DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

中国J-11戦闘機2機が「越境」し台湾に接近、台湾側はIDFとF-16で対応、10分間対峙

2019年04月02日 | 台湾ニュース

中国軍の戦闘機J-11が3月31日、
台湾海峡の大陸と台湾本島の中間線を超えて台湾側に接近



中国軍の戦闘機J-11(殲-11)が3月31日、台湾海峡の大陸と台湾本島の中間線を超えて台湾側に接近した。台湾側は戦闘機を緊急発進させ対応した。台湾メディアの中央通訊社は2019年4月1日で同件を報じ、蔡英文総統が軍に対して「中間線を故意に超える挑発に対しては、ただちに強制的に駆逐せねばならない」と命じたなどと紹介した。中国・大陸メディアも同件を大きく扱った。

台湾総統府は1日午前、国家安全会議を招集した。蔡総統は出席した軍関係者に「中間線を故意に超える挑発に対しては、ただちに強制的に駆逐せねばならない。国家の安全を脅かす恐れがある威嚇は、いかなるものであっても断絶せねばならない」と命じたという。

中国軍戦闘機はJ-11で、福建州福州付近で離陸してから大陸部南下して海上に向かい、大陸と台湾本島の中間線を越境して台湾本島から185キロメートルの位置にまで近づいた。台湾側はまず、パトロール飛行中だったIDF戦闘機が対応し、続けて嘉義付近からF-16戦闘機を多数緊急発進させて増援した。台湾側航空機は無線で、中国軍戦闘機に引き返すよう要求を続けた。空中での対峙が続いたのは約10分間で、中国戦闘機は引き返したという。

台湾総統府の黄重諺報道官は同件について「中国のこのようなやり方は、国際的責任を欠いているだけでなく、地域の安全と安定に対する意図的な挑発だ。中間線を超える行為は、(台湾海峡)両岸の現状を公然と破壊するものだ」などと厳しく非難した。

台湾メディアの自由時報は「権威筋」の説明として、中国軍機は過去にも中間線を超えて台湾に接近したことがあったが、多くの場合は天候が不良は空域を避けるためか、旋回半径が大きすぎて中間線を超える偶発的なものであり、直ちに中間線よりも大陸側に引き返したと紹介。3月31日の越境は継続時間が10分間と長かったことからも、計画的な挑発であるのは明らかで、偶発的な事態とは考えられないという。

J-11はロシアのSu-27の中国におけるライセンス生産版。ただし、中国がロシア側に無断で改良を行ったために問題になった。現状における中国の主力戦闘機と考えてよい

(サーチナ)

コメント

中国機中間線越え 日本が対話による平和的解決呼び掛け 台湾は感謝

2019年04月02日 | 台湾ニュース

台湾空軍機、中国の戦闘機2機に対してスクランブル



中国 殲11(J11)






(台北 2日 中央社)中国軍機2機が台湾海峡の中間線を越え、台湾側の空域に侵入したことについて、菅義偉官房長官は1日午後の記者会見で、台湾と中国間の対話による平和的解決を呼び掛けた。外交部(外務省)は両岸情勢に対する日本からの関心に感謝を示した。

菅氏は「台湾海峡の平和と安定は地域、世界にとって極めて重要」と言及した上で、「両岸の問題が当事者間の直接の対話により平和的に解決されることを強く期待する」と述べた。続けて「台湾海峡を巡る関連の動向については引き続き注視していきたい」と語った。

菅氏の発言を受け、外交部の李憲章報道官は同日、日本側が公の場で両岸情勢への関心を示したことを好意的に受け止め、感謝すると述べた。台湾が両岸の平和と現状の維持に長年尽力していることに触れ、外交部は中国の挑発的行動を強く非難したと改めて説明。台湾は引き続き防衛力を強化するとともに日米など近い理念を有する国と連携し、民主主義や自由を共同で守り、インド太平洋地域の平和と安定を維持していくとした。

▽米国からも台湾支持の声

中国機の中間線越えに関し、米国からも台湾を支持する声が上がった。ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は現地時間1日、ツイッターで「中国の軍事的挑発は台湾の人々のいかなる心もつかめない。民主主義を大切にする各地の人々に決意を強くさせるだけだ」と言及。「台湾関係法とわれわれの約束ははっきりしている」と表明した。

この投稿に対し、呉ショウ燮外交部長(外相)は外交部の公式アカウントで返答し、「揺るぎない友情と支持を大切にする」と感謝を示した。(ショウ=金へんにりっとう)

米国務省や国防総省の報道官も、現状を一方的に変更するいかなる行為にも反対する米国の立場を表明し、北京側のやり方は地域の安定にとって利益にならず、数十年にわたる平和と安定、発展の枠組みを破壊することになると批判した。

中国軍の戦闘機「殲11」2機は先月31日、台湾海峡の中間線を越え、台湾の南西の空域に侵入。中華民国空軍は戦闘機をスクランブル発進させて対応した。

コメント

台湾、中国軍機の「中間線」越えを非難 スクランブル発進で対抗

2019年04月02日 | 台湾ニュース

中国軍機が台湾海峡の「中間線」を越えて飛行したとして台湾政府が非難



香港(CNN) 台湾政府は2日までに、中国空軍の戦闘機が台湾海峡の「中間線」を越えて飛行したことについて「無謀で挑発的な」行動だと非難した。このときは、台湾軍も対抗措置として戦闘機をスクランブル発進させる事態となっていた。

台湾軍によれば31日の午前11時ごろ、中国軍の「殲11」戦闘機2機が中間線を越えて、台湾の領有する海域の上空に侵入。台湾外交部(外務省に相当)は声明を出し、中間線を越えての侵入は「意図的であり、無謀かつ挑発的な行動だ」と非難した。

米シンクタンク、戦略国際問題研究所(CSIS)で中国に関するプロジェクトを統括するボニー・グレーザー氏は、中国軍機による中間線の突破について、2011年に意図せず越えて飛行したケースを除けば1999年以降は行われていないとの見解を示した。

台湾の地元メディアによれば、31日の事象では台湾軍も戦闘機をスクランブル発進させたことから、台湾軍機と中国軍機が10分間にわたって対峙(たいじ)する形になったという。

前日の30日には、中国軍機が沖縄本島と宮古島の間を飛行したとして、自衛隊も複数の戦闘機をスクランブル発進させたことを明らかにしていた。

コメント

元号考案、石川忠久氏へ委嘱 和貴、万和など十数案

2019年04月02日 | ニュース

石川忠久氏



「平成」に代わる新元号の考案を巡り、政府が二松学舎大元学長の石川忠久氏(86)=中国古典=に正式委嘱し「和貴」「万和」「光風」など十数案の候補名を得ていたことが分かった。政府で新元号選定を担当した古谷一之内閣官房副長官補が3月14日付の手紙で依頼した。関係者が1日、明らかにした。

 学習院大元学長の小倉芳彦氏(92)=中国古代史=も共同通信の取材に、政府から考案の依頼を受けたと証言した。

 関係者によると、以前から政府内で元号に関する事務を担当する男性職員が石川氏に候補名を考案するよう接触を重ね、2017年夏までに候補名を入手した。

(京都新聞)

コメント

「令和」コーナー、書店に登場 出版社は重版も

2019年04月02日 | ニュース

「万葉集」を現代語訳した文庫本や、平成を振り返る本などが並ぶ特設コーナー
1日夜、東京の八重洲ブックセンター本店



新元号「令和」が発表されたのを受け、東京都内の書店では2日、出典となった「万葉集」を現代語訳した文庫本を紹介したり、「令和」を掲げたりした特設コーナーが登場。発表直後から相次ぐ書店からの注文に、出版社も重版を決定した。

 東京の八重洲ブックセンター本店では、1日からブックフェア「平成から新元号へ」を開催。元号の発表後、コーナーの「新元号」部分を急きょ「令和」と直し、現代語訳の文庫本を紹介。在庫分は次々と売れ、追加発注した。

 元号発表後、神保町ブックセンターでも「『平成』から『令和』へ」と題した特設コーナーを設け、文庫本などを並べた。

(京都新聞)

コメント

来庁者の手荷物、金属探知機とエックス線検査 京都地裁が導入

2019年04月02日 | 京都のニュース

1日に導入された来庁者の手荷物検査機器。
出入り口は正面玄関に一本化された(京都市中京区・京都地裁)



警備強化を目的とした京都地裁(京都市中京区)の手荷物検査が1日、始まった。空港の手荷物検査場のように、来庁者に金属探知機とエックス線手荷物検査を実施する。これまで4カ所あった出入り口も丸太町通に面した正面玄関に一本化された。

 地裁は昨年、来庁者の安全確保を目的に入庁検査の導入と、南側や東側の玄関の封鎖を決めた。法曹関係者らは身分証の提示などで検査が不要となっている。導入初日のこの日は、裁判の開廷がなく、正面玄関が来庁者で混雑することはなかった。

 一方、京都弁護士会は昨年末、出入り口の一本化は、地裁が保護命令を出すDV事案(配偶者暴力)で加害者が待ち伏せする恐れなどがあるとして計画の変更を求める要望書を地裁に提出している。

 また、原告数が3千人を超える関西電力大飯原発(福井県おおい町)運転差し止め集団訴訟の弁護団長代行の中島晃弁護士は「検査場の混雑で市民が裁判を傍聴できない恐れがある」と危機感を抱き、2カ所以上の出入り口の確保を求めている。

 約6年前から手荷物検査を導入する東京家裁では、先月20日、離婚調停で訪れた女性が、検査場の前で別居中の夫に刺殺される事件が発生している。京都地裁は「トラブルが予想される事案はこれまでと同様に個別の対策を講じていく」としている。

(京都新聞)

コメント

ひこにゃん「令和」掲げ、宮司は揮毫 滋賀県内で喜びの声

2019年04月02日 | 京都のニュース

参拝者たちが見守る中、新元号を墨書きする佐藤宮司
(1日午前、大津市神宮町・近江神宮)



新元号のパネルを掲げるひこにゃん(滋賀県彦根市・四番町スクエア)



新しい元号が発表された1日、滋賀県内でも早速、「令和(れいわ)」ブームに包まれた。近江神宮(大津市)では宮司が揮毫(きごう)した立て看板がお目見えし、彦根市の人気キャラクター・ひこにゃんは「令和」と書かれたパネルを披露して観光客を喜ばせた。

 天智天皇ゆかりの近江神宮。午前11時過ぎ、朱塗りの楼門前で揮毫の準備が始まった。何事か、と足を止める参拝者たち。約20人が元号発表の中継をスマートフォンで見て歓声を上げると、佐藤久忠宮司(84)はすぐに筆を取り、看板に貼り付けた紙に墨書した。慎重な筆運びで「令和」と大書し、日付も添えた。

 様子を見守った東京都調布市の高校2年の男性(16)は「令の字がかっこいい。引き締まった感じ」と目を輝かせた。佐藤宮司は「平成は自然災害が多く、人災もあった。今度の時代は静かに落ち着いた世の中になってほしい」と願いを込めた。

 彦根市の観光施設・四番町スクエアでは、元号発表から約1時間20分後の午後1時、ひこにゃんがステージに現れた。小さな額縁に入れた「令和」の文字をお披露目すると、約100人の家族連れやカップルは手を振ったり、写真を撮ったりしていた。

 名古屋市から訪れた歯科医の男性(30)と妻(26)は「6月に子どもを出産予定で、令和生まれになるのは感慨深い。偶然、ひこにゃんに新元号を披露してもらっていい記念になった」と笑顔を見せていた。

 行政は新元号へのシステム対応を本格化させた。大津市では情報システムの委託業者が、住民票の発行や転出入を管理するシステムに「令和」を入力。元号表記が「平成」からスムーズに移行するかテストした。

 市情報システム課の伊藤義樹課長(52)は「5月の改元に向けてミスがないように準備していく」と話した。

(京都新聞)

コメント

新元号発表でシステム改修進む ラベル業界「改元特需」期待

2019年04月02日 | 京都のニュース

新元号の発表後に試作された「令和」の訂正シール



新元号発表を受け、文書に元号を使っている役所などは1日、元号表示を改めるため、システム改修の最終作業を始めた。シールやラベル業界では、書類やカレンダーの元号を修正する需要を見越し、受注に向けた準備に乗り出した。

 京都府庁ではこの日、担当職員がインターネットで元号発表をチェック。発表を受け「令和」をシステムに反映させるよう事業者に確認の連絡を入れた。

 府は改元に対応するため昨年6月補正予算に7600万円を計上し、すでに運転免許証作成や河川防災情報など計33システムの改修をほぼ終えている。京都市も同様に2億7800万円かけて住民票や課税証明書などのシステム改修を完了。後は新元号をプログラムに反映し、印刷やパソコン画面上に正しく表示されるか確認するだけの状態となっている。京都市担当者は「5月から滞りなく新元号がスタートできるよう、詰めの作業をしっかりと行いたい」と気を引き締めた。

 シールやラベル製作の共栄紙工(南区)では、ニュースで新元号を確認すると、山田裕彦社長(53)がすぐに「令和」シールを試作。3種類の大きさで印刷し、機械で切り分けた。山田社長は「発表まで印刷の注文が控えられていたので、ようやく動き出せる。明るく元気な時代になってほしい」と語った。

 京都シール印刷工業協同組合理事長の大槻裕樹さん(69)は「今は西暦表記が多く、平成の改元時のように注文が殺到することはないだろう」とみる。ただ、急な注文に備え、自ら経営するシール会社は請け負う仕事を調整しており、「改元特需」に期待も寄せる。

(京都新聞)

コメント

新元号発表、京都新聞号外に市民殺到 京都・滋賀で配布

2019年04月02日 | 京都のニュース

新元号を伝える号外を奪い合うように手にする人たち(1日午後 JR京都駅前)



新元号が発表された1日、京都新聞は京都と滋賀の計4カ所で号外を配った。時代の節目を刻む1枚を求めて、多くの市民が手を伸ばした。

 京都市下京区の四条河原町交差点やJR京都駅前では、「記念にもらいたい」「家にとっておきたい」という市民数十人が待ち構えた。号外配布が始まると奪い合うように手にする姿も見られた。

 京都市東山区の主婦(80)は「穏やかな時代になりそうな印象。出典となった万葉集を読んでみたい」と話した。自営業の男性(38)=大阪府守口市=は「昭和で使われた漢字が再び登場したのが意外。『和』が表すように、安心して暮らせる社会になってほしい」と期待した。

(京都新聞)

コメント

親鸞の好物・小豆のフェスタ 東本願寺 京都

2019年04月02日 | 京都のニュース



真宗大谷派の本山・東本願寺(京都市下京区)の飛び地境内・渉成園(しょうせいえん)で4日まで、あずきフェスタが開かれている。宗祖・親鸞が小豆を好んだという言い伝えにちなむ食のイベント。京都ゆかりの10店が出て、小豆を使った菓子やパン、鯛(たい)赤飯などを販売する。

 新企画として「東本願寺」の焼き印が入った蒸し立てのまんじゅうを販売する。1個100円で各日200個限定。渉成園には約50本の桜があり、花見も楽しめる。

 フェスタは午前9時~午後4時半(4日は正午まで)。渉成園の入園には500円が必要。問い合わせは真宗大谷派宗務所総務部・広報(075・371・9191)。

朝日新聞

コメント

日本の対台湾窓口機関、新元号を駐日代表処に通知

2019年04月02日 | 台湾ニュース



(台北 1日 中央社)外交部(外務省)は1日、日本の新元号が日本の対台湾窓口機関、日本台湾交流協会から台北駐日経済文化代表処(大使館に相当)に通知されたと発表した。内容は日本が各国に伝えたものと全く同じだったとしている。

日本メディアは先月末、日本外務省は日本が承認する195カ国や国際機関などに新元号を一斉に通知する方針だと報道。

日本は中華民国(台湾)を承認していないため、台湾の一部メディアは「195カ国に台湾は含まれない」などと報じていた。

*「通知しない」の元ネタは中国のメデイア、台湾ハズシのネタは根拠のない話を次々と繰り出してきます。

コメント