)



(台南 14日 中央社)日本統治下の台湾で生まれた日本人である「湾生」の男性(93)が14日、かつて15年暮らした南部・台南市の2階建ての木造住宅を再訪した。長い時を経て再び家の敷居をまたいだ男性は、保存状態の良さを称賛。子ども時代のことを「非常に懐かしく思い出した」と喜んだ。

男性の父親は地元の建設業界の名士。消防車を寄付したり、優秀な学生に学費を提供したりと、慈善事業に熱心だったという。同市の指定古跡に指定されている「旧台南合同庁舎」の建設に当たり、寄付も寄せている。

旧台南合同庁舎はかつて消防組の詰め所が置かれた建物。建物中央の高い塔は火の見やぐらとして1930(昭和5)年に落成。1938(昭和13)年には塔の両側が増築されて合同庁舎となり、消防や警察などの機関が置かれた。

台南市は、当初の姿をよみがえらせる修復作業と、同市の消防の歴史を紹介する史料館の設置を合わせて進めてきた。工事は終了し、15日に予定される供用式典には建物ゆかりの人々が招かれた。湾生の男性はこの機会を利用し、旧宅を訪ねることになったという。

戦後、男性の一家が日本に引き揚げた後に同宅を入手したのは、馬英九政権下で行政院政務委員(無任所大臣に相当)を務め、昨年11月の地方統一戦では野党・国民党の公認候補として台南市長選にも出馬した高思博氏の祖父。高氏自身にも同宅で幼少期を過ごした思い出があるといい、男性の訪問を温かく歓迎した。

コメント

台米合作の気象衛星「福衛7号」、米国へ 6月にも打ち上げ

2019年04月15日 | 台湾ニュース

台米合作の気象衛星「福衛7号」






(台北 14日 中央社)台湾が自主開発したオペレーションシステムが初めて使われた気象衛星「福衛7号」(フォルモサット7号)が6月にも米フロリダ州のケネディ宇宙センターから打ち上げられる。15日に米国に運ばれる予定になっており、北部・新竹市の国家宇宙センター(国家太空中心、NSPO)では14日、小型衛星6基を米国に送り出すセレモニーが行われた。あいさつに臨んだ蔡英文総統は、台風の経路や梅雨、豪雨の予測がより正確になると述べ、台湾の安全に役立つことに期待を示した。

福衛7号は2006年に打ち上げられた「福衛3号」の後継機。台湾と米国の共同プロジェクトで、本体はNSPOが設計し、英国で製造。米国が最先端の測量機器を提供した。イオン速度計や全地球測位システム(GPS)受信機を搭載し、データ量は福衛3号の3~4倍に達する。天気予報の正確性が約10%向上するほか、防災にも役立つことが期待される。

衛星を搭載するのは、米スペースXのロケット「ファルコンヘビー」。本来昨年末までに打ち上げる予定だったが、ロケットの製造が間に合わず延期されていた。

コメント

上賀茂神社で「曲水宴」

2019年04月15日 | 京都のニュース



平安時代に流行したとされる小川沿いで和歌を詠む貴族の遊び「曲水宴」が、14日、京都の世界遺産、上賀茂神社で再現されました。

「曲水宴」は、小川に杯を流し、川沿いに間隔をあけて座った人たちが、自分の前に杯が流れて来るまでに即興で和歌を詠む遊びで、平安貴族の間で流行したとされています。京都市北区の上賀茂神社では、平成6年から毎年この遊びを再現していて、ことしもきらびやかな装束をまとった5人の歌人が境内の小川のほとりに集まりました。14日はあいにくの雨のため、杯は川に流さず子どもが運びましたが、歌人たちは、与えられた「山吹」というお題でそれぞれ和歌を詠み短冊にしたためていきました。

神社にはおよそ500人が訪れ、いにしえの優雅な遊びに思いをはせている様子でした。

東京から訪れた80代の男性は、「みやびな世界にひたりました。令和の時代も変わらずに続けてほしいです」と話していました。
また、兵庫県の50代の男性は、「平成最後となるタイミングに、雨で味わい深い曲水宴を見ることができてすばらしかったです」と話していました。

NHK

コメント