DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

11か月男児、保育士に無理やり寝かされて窒息死(台湾)

2019年04月04日 | 京都のニュース

昼寝中に窒息死した男児



台湾・台北市内湖区にある乳児保育所で1日、生後11か月の男児が窒息死する事件が起きた。警察はうつ伏せで寝ていたことによる窒息死と見ていたが、その後の調べで添い寝していた保育士がうつ伏せの男児の体を19分間押さえつけていたことが分かった。『TVBS新聞網』『自由時報』などが報じた。

事件があったのは1日の午後2時頃。保育所の調理員が、男児が反応しないことに気付き体を仰向けにさせたところ顔が紫色に変わっていたという。保育士が心肺蘇生を施すとともに119番通報し救急車で病院に向かったが、1時間にわたる救命措置もむなしく男児は死亡した。

死因は窒息死で口腔内に異物がなかったことから当初、警察ではうつ伏せに寝ていたことが原因と見ていた。しかし保育所の防犯カメラを調べたところ、驚くべきことが判明した。男児の世話をしていた保育士が、寝る前の男児を上から押さえつけるような姿勢で添い寝していたのだ。その間約19分。防犯カメラには男児が手足をバタつかせる様子が捉えられており、呼吸ができずにもがいていたのではないかと見られている。

調べに対し、保育士は「普段から寝つきの悪い子で、よく動くのであのような方法で寝かしつけた。体重をかけすぎないように加減していた」と泣きながら話したそうだ。また他の乳児を見るために男児の元を離れた際には、男児の寝息を確認したという。警察は2日午前、この保育士を業務上過失致死罪で送検したが、同日に保釈金3万元(約10万8000円)を支払い保釈されている。

男児の母親は連絡を受けた時、エイプリルフールの冗談だと思ったそうだ。病院へ駆けつけ、医師から救命措置を施した後に回復の兆しが見られないと告げられ、泣く泣く死を受け入れたという。

台北市政府社会局によれば、この保育士は現在停職処分になっているとのこと。また社会局では警察から防犯カメラの映像を入手しており、その映像や関連者への聞き取り調査、病院の診断結果、警察の調査情報などをもとに、この保育士及び保育所が規定に反していないかを審査するとしている。違反が認められた場合には、保育士資格の取り消しや罰金などの処分が下されるということだ。

Techinsight

コメント

台湾発キャラの魅力PR ブースは「市場」をイメージ 東京・ライセンス展

2019年04月04日 | 京都のニュース

謝駐日代表(2列目中央)と台湾発キャラの作者ら





(東京 4日 中央社)東京ビッグサイトで3日開幕したライセンシング商談会「第9回ライセンシングジャパン」に、文化部(文化省)は台湾パビリオンを出展した。出展は3年連続。「厳選した新鮮さを産地直送で」をコンセプトに、ブースのデザインに台湾グルメや市場の要素を織り交ぜ、台湾のオリジナルキャラクターの活きの良さや質の高さをアピールする。

台湾パビリオンに参加するのは10組のキャラクター。ブースのデザインは、台湾の市場で買い物かごとしておなじみの「ガージ」と呼ばれるメッシュバッグに使われる赤、緑、青の3色を基調にした。

台湾パビリオンの開幕式に出席した台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表(大使に相当)は、コンセプトにある「産地直送」とは、作者が自らPRし、紹介するという意味だと説明。台湾のオリジナルキャラは日本のキャラに劣らないと自信を見せ、今回の機会を通じてより多くの海外のコンテンツ業界から注目を集め、連携の機会を獲得できればと期待を寄せた。

台湾パビリオンを取りまとめる聯合数位文創の李彦甫董事長兼総経理(会長兼社長)は「今は台湾のオリジナルキャラが最も成熟し、活気がある時」だと言及。台湾の各世代の人々は日本の漫画やキャラとともに成長し、近年では台湾のキャラはエネルギーを吸収し、独自の特色を生み出せるようになっていると紹介した。

出展されるキャラ「チモ」(赤毛族)の作者の一人、温国欣さんは、日本の展示会に参加するにあたり、相撲や鯉のぼりなど日本らしい要素を新たにイラストに取り入れたと紹介。デザイン力が豊かであることを知ってもらえればとアピールした。

同展は5日まで。台湾パビリオン出展に合わせ、東京・表参道の「文房具カフェ」では出展キャラの関連グッズ販売や作品展示が7日まで行われる。

コメント

旧日本軍の宿舎が残る軍人村に民宿オープン 眷村文化伝える

2019年04月04日 | 台湾ニュース

建業新村にオープンした民宿



(高雄 4日 中央社)戦後に中国大陸から台湾に移り住んだ軍人やその家族らが暮らした「眷村」の一つ、南部・高雄市左営区の建業新村に3日、台湾初の「眷村民宿」が開業した。同市文化局は同日開いた記者会見で、旅行で高雄を訪れる際にはここに泊まって独特の眷村文化を体験し、伝えていってほしいと呼び掛けた。

建業新村の前身は日本統治時代の1940年代前半、旧日本海軍が左営に南進政策の拠点となる軍事基地を整備したのに合わせて建てた2棟続きのれんが造りあるいは木造の宿舎群。戦後、中華民国政府に接収された。改築や建て増しなどで外観が変わった建物もあるが、小石を打ち込んだ高さ約170センチの門柱など、随所に日本時代の名残を留めるほか、碁盤の目のように整備された敷地内の道路の幅も当時のままだという。

高雄市文化局によると、台湾各地に設けられた眷村は886カ所で、このうち現存するのは30カ所。その中でも唯一、中華民国陸海空軍の基地と士官学校がある同市に残る眷村の面積は各県市で最大級。同局は市内の眷村の活性化を目指し、希望者が無料で住宅に入居できる代りに古い家屋を修繕、保存するプロジェクトを2014年に立ち上げた。今回は商業利用枠として新たに、初期の賃貸料を免除する民宿経営を導入し、審査を通った7軒が正式開業する運びとなった。今後はプロジェクトが進む建業新村以外の眷村でも民宿がオープンする予定だという。

コメント

台湾2店目の「ららぽーと」、日本統治時代の製糖工場跡に建設

2019年04月04日 | 台湾ニュース









契約締結を喜ぶ楊瓊瓔台中副市長(左から3人目)、前台中市長の林佳龍交通部長(交通相、同2人目)



(台中 28日 中央社)三井不動産(東京都)が、日本統治時代に製糖工場があった中部・台中市の再開発エリアに「三井ショッピングパーク ららぽーと台中(仮称)」を建設する。27日、同社と土地を所有する台湾糖業(台南市)との間で、地上権設定契約が締結された。開業は2023年の予定。

ららぽーと建設予定地は、台湾鉄道の台中駅に程近い「台糖湖浜生態園区」。前身は1910(明治43)年に創立した帝国製糖の製糖工場で、戦後に台湾糖業が引き継いだものの、1990年に操業停止となった。総面積は7.7ヘクタールで、三井不動産が取得したのはこのうちの約4.3ヘクタール。1935(昭和10)年に完成した帝国製糖の台中営業所を修復・活用した文化施設「台中産業故事館」に隣接している。

楊瓊瓔台中副市長は、同市に昨年12月に開業した「三井アウトレットパーク台中港」が大勢の人々を引き付けて地元産業の発展をけん引していると喜びを示し、ららぽーとが駅周辺の活性化につながる新商機をもたらすことに期待を示した。

三井不動産の船岡昭彦常務執行役員は、この土地には100年の歴史があり、そのことが契約締結式をより意義深いものにしたと述べたほか、ららぽーとは消費者が長時間滞在できる環境を作り出し、2000以上の就業機会を提供する見込みだと未来の構想にも言及した。

同社の台湾におけるららぽーと事業は2021年開業予定の「三井ショッピングパーク ららぽーと台湾南港(仮称)」に続く2カ所目で、北部・林口や南部・台南などで展開するアウトレット事業を含めると5カ所目となる。

コメント

台湾南東部でM5.6 高雄などで震度4

2019年04月04日 | 台湾ニュース
 
推計震度分布図=中央気象局提供



(台北 3日 中央社)3日午前9時52分ごろ、台東県西部の延平郷を震源とする地震があった。中央気象局によると、地震の規模を示すマグニチュード(M)は5.6、震源の深さは10キロ。南部の高雄市桃源や屏東県三地門、嘉義県番路で震度4(台湾基準、以下同)の揺れを観測した。

台湾本島の各県市の最大震度は次の通り。震度3=南東部・台東県、南部・台南市、嘉義市、東部・花蓮県、中部・雲林県、南投県、台中市▽震度2=中部・彰化県、北部・苗栗県、新竹県、新北市、台北市、北東部・宜蘭県▽震度1=北部・新竹市、桃園市、基隆市。

コメント

米軍人の台北事務所駐在、米国の対台湾窓口機関が初めて認める

2019年04月04日 | 台湾ニュース

台北市内湖区にあるAIT台北事務所の新庁舎



(台北 3日 中央社)米国の対台湾窓口機関、米国在台協会(AIT)の台北事務所(大使館に相当)に、米海兵隊員など現役の米軍人が2005年から駐在していることが3日、分かった。AITのアマンダ・メンサー報道官が明らかにした。米軍人の台北事務所駐在をAITが認めるのは初めて。専門家は、台湾との関係を深める狙いがあるとみている。

同事務所は台北市南部の大安区にある現庁舎から同北東部の内湖区に建設した新庁舎への移転を5月6日に予定している。メンサー氏によると、移転後も軍人が駐在し、同様の警備体制が敷かれるという。

AITが軍人の駐在を正式に認めたことについて、国際問題に詳しい政治大の丁樹範名誉教授は、台湾との関係を深める意図があるのではとの考えを示した。

丁氏は一方、状況を楽観視し過ぎてはいけないとし、今後駐在の規模が拡大されるか、着用の服装が現在の私服から制服に変わるかなど動向を注視すべきだと述べた。

コメント

WHO総会 今年も招請されない可能性高く 外交部が強い遺憾表明

2019年04月04日 | 台湾ニュース

WHO総会が行われる議場



(台北 3日 中央社)ジュネーブで来月開かれる世界保健機関(WHO)の年次総会について、外交部(外務省)国際組織司(局に相当)の陳龍錦司長は3日、台湾が招請される可能性は高くないとの見方を示し、中国に従う態度を見せるWHOに対し、外交部として強い遺憾と不満を表明したと明らかにした。

台湾は2009年から8年連続でオブザーバーとしてWHO総会に出席してきたが、2017年と2018年は中国からの圧力により招請されていない。WHOの広報担当は先月下旬、台湾メディアの取材に、「両岸(台湾と中国)の合意が無い限り、台湾は招請状が届くのを期待しないでいい」と回答した。

陳司長は、中国の命令に従うWHO事務局の態度に外交部は簡単には同意できないとし、外交部は即座に駐ジュネーブ弁事処を通じてWHOに強い遺憾と不満を伝えたと説明。WHOからは、台湾の立場を理解するとの返答があったという。

消息筋によれば、台湾は今年の総会出席を目指し、国際社会への働き掛けを密にしてきた。外交関係を結ぶ国々に対し、台湾の総会出席を後押しする提案をWHOに行うよう要請するほか、3月中旬には公衆衛生関連の主要2団体がWHOのテドロス事務局長に書簡を送付し、台湾を招請するよう求めたという。3月下旬には、国交樹立国の在ジュネーブ代表部でつくるグループ「台湾の友」の共同代表2人が書簡で、台湾の招請をWHO事務局に呼び掛けた。

消息筋は、WHOは態度を変えていない一方、総会が受容性を有し、各方面からの参加を広く受け入れるべきだと考えていると指摘。理念が近い国々は引き続き台湾のためにWHOに働き掛けているとし、「一つの加盟国以外、自国の考慮に基づいて台湾の総会参加に反対する国は一つもない」と語った。

コメント

新時代「令和」 日本と台湾が築いた「善の循環」継続願う=謝駐日代表

2019年04月04日 | 台湾ニュース

謝長廷駐日代表





(台北 3日 中央社)謝長廷駐日代表(大使に相当)は2日、自身のフェイスブックで平成に代わる新元号「令和」が発表されたことに言及した。その上で、日本の新たな時代に「平和、繁栄、団結」がもたらされることを願うとするとともに、日本と台湾が平成時代に築いた「善の循環」の友好関係が継続されることを期待する考えをつづった。

また、新元号について台湾にも通知が届いたと説明。「日本は台湾に通知しない」との情報が拡散されたことに触れ、情報が事実と異なっていたことが分かったとし、フェイクニュースやデマを台湾の人々が軽蔑する新時代の到来を望むとの立場を示した。

日本メディアは3月末、日本外務省は日本が承認する195カ国や国際機関などに新元号を一斉に通知する方針だと報道。日本は中華民国(台湾)を承認していないため、台湾の一部メディアは「195カ国に台湾は含まれない」などと報じていた。

コメント

幻想的に舞うホタルの光 阿里山で見ごろ

2019年04月04日 | 台湾ニュース

阿里山のホタル=阿里山国家風景区管理処提供



(嘉義 3日 中央社)南部・嘉義県の景勝地、阿里山でホタルが見ごろを迎えている。同山ではそれに合わせて現地の特色を取り入れたさまざまな観賞イベントを実施。暗闇を幻想的に舞うホタルの光を人々に楽しんでもらう。

阿里山公路沿いにある「土匪山生態園区」では5日から来月4日までの毎週土曜と日曜、お茶を飲みながらホタルを観賞するイベントを開催。現地の自然や文化を紹介するガイドツアーも行う。阿里山にある台湾原住民(先住民)ツォウ族の集落「里佳部落」では13日と14日、ホタルのガイドツアーのほか、ツォウ族の文化体験も実施される。

阿里山国家風景区管理処によれば、管轄区域内には42種のホタルが生息。季節によって見られる種は異なり、この季節は前胸がオレンジ色の台湾固有種「タイワンボタル」などが姿を見せるという。

コメント

台南でウメの収穫始まる 量少なく

2019年04月04日 | 台湾ニュース

梅のカリカリ漬け



(台南 2日 中央社)南部・台南市の梅嶺風景区でウメの収穫が始まった。行政院(内閣)農業委員会農糧署によれば、今年は暖冬と少雨の影響で、収穫量は例年より少なくなる見込みだという。

標高約500~1100メートルに位置する同風景区はウメの名所として知られ、例年12月中旬から翌年1月までは白い花が一面を染める。同所のウメは日本統治時代に日本人によって植えられ、戦後は台湾人に引き継がれた。ウメの実と地鶏を一緒に煮込んだ「梅子鶏」は地元の名物料理になっている。

同風景区発展協会の許鴻文総幹事は1日、取材に対し、今年は冬の気温が高かったため開花状況がいまひとつだった上に、実をつける時期に雨が少なく、例年に比べて落下も多かったと説明。収穫量が例年並みの農園もあるものの、総じて収穫に影響が出ているという。

コメント

グアバ値崩れ 過去4年で最低水準

2019年04月04日 | 台湾ニュース

台湾 高雄・燕巣産のグアバ






(台北 3日 中央社)グアバの供給が過多になった影響で、価格が下落している。農家は行政に海外輸出のための支援を求めている。

台北第二青果卸売市場での平均取引価格は、2月4日の1キロ当たり49.3台湾元(約178円)をピークに下落に転じ、3月30日には今年最低の同11.9元(約43円)にまで下がった。2015年4月以来4年ぶりの低水準。

台北の青果市場をよく知る人によると、台湾のグアバの主要産地は南部・高雄と中部・彰化。彰化の農家は取材に対し、一部の農家は今年は輸出が好調になると見込み、生産量を増やしたと明かす。値崩れを受け、「県長や行政が輸出を手助けしてくれれば」と支援を期待する。

一方で、有名産地の一つ、高雄・燕巣産のグアバの価格には大きな影響は出ていないと高雄市政府農業局の呉芳銘局長は語る。燕巣産のグアバはブランド価値があり、高品質であるためだと説明した。

コメント

見ごろの桜と幻想的な色彩 京都・神童寺で初ライトアップ

2019年04月04日 | 京都のニュース

神童寺境内(木津川市山城町)



里山に春を告げる花ミツバツツジの名所として知られる京都府木津川市山城町の神童寺で6日夜、ライトアップが初めて行われる。見頃を迎えたサクラと共に、幻想的な色彩で照らし出す。

 市観光協会の主催。ミツバツツジは、明治期に当時の住職らが植えたとされる。本堂南側の山肌に広がっており、春に多くの人が鑑賞に訪れる。同寺によると、今年は3月の気温が低かったこともあってサクラの開花が遅れ、ライトアップ当日はミツバツツジとの競演が期待できるという。

 当日は本尊を安置する本堂正面の戸を開放する。茆原隆和住職(65)は「本尊に手を合わせてから楽しんでもらえたら」と話す。

 ライトアップは午後6時半から9時。入山料500円で参拝者に茶と菓子を振る舞う。JR棚倉駅から無料シャトルバスが午後6時10分から20~30分おきに運行。市観光協会0774(73)8191。


【地 図】京都府木津川市山城町神童子不晴谷112

【京都新聞】

コメント

大正生まれの商店街、四つ目「令和」記念し横断幕

2019年04月04日 | 京都のニュース

京都三条会商店街に掲げられた横断幕



京都市中京区の京都三条会商店街で、新元号が「令和」に決まったことを記念した横断幕が掲げられている。

 同商店街振興組合は買い物客に新元号を予想してもらうキャンペーンを行った。的中はゼロだったが、発表があった1日のうちに「さよなら平成、こんにちは新元号」「令和」と印刷した縦約1メートル、横約2メートルの横断幕を作った。

 同商店街は大正時代に誕生し、近年は外国人観光客も訪れる。組合の役員は「大正、昭和、平成、令和と四つの時代を過ごすことになるが、次の時代も頑張る」と決意を新たにしていた。

【京都新聞】

コメント

帰ってきた延暦寺の大木ヤマザクラ 台風で伐採、接ぎ木の苗植樹

2019年04月04日 | 京都のニュース

根本中堂の参道で咲き誇る伐採前のヤマザクラ



延暦寺(大津市坂本本町)の国宝、根本中堂の参道に1本だけ生え、2017年の台風の影響で伐採されたヤマザクラの遺伝子を持つ後継樹が2日、里帰りした。専門機関が接ぎ木して育てた苗木で、同寺関係者は「10年、20年後が楽しみ」と笑顔で迎えた。

 伐採前のヤマザクラは推定樹齢150年の大木で、毎年4月末ごろに見頃を迎えていた。17年の台風21号で倒木の危険が高まり伐採を決定。森林総合研究所林木育種センター関西育種場(岡山県勝央町)に後継樹の増殖を依頼。昨年2月、伐採直前に枝を採取し、接ぎ木して育てた。

 この日、戻ったのは新芽をつけている高さ約0・8~1メートルの苗木7本で、うち2本を元のサクラがあった場所のそばに植樹した。苗木に土をかぶせた小堀光實執行(こうじつしぎょう)(65)は「お帰りなさいという気持ち。お参りされる方の心を洗い、『令和』の新時代にふさわしい、和を感じる花になってほしい」と話した。

 2本は今後、シカよけのフェンスで囲う。5本は比叡山麓の滋賀院で育て、2026年の根本中堂の改修終了後に植え替えを検討する。同センターによると、花が咲くのは5年ほど後という。

【京都新聞】

コメント

ピンクの電動運搬機やカラフル長靴 「農林女子」が企業と農機具

2019年04月04日 | 京都のニュース

共同開発された長靴や石けん



京都府内で農林業に携わる「農林女子」が、現場で感じる苦労や不便を解消しようと企業などと開発した便利機能グッズの商品化が進んでいる。農機具の分野ではこれまであまり重視されてこなかった色へのこだわりもあり、女性ならではの視点から生まれる機能とデザインで新たな需要開拓を目指す。


 このほど京都府庁で開かれた2018年度の商品発表会では、電動アシスト付きの手押し運搬車、カラフルで作業しやすい長靴や足袋型の靴、ネギなどの強い臭いを落とせる石けんが出展された。開発企業や現場の視点で改良点を提案した女性農家らが商品の特長を説明した。

 JA全農京都(京都市中京区)は、収穫した野菜や資材を運ぶ手押しの運搬車に充電式の電動アシスト機能を付け、坂道や重い荷物を載せた時でも女性が簡単に扱えるように改良した。バッテリーは電動草刈り機などと共通にして利便性を高め、女性が親しみやすい淡いピンク色の製品を用意した。

 開発に関わった福知山市の野菜農家、小林加奈子さん(51)は「夏は早朝に収穫することが多く、エンジンは騒音に気を遣う。電動アシストなら静かで迷惑を掛けずに済む」と話した。

 商品開発は18年度が3回目。これまで取り組んだ全11点中、今回の電動アシスト付き運搬車と16年度のバネの力で力仕事を助けるアシストスーツ、17年度の着脱式日焼けカバー付き帽子の3点が商品化された。毎回、農林女子の現場で感じる苦労や楽しく作業するための工夫を出発点に、業者を交えて7~8回集まり、意見交換しながら開発を進めている。

 今回、阪神素地(兵庫県高砂市)は、履き口を片手で絞れるように改良した長靴や色合いを工夫した足袋型の靴を発表した。担当者は「農林女子の皆さんの無理難題に応えたからこそ、いいものができた。今後もあきらめずに無理を言ってほしい」と開発を振り返った。

 同社の長靴や足袋型の靴など、商品化が近いものも3点ある。今後は新たな製品開発に区切りを付け、これまで取り組んできた製品の商品化や農林女子の感想を基にした商品PRに力を入れる。

【京都新聞】

コメント