DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

日本を訪れた台湾人、運転手からの贈り物に大感激=台湾メディア

2016年06月08日 | 中華民國



わざわざ日本を訪れてくれた外国人観光客には、ぜひいい思いをして帰ってもらいたい。それが、もてなす側が考える最も基本的なことではないだろうか。台湾メディア・東森新聞雲は3日、東京を訪れた台湾人が、タクシー運転手からもらった手書きの手紙に大いに感動したと報じた。

 記事は、「日本の細かい、周到なサービスには、多くの人が旅行中の心温まる喜びを覚える」としたうえで、ある台湾人ネットユーザーが先日東京に出張した際のエピソードをネット上で発表したと紹介。現地のタクシーに乗車して成田空港に向かった際、ドライバーが車内にスターバックスのコーヒーやお菓子を用意していてくれたほか、手書きの挨拶状が付されていたこと、空港到着後にはお守りをプレゼントしてくれたと伝えた。

 付されていた挨拶状には中国語で「東京の旅はよかったですか。どうちゅうご無事で。また早いうちに会いましょう」と書かれ、最後には英語でHave a safe flight!と記されており、このネットユーザーは感動に包まれたと説明している。さらに、ドライバーはユーザーが車を降りて、空港の建物内に入るまで見送り続けたことを併せて紹介している。

 このユーザーは、思いがけない心のこもったサービスに心を揺さぶられたようだ。ただ、全てのタクシー会社や運転手がこのようなサービスを提供しているわけではない。このような「感動エピソード」が広くシェアされることで、今後「こういったサービスが当然受けられるものだ」と考える人が日本に行くようになるかもしれない。そこで実際に享受できないとなれば、彼らは失望して日本を離れることになるだろう。もてなす側にとっては「ハードル」が一段上がることになる。常に客を喜ばせるためには、たゆみない努力とアイデア、向上心が必要なのだ。



コメント

「休み山」の鷹山、復興へ検討委が初会合 京都・祇園祭

2016年06月08日 | 京都のニュース



 祇園祭山鉾連合会(事務局・京都市中京区)は、190年前から「休み山」となっている鷹(たか)山の復興に向けた調査委員会を設置し、7日に第1回会合を開催した。2年かけて歴史文献や絵画資料、残されたご神体人形などを検証し、どの時代の、どのような形態の山を復元、製作するかを検討する。連合会が鷹山復興を正式に議論するのは初めてで、検討結果を基に復興が具体化される。

 委員会は文化庁の補助金を受け開催。連合会の役員と専門家計9人で構成する。

 この日の検討会で岸本吉博連合会理事長(67)は「鷹山の骨格を作りたい。山鉾行事の任に堪えうる山となるよう進める」と話した。

 鷹山保存会は4月、山鉾連合会に準加盟した。過去に四つの山鉾の復興に関わった植木行宣会長(84)は「連合会に加盟するということは、国の重要無形民俗文化財とユネスコの無形文化遺産の枠に入るということ。それにふさわしく、品格のあるものにするため議論したい」と話した。出席した鷹山保存会の山田純司理事長(61)は「私たちの世代が復興の最後のチャンスという認識だ」と意気込んだ。

 鷹山は、中京区三条通室町西入ルの町内にあった後祭(あとまつり)の曳山(ひきやま)だった。1826(文政9)年の大雨で懸装品が被害に遭い、その翌年から山鉾巡行に参加していない。2014年、囃子(はやし)が復活し、15年に新たに保存会を発足させた。26年までの山の復興を目指している。


コメント