DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

中国軍機、台湾接近は米艦の海峡通過への対抗措置、共産党系紙「ギャンブルすべきではない」と警告

2019年04月05日 | 台湾ニュース

台湾空軍機、中国の戦闘機2機に対してスクランブル



中国 殲11(J11)



中国空軍の戦闘機が3月末、台湾海峡の大陸と台湾本島の中間線を越えて台湾側に接近した。台湾側は戦闘機を緊急発進させた。中国機の飛行について、共産党系の環球時報は米海軍の艦艇が相次いで台湾海峡を通過したことへの対抗措置だったと指摘。米台に「ギャンブルすべきではない」と警告した。

米第7艦隊によると、3月24日、米海軍のイージス駆逐艦「カーティス・ウィルバー」と沿岸警備隊の巡視船「バーソルフ」が台湾海峡を台湾の南西側海域から北方向に航行した。米艦の台湾海峡通過は今年になってから1月24日、2月25日に続いて3回目。第7艦隊は「国際法にのっとった定例の航行だ」とした上で、「これらの艦船の台湾海峡通過は自由で開かれたインド太平洋への米国の取り組みを示すものだ」と強調した。

その後、中国空軍の殲11戦闘機2機が3月31日、中間線を越えて、一時台湾本島側の空域に入り、10分間ほど飛び続けた。台湾側からもF16戦闘機が緊急発進をかけ、一時海峡は緊張に包まれた。台湾側は「中国の無謀で挑発的な行動だ」として、「地域の安全と安定に重大な影響を及ぼす」と非難した。

中間線について、環球時報(英語版)は「中国が認めたことはない」と前置きし、「人民解放軍機が越えたとしても、今後の動向は台湾や米国の反応次第」と言及。「ワシントンは今年、3回にわたり軍艦を海峡に派遣した。解放軍機の中間線越えは深刻なものではないが、米台が挑発的な行動を繰り返すなら、情勢は不確実になる」と指摘した。

さらに「事態は(米中台の)3者が含まれるため、複雑に見えるが、ゲームの主役は北京とワシントンだ」と説明。中国軍機の行動が米国を意識したものであることを明らかにした。

中国が台湾を武力統一する可能性に関して環球時報は「平和的な統一が基本政策」としながらも、「それは武力の放棄を意味するものではない」と明言。「中国は(独立志向の)民進党が統治する台湾を(混乱が続く中東の)レバノンのように追い込むさまざま手段を持っている」とも威嚇した。

その上で米国が台湾への武器売却を進めていることなどを念頭に「もしワシントンが地域の緊張をエスカレートさせるような誤ったシグナルを送り続ければ、それは台湾当局にとって悪夢になりかねない」と主張。「台湾海峡危機がいったんコントロールを失えば、中国は最後まで戦う用意がある」と述べ、米台に「すでにギャンブルになっている海峡危機を自制すべきだ」と求めた。

環球時報は中国共産党指導部の“本音”を代弁することで知られる。中国は「一つの中国」原則に基づき、米艦の台湾海峡の通過を中国主権に対する重大な侵害と見なす。妥協を迫られる米国との貿易戦争を抱える中でも、台湾問題など「核心的利益」では一切譲歩する意思がないことを改めて示した形だ

コメント

平安神宮の池、響く幽玄の響き 紅しだれコンサート始まる

2019年04月05日 | 京都のニュース
「紅しだれコンサート」(京都市左京区・平安神宮)



平成元年の初演以来、毎春恒例となった平安神宮紅しだれコンサート(京都新聞主催、JR東海特別協賛)が4日、京都市左京区の平安神宮で始まった。咲き始めたベニシダレザクラがライトアップされる中、心地よいオカリナの音色が響き、訪れた約2200人は穏やかなひとときを過ごした。

 31回目を迎える今回は、残りわずかとなった平成時代を振り返り、これまで出演した人気アーティストを招いた。

 初日はオカリナ奏者の宗次郎さんが出演。東神苑の池に面した貴賓館を舞台に「さくらさくら」をはじめ、春がゆっくりと通り過ぎていく様子を描いたオリジナル曲「ゆっくりやさしく」など7曲を披露した。

 5日はチェリストの溝口肇さん、6日は雅楽師の東儀秀樹さん、7日は女性弦楽四重奏の紅しだれカルテットが出演する。演奏は午後6時40分と7時50分からの2回。当日券2千円。

【京都新聞】

コメント

京福電気鉄道、嵐電で「桜のトンネル」ライトアップ 「夜桜電車」も運行

2019年04月05日 | 鉄道関連



京福電気鉄道は2019年4月5日(金)から4月7日(日)までの3日間、北野線の鳴滝〜宇多野間の通称「桜のトンネル」区間、約200メートルにおいて、ライトアップと「夜桜電車」の運行を実施します。同企画は2019年で20回目となります。

「桜のトンネル」は、線路両側に咲く約80本のソメイヨシノの桜並木です。「夜桜電車」は、ライトアップを行う同区間では車内灯を消灯して低速で運行し、車内から「幻想的なお花見」を楽しむことができます。

ライトアップの点灯時間は18時30分頃から20時30分頃までで、夜桜電車は12分間隔の臨時ダイヤで運行されます。

レイルラボ

コメント

今度は女児かまれる サル被害、京の観光地で相次ぐ

2019年04月05日 | 京都のニュース

蹴上インクラインに出没した親子とみられる野生ザル



花見シーズンを迎えた京都市東部の観光地で、観光客らが野生のサルにかみつかれ、負傷する事案が相次いでいる。京都府警によると、3月下旬以降、45~89歳の女性4人が被害に遭い、今月4日には左京区でスウェーデン国籍の女児(10)が右ふくらはぎをかまれた。子連れのサルによる仕業とみられ、府警は「写真を撮ろうとしたり、近づいたりしないで」と呼び掛けている。

 京都府警によると、被害は3月22日~4月4日に東山区の知恩院や大谷祖廟周辺、左京区の蹴上インクラインなどで発生した。いずれの現場付近でも親子ザルが目撃されており、墓参り中の人や観光客らがいきなり、親ザルにかまれるなどしたという。

 市動物園の説明では、親子ザルは何らかの理由で群れからはぐれ、観光地に出没している可能性があると指摘。その上で「親ザルは警戒心が強く、子ザルに近づく人間を敵とみなして危害を加えたのではないか」とみている。

 被害拡大が懸念される中、京都市では獣害対策担当の職員が連日、市東部の山裾を中心に巡回し、警戒を強める。京都府警東山署も4日、管内の社寺や学校など75カ所で、親子ザルのイラストを入れた日本語と英語のチラシを配布した。

 同署の太田吉見地域課長は「サルを見かけたら逃げてほしい。女性や子どもは狙われやすく、特に注意してもらいたい」と話している。

【京都新聞】

コメント

京都バスが自転車と接触 6人病院搬送

2019年04月05日 | 京都のニュース

4日午後3時40分ごろ、京都市左京区高野西開町の川端通で、京都駅行きの京都バスと自転車が接触した。バスは急ブレーキをかけ、はずみで転倒した20~70代の乗客男女6人が病院に搬送されたが、いずれも軽傷の模様。

 下鴨署によると、現場は信号や横断歩道のある交差点で、南向きに走行していたバスが横断中の大学院女性(26)=京都市北区=の自転車と接触した。バスには約50人が乗車していた。バスの男性運転手(31)と自転車の女性にけがはなかった。

【京都新聞】

コメント

阪急長岡天神駅周辺を高架化へ 市が基本計画

2019年04月05日 | 鉄道関連

阪急長岡天神駅西側の駅前広場のイメージ。



京都府長岡京市はこのほど、阪急長岡天神駅周辺の整備基本計画をまとめた。交通渋滞を解消し、にぎわいのあるまちにするため、阪急京都線を高架化し、駅の東西に広場を設ける。市の中心市街地をつくり変える大掛かりな計画で、関連事業の完成には20年以上の期間が必要と見込まれる。

 計画の対象地域は、同駅北側のアゼリア通、同駅南側の天神通と、東はJR長岡京駅西側を南北に走る府道西京高槻線、西は長岡天満宮沿いの府道大山崎大枝線に囲まれた約0・5平方キロメートル。地元住民や事業者、有識者らでつくる計画策定委員会での議論や、市民アンケートなどを基に市が策定した。

 計画では、線路を高架化して駅の南北にある踏切をなくす。駅の東西に設ける広場のうち、西側にコミュニティーバスやタクシーの乗り場を、東西両側にマイカーの乗降場を配置する。両広場への進入のため、アゼリア、天神の両通りをつなぐ補助幹線道路を東西に1本ずつ整備する。

 このほど市役所で開かれた最終の計画策定委の会議では、中小路健吾市長が「本当にできるのかと言う声もあったが、大きな一歩を踏み出せた。立体交差やまちづくりの各事業の具体化と、市民全体が賛同できるための議論を進めていきたい」とあいさつした。

 市は今後、地権者の意向調査などを行い、府や阪急電鉄とも連携して、立体交差や駅前広場などの整備に必要な事業認可を目指す。

■天神通踏切、拡幅へ協議

 阪急長岡天神駅南側の天神通踏切(長岡京市天神1丁目)について、府は、拡幅に向けた協議を阪急電鉄との間で進めている。同踏切は幅が7・5メートルと狭く、以前から歩行者や自転車の通行に支障が出ており、2020年度末までの拡幅を目指している。

 府道の天神通と阪急京都線が交差する同踏切は、市の阪急長岡天神駅周辺整備基本計画では線路の高架化で廃止されることになっているが、事業の完了までには長期間を要する見込み。このため、高架化までの暫定的な措置として、市は府に拡幅を要望していた。

 踏切の北側に駅構内の線路の管理設備、南側に商業施設がそれぞれ迫っており、拡幅後の幅は最大でも約8メートルにとどまりそうだが、府乙訓土木事務所は「歩行者の動線をスムーズにするため、可能な限りの拡幅を実施したい」としている。

【京都新聞】

コメント

1泊5千円部屋も価格もコンパクト 相鉄、京都に新ホテル

2019年04月05日 | 京都のニュース

「ザ・ポケットホテル京都五条烏丸」に設けられるステップツインの客室イメージ



相模鉄道(横浜市)などを運営する相鉄グループは、約6~13平方メートルのコンパクトな居室で料金を抑えた宿泊特化型ホテル「ザ・ポケットホテル京都五条烏丸」を京都市下京区五条通烏丸東入ルで2020年夏に開業すると発表した。地下鉄五条駅から徒歩1分という立地で、訪日客やビジネスなど多様な需要を見込む。

 計画では全121室で、地上9階建て延べ1960平方メートル。4人部屋や女性専用フロア、セルフチェックイン・チェックアウト端末を設け、料金は1泊5千円程度の予定。

 相鉄グループ直営のホテルは京都市内では同ホテルが今回で2店舗目。「フレッサイン」2店舗と合わせると4店舗となる。

【京都新聞】

コメント

滋賀県日野町の日枝神社 「南山王祭」

2019年04月05日 | 京都のニュース






伝統の飾り「ホイノボリ」を奉納する春祭り「南山王祭」が4日、滋賀県日野町大窪の日枝神社で行われた。青空の下、ピンクや白の花飾りに彩られた境内で地元住民たちが宴席を楽しんだ。

 ホイノボリは、紙で作った花を付けた竹ひごを、のぼりの頂点から放射状に垂らして作る。5月初旬までに町内七つの神社の春祭りで奉納され、「日野のホイノボリ」として県の選択無形民俗文化財になっている。

 境内には高さ5~6メートル、計22本のホイノボリが並び、住民らはレジャーシートを広げて弁当や自家製の日野菜漬けを味わった。同町大窪の岸和田育三さん(78)は「祭りに合わせたかのように晴れてくれてうれしい。おかげでビールもおいしい」と笑顔を見せた。

【京都新聞】

コメント

特殊詐欺の初動捜査チーム発足 京都

2019年04月05日 | 京都のニュース

京都府警



被害が後を絶たない特殊詐欺の対策を強化するため、京都府警は高齢者などにだまされたふりをして犯人の逮捕に協力してもらう「だまされたふり作戦」など初動捜査に特化したチームを発足させました。

新年度に発足したのは、京都府警察本部捜査2課の捜査員13人でつくる「特殊詐欺初動捜査支援チーム SFIST」です。
京都府警によりますと、去年、府内で発生した振り込め詐欺などの特殊詐欺の被害件数は257件で、総額はおよそ5億7600万円にのぼっています。
警察官や銀行職員などを装って被害者を信用させたうえで、キャッシュカードを目の前で封筒に入れさせ、隙を見て別のカードにすり替えて盗み取る手口が最近は増えていますが、いわゆるオレオレ詐欺の被害も依然として多いということです。

今回、発足したチームは、犯人をおびき出すため、だまされたふりをする「だまされたふり作戦」にあたって、あらかじめ高齢者などに協力を求めたり、犯行グループを割り出すため、防犯カメラの映像を即座に集めて分析にあたったりと、初動捜査に特化しています。

捜査員は20代から30代が中心で、捜査2課特殊詐欺対策室の司農將至室長は、「特殊詐欺に特化したプロフェッショナルをつくり、巧妙化する手口と犯行グループの実態を的確に分析したうえで創意工夫を凝らした捜査を展開したい」と話しています。

元号が「令和」にかわることに便乗した手口で現金をだまし取られる被害が全国で相次いでいます。

京都府警によりますと、府内では不審な電話や被害にあったという通報は確認されていないということです。
ただ、「来月1日に平成から令和にかわるため変更が必要だ」などと言ってキャッシュカードなどをだまし取ろうとする手口が今後、出てくるおそれがあるして警察は注意を呼びかけています。

NHK

コメント

祇園祭1150年記念事業実施へ

2019年04月05日 | 京都のニュース

祇園祭創始1150年の記念事業について記者会見する門川大作京都市長



京都の夏を彩る祇園祭がことし1150年の節目の年を迎えることから、京都市などは伝統に根ざした祭の精神を次の世代に引き継ぐためのシンポジウムなど、年間を通じて記念事業を実施していくことになりました。

3日は、京都市東山区の八坂神社で、京都市や祇園祭山鉾連合会などが合同で会見を開きました。
祇園祭は、平安時代の貞観11年、西暦869年に全国各地で流行した疫病などの災いを退散させるために始められたとされ、ことし、1150年の節目の年を迎えます。

京都市の門川市長は、会見で「1150年の節目であり、平成から令和に切り替わって初めての祇園祭にもなる。世界中の人々の幸せなどを願う意義深いものにしたい」とことしの祭への意気込みを語りました。

年間を通じて記念事業を実施する予定で、このうち6月には、先月オープンした京都経済センターでシンポジウムを開催し、鉾(ほこ)の先端部分にあたる「鉾頭(ほこがしら)」などを展示することにしています。

また、▼島根県津和野町で祇園祭に由来した神事を伝承する保存会のメンバーを招いたり、▼祭をテーマにした講演や講座を開催したりして、祇園祭について広く発信していくことにしています。

NHK

コメント

綾部 ミツマタの花が見頃

2019年04月05日 | 京都のニュース






和紙の原料として知られるミツマタの花が、綾部市の山あいで満開の見頃を迎えています。

ミツマタの花が群生しているのは綾部市老富町の杉林で、およそ1.5ヘクタールの斜面が淡い黄色で覆われています。

ミツマタは「春を告げる花」とも呼ばれ、3つに分かれた枝の先には5ミリほどの小さな花が蜂の巣のような形でまとまって咲きます。

このミツマタの群生地は、昭和20年代に住民たちが和紙の原料として植えたものが野生化したとみられ、およそ5年前、地元の写真愛好家が偶然見つけたのをきっかけに今では観光名所となっています。

この冬は、比較的暖かかったことから花が咲くのは早かったものの、このところ寒い日が続いているため、例年より長く楽しめるということで、今月10日ごろまで見頃は続くことです。

訪れた人たちは、木漏れ日を浴びて鮮やかに黄色に輝くかれんな花をゆっくりとめで、写真に収めていました。

綾部市内から訪れた家族は「一面に咲いている感じが幻想的ですばらしく、来年もまた来たいです」と話していました。

NHK

コメント

サルにかまれる被害相次ぐ 注意

2019年04月05日 | 京都のニュース



桜のシーズンでにぎわう京都の知恩院などで観光客が野生のサルにかまれてけがをする被害が相次ぎ、警察などはむやみに近づかないよう注意を呼びかけています。

警察によりますと、京都市東山区にある浄土宗の総本山、知恩院の境内で3日午後3時半ごろ、東京から観光で訪れていた60代の女性が、サルに右足をかまれて病院に運ばれました。

子ザルが、女性の持っていた傘にじゃれ合うようにして近づいてきたあと、突然、体の大きなサルが襲ってきたということで、知恩院によりますと、境内では先週末から3日にかけて、外国人を含む観光客合わせて4人が足をかまれたということです。

4日は、知恩院とその周辺の寺や神社などで警察官が参拝や観光で訪れた人たちに「サルに近寄らないで」と書かれたビラを手渡したほか、京都市も職員が「攻撃的な親子のサルが出没している」と英語や中国語、韓国語を加えたビラを配っていました。

京都市内では、先月22日には知恩院から南に1キロほど離れた大谷祖廟で89歳の女性がサルに足をかまれたほか、4日も左京区の蹴上でスウェーデンの10歳の女の子が足をかまれるなど被害が相次いでいます。

子ザルの愛らしい姿を写真におさめようとして、親ザルに襲われるケースが多いということで、むやみに近づいたり写真を撮ったりしないよう注意を呼びかけています。

中国の上海から訪れた女性は、「サルと遊ぶことはできないですが、食べ物くらいはあげたいです。餌をあげるのは危険なんですか?知らなかったです」と驚いた様子でした。

フランス人の男性は「サルを見かけたら写真を撮りたいとは思いますが、かまれるかもしれないので、あまり近づきすぎないようにしようと思います」と話していました。

知恩院の門田行賀さんは、「これほど連続してサルが山から下りてくることは過去にはありませんでした。子ザルにカメラを向ける参拝者が多く、親ザルが威嚇の意味なのか、危害を加えるというパターンが多いようです」と話していました。

京都市文化市民局地域自治推進室の橋本祐太担当係長は、「京都で記念にサルの写真を撮りたいという方も多いと思いますが、近づいたり餌をあげようとすること、カメラを向けて写真を撮ろうとすることは絶対に危険です。サルを見かけたら目を合わせず、その場から離れてください」と話しています。

NHK

コメント