DUKE Train

台湾・京都関連中心に日々のニュースを取り上げています。

桃園メトロ、通勤・通学客向けの120日間定期発売へ

2018年05月16日 | 中華民國

桃園メトロ提供 

(桃園 14日 中央社)桃園メトロ(MRT)空港線は6月1日、通勤・通学客の負担軽減を目的とした120日間定期券を発売する。区間指定割引を組み合わせ、乗車駅と下車駅を指定することで最低5割引になる。「直達車」(急行)にも「普通車」(各駅停車)にも乗れるほか、期間内は乗り降り自由。同メトロは、使えば使うほど得だとアピールし、利用を呼び掛けている。

13日のPR記者会見に出席した鄭文燦桃園市長によると、同メトロの今年2~3月の1日当たりの平均利用客数は、予想をはるかに上回る約6万人に達したという。また、定期券の購入者数も約1万1000人に上っており、これら定期客を増やすことで同メトロをより成長させたいと意欲を示した。

120日間定期の価格は、通勤(通学)日数を84日間と想定して算出する。例を挙げると、台北駅(A1)~空港第2ターミナル駅(A13)区間の往復運賃は320台湾元(約1200円)。これに84を乗じると2万6880元(約10万円)になるのに対し、120日間定期は1万3440元(約5万円)。84日間の利用で5割引、120日間使えば6.5割引になる計算。

同メトロはこれまでにも、30日(3割引)、60日(3.5割引)、90日(4割引)などの定期券を販売している。

コメント

台湾、はしかの流行終息 衛生省が宣言

2018年05月16日 | 中華民國

日台でのはしか感染状況を説明する衛生福利部疾病管制署の関係者 

(台北 16日 中央社)衛生福利部(衛生省)疾病管制署は15日、はしか感染者と接触した人たちの要健康観察期間が終了し、台湾内における流行が終息したと宣言した。一方、日本では流行が続いているとし、訪日する予定がある場合には日本の感染状況に注意を払うよう呼び掛けた。

同署の統計によれば、今年台湾で確認された感染者は24人。うち17人は台湾内で、7人は海外で感染した。感染者と接触した人は8456人で、うち台湾内で接触したのは7563人だった。

同署の羅一鈞副署長は、夏季休暇に日本を訪れる人が増えると予想されることを踏まえ、日本でのはしかの流行は気温の上昇に伴い収まるとの見通しを説明。ワクチンは6月中旬に台湾の医療機関に届く予定だとし、訪日する予定がある人は日本の感染状況に応じて接種を検討するよう呼び掛けた。

コメント

WHO総会 台湾メディアの取材申請通らず ジャーナリスト団体が抗議へ

2018年05月16日 | 中華民國

国連欧洲本部に却下された中央社の取材申請 

(台北 16日 中央社)国連欧州本部は15日、中央社に対し、スイス・ジュネーブで21日から開かれる世界保健機関(WHO)年次総会への取材許可証申請を却下したと通知した。ジャーナリストの国際組織、国際ジャーナリスト連盟(IFJ)のフィリップ・レル会長は同日、このようなやり方は「受け入れられない」とし、関連機関に書面で抗議する方針を示した。

中央社は今年、ロンドンとブリュッセルの特派員を通じてそれぞれ申請を行ったが、いずれも承認されなかった。国連欧州本部からのメールに、却下の理由は記載されていない。申請する際のオンライン登録システムでは、「台湾」が選択欄に入っていなかった。中央社は昨年もWHO総会への取材許可証の発給を拒否されていた。

外交部の李憲章報道官は15日、台湾メディアの取材許可証申請への協力は同部と駐ジュネーブ弁事処が優先事項としてきたものだと説明。現時点では具体的な進展はないと前置きした上で、外交関係を結ぶ国や理念が近い国と引き続き協力し、積極的にWHOに働き掛けると述べた。

台湾は2009年から2016年まで8年連続でWHO総会にオブザーバー参加してきたが、昨年は中国大陸の圧力を背景に出席できなかった。今年も招請状が届いていない。

コメント

日本から台湾への株式投資、大幅増 背景に日台専門チームの立ち上げ

2018年05月16日 | 中華民國

陳朝栄氏 

(台北 16日 中央社)台湾証券取引所の統計によれば、今年1~3月の日本からの株式投資額は3318億台湾元(約1兆2250億円)となった。2013年の年間投資額は1069億元(約3950億円)にとどまっており、5年で大幅に増加している。同所の楊朝栄副総経理(副社長)は、2014年に日本の取引所と共同で専門チームを立ち上げたことが投資促進につながったと説明した。

楊副総経理によれば、同所は2000年、東京証券取引所と協力に向けた覚書を締結。だが、2013年末の時点で外国人投資家の株式投資額に日本からの投資が占める割合は1.36%にとどまっており、開発における潜在性が指摘されていた。2014年に日台合同の専門チームを立ち上げて以降は、マーケティングでの連携や相互訪問など日本側との実務的な協力を重ねてきたという。

同所の統計によると、今年第1四半期の日本の投資額が海外勢で占める割合は2.73%にまで成長した。同所は日本からの投資をさらに促進しようと、今月18日には東京都内で投資説明会を開催する予定だという。

コメント

航空会社の「台湾」表記問題、今度はカナダ 外交部が訂正要求

2018年05月16日 | 中華民國

エア・カナダの航空券予約サイト 

(トロント 16日 中央社)カナダの航空会社、エア・カナダは現地時間14日、ウェブサイト上の「台湾」表記を、「Taipei,CN」(台北、中国)に変更した。中国大陸の圧力が背景にあると見られている。外交部(外務省)の李憲章報道官は15日、駐カナダ代表処を通じて同社に訂正を求めたと説明。カナダ政府に対しても、民間企業の後ろ盾となり、台湾とともに企業運営の自由を守るよう要請し、中国大陸の政治力による干渉に屈しないよう呼び掛けた。

中国大陸は先月末、海外の航空会社36社に対し、自社サイトなどでの台湾に関する表記を「中国共産党の基準」に合致させるよう求めた。

李報道官は、手段を尽くして外国企業を脅迫し、自身の尊大な主張を受け入れさせようとしても台湾人民の反感をあおるばかりだと述べ、中国大陸への批判を強めた。

この件をめぐっては、カナダの日刊紙グローブ・アンド・メールが「エア・カナダは中国大陸に屈した」として詳細に報道したほか、経済紙・フィナンシャル・ポストも批判的な姿勢を示した。また、カナダ在住の華僑も「信用を重んじるカナダ人の尊厳を失った」と非難。同社のフェイスブックには、「台湾は中国の一部ではない」などとする書き込みが寄せられている。

コメント

日本人客がチェックアウトした後、伝言ノートを見てビックリ!―

2018年05月16日 | 中華民國

資料写真 


14日、台湾・TVBS新聞網は、台湾の旅館に宿泊した日本人客が残していったあるものが、台湾のネット上をにぎわせていると報じた。

2018年5月14日、台湾・TVBS新聞網は、台湾の旅館に宿泊した日本人客が残していったあるものが、台湾のネット上をにぎわせていると報じた。

記事によると、台湾の旅館で働く女性がフェイスブックで、「先日、日本人のお客さんが1人泊まりに来た。普通の宿泊客だと思っていたけど、朝チェックアウトした後で、旅館内の伝言ノートに『台湾メシはおいしい!!』と中国語で書かれた漫画が描かれていて、その右下には『颯田直斗』っていう署名があった」と投稿。ネットで調べてみたところ、この宿泊客が日本の漫画家・颯田直斗さんだったことに気付いたそうで、「ネットには颯田さんが漫画の描き方を教える動画がたくさんあった」と書き込んでいる。

女性が掲載した写真を見ると、颯田さんが得意とする天照大神と豊受大神がおいしそうに麺や肉まんを食べる様子が、祥雲や「幸」マークとともに描かれている。また、南投神社や基隆神社など、台湾に存在した神社の名前も記されていた。

颯田さんがノートに残したイラストが丁寧に描かれていることに、多くのネットユーザーから「超ラッキーだ」とのコメントが寄せられたそうで、中には「この漫画家は日本のイラストSNSのPIXIVからデビューした人。台湾旅行で大いに感じるところがあったのだろう。将来ものすごく売れて、想像を絶するほどの価値が出るかもしれないから、額縁に入れて飾っておいたら」とアドバイスするユーザーもいたそうだ

コメント

日本時代のドラマ放送中止 台湾、中国の批判に配慮か

2018年05月16日 | 中華民國

台湾で行われたテレビドラマ「智子之心」の記者発表会。
その後、2話だけ放送し、中止となった 



台湾の民放テレビ局が先週放送を始めた日本統治時代を扱った連続テレビドラマがわずか2話だけで放送中止となった。15日付の台湾紙、自由時報は中国からの批判に配慮して放送を中止したとの見方を伝えた。.

 ドラマは「智子之心」とのタイトル名で、日本統治時代の台湾で日本軍に看護婦として従軍した実在の女性を主人公にした内容。全35話で撮影も終わっていた。10日の放送開始直後に中国のメディアなどが「日本軍を美化しており媚日だ」と批判、11日に第2話を放映後、第3話からはほかのドラマに差し替えられた。.

 ドラマを放送した「大愛テレビ」は仏教系の慈善団体「慈済基金会」が運営するテレビ局で、「(放送中止と)政治は無関係だ」としている。(台北共同).

コメント

台湾のパイナップルケーキ専門店「サニーヒルズ」がケーキ新商品 一部売り上げ寄付へ

2018年05月15日 | 中華民國

「天使のケーキ」 1箱220台湾ドル(840円) 


台湾のパイナップルケーキ専門店「サニーヒルズ(微熱山丘)」が4月17日、ケーキの新商品「天使のケーキ」の販売を始めた。

今回発売した「天使のケーキ」は、田舎の子どもたちの生活を支えたいという思いから作られた商品。同店のDebbieさんは「サニーヒルズの発祥地である台湾中部・南投県の八卦山は田舎で、田舎の子どもたちの生活が不便だということを理解している。そのため、売り上げを寄付することで田舎の子どもたちの生活を支えたいと思った」と話す。今回、新商品の売り上げの一部を財団法人台湾閲読文化基金会、財団法人普仁基金会、財団法人中華育幼機構児童関懐協会の3つの特定非営利活動団体に寄付する。

 同商品は、パイナップルをケーキに入れたもので、Debbieさんは「湾南部・屏東県産のレモンを加えることで、程よい甘みが出て、さっぱりした味が特徴」と話す。

 パッケージは、楽しく遊んでいる子どもたちと大人の絵を描き、助けを必要としている子どもたちを天使のように守るという意味を込めてデザインされている。

 台湾の各店舗とインターネットで販売。1箱220台湾ドル(840円)。

コメント

桃園メトロ、通勤・通学客向けの120日間定期発売へ

2018年05月15日 | 中華民國


桃園メトロ提供 

桃園メトロ(MRT)空港線 


(桃園 14日 中央社)桃園メトロ(MRT)空港線は6月1日、通勤・通学客の負担軽減を目的とした120日間定期券を発売する。区間指定割引を組み合わせ、乗車駅と下車駅を指定することで最低5割引になる。「直達車」(急行)にも「普通車」(各駅停車)にも乗れるほか、期間内は乗り降り自由。同メトロは、使えば使うほど得だとアピールし、利用を呼び掛けている。

13日のPR記者会見に出席した鄭文燦桃園市長によると、同メトロの今年2~3月の1日当たりの平均利用客数は、予想をはるかに上回る約6万人に達したという。また、定期券の購入者数も約1万1000人に上っており、これら定期客を増やすことで同メトロをより成長させたいと意欲を示した。

120日間定期の価格は、通勤(通学)日数を84日間と想定して算出する。例を挙げると、台北駅(A1)~空港第2ターミナル駅(A13)区間の往復運賃は320台湾元(約1200円)。これに84を乗じると2万6880元(約10万円)になるのに対し、120日間定期は1万3440元(約5万円)。84日間の利用で5割引、120日間使えば6.5割引になる計算。

同メトロはこれまでにも、30日(3割引)、60日(3.5割引)、90日(4割引)などの定期券を販売している。

コメント

台北、気温35.2度の猛暑日に 今年最高

2018年05月15日 | 中華民國

台北市は14日、今年の最高気温となる35.2度を観測した 


(台北 14日 中央社)中央気象局によると、台北市で14日午後1時過ぎ、同市の今年最高気温となる35.2度を観測した。また、北部の板橋(新北市)で34.5度(午後1時37分)、南部の嘉義で33.4度(午後0時48分)など、多くの地域で32度を上回った。同局は、15日以降は南西からの季節風の影響を受け、さらに暑さが厳しくなると予想している。

気象局の統計によると、今年の全国最高気温は東部・台東大武で7日に観測された37.4度。暖かく乾いた風が山を超えて吹き下ろす際に気温が上がる「フェーン現象」の影響だという。

コメント

「南北会談の対話ムードをアジア太平洋地域にも」=蔡英文総統

2018年05月15日 | 中華民國

国際シンポジウム「台日戦略対話」の日本代表団と記念撮影する蔡英文総統(中央) 


(台北 14日 中央社)蔡総統は14日、総統府で、台北市内で開かれる国際シンポジウム「台日戦略対話」(14~15日)の日本代表団と面会した。台湾の現況について、現在のアジア太平洋地域が新たな局面を迎えたことでいくつかの挑戦に直面していると分析した蔡総統。そのような状況であっても、先の南北会談のように平和の契機は訪れると述べ、地域全体が対話ムードに包まれることに期待を示した。

日本の安倍晋三首相と中国大陸の李克強氏が9日に会談を行ったことについては、日中関係の前進は地域の安定に役立つとの見方を示し、台日関係を進める上での妨げにはならないとした。

また、トランプ米大統領や安倍首相が相次いで「自由で開かれたインド太平洋戦略」を打ち出したことにも言及。数百年間、各勢力に取り囲まれて生存と発展の道を模索してきた台湾は対話と協力の重要性を熟知していると強調し、同政策への参加に意欲を示した。

コメント

外交部、日本や米国に感謝 台湾のWHO総会参加への支持表明で

2018年05月15日 | 中華民國

外交部(外務省)、日本や米国に感謝 

(台北 15日 中央社)スイス・ジュネーブで21日に始まる世界保健機関(WHO)年次総会に台湾がいまだに招請されていないのを受け、日本の対台湾窓口機関、日本台湾交流協会は14日、フェイスブックで台湾のWHO総会への参加を支持するとの立場を示した。これまで米国や欧州連合(EU)なども台湾の参加支持を表明しており、外交部(外務省)は15日、書面を公表し、これらの国や組織に謝意を示した。

日本台湾交流協会は、2003年に重症急性呼吸器症候群(SARS)、今年に入ってからははしかが流行したことに触れ、台湾との間で人的往来が頻繁な日本にとって「台湾の感染症対策は決して他人事ではない」と指摘。昨年に続き今年も台湾に招請状が届いていないのは残念だとし、感染症対策をはじめとする国際的な保健課題への対応に地理的空白を生じさせないためにも台湾の参加を支持するとの立場を示した。

米国の対台湾窓口機関、米国在台協会(AIT)も9日、フェイスブックで台湾の総会への出席を「強く支持する」と表明したほか、AITのソニア・アーボン報道官は中国大陸が再び台湾の参加を阻害したのは非常に残念だとメディアの取材に対して述べた。

EUの外務省に相当する欧州対外行動庁の報道官は8日、ベルギーで中央社の取材に応え、台湾のWHO総会参加に対する明確な支持を表明。EUが書面ではなく、インタビューに応じた上で支持を示すのは珍しい。

外交部は、各国の参加支持表明は台湾が世界健康安全保障を促進する上で不可欠な存在であることを表していると言及。WHO総会や関連する会議などへの台湾の参加支持をより多くの国が表明してくれることを歓迎すると期待を示した。

台湾は2009年から2016年まで8年連続でWHO総会にオブザーバー参加してきたが、昨年は中国大陸の圧力により出席がかなわなかった。今年の出席登録は7日に締め切られたが、台湾にはいまだに招請状が届いていない。

コメント

台湾プロ野球の日本フェスタ、パ・リーグ参加で大盛況

2018年05月14日 | 中華民國

日本フェスタ「YOKOSO桃猿」の開催で日本色に包まれる
台湾プロ野球・ラミゴモンキーズの本拠地、桃園国際野球場 


台湾プロ野球の日本フェスタ、パ・リーグ参加で大盛況 

(桃園 13日 中央社)台湾プロ野球・ラミゴモンキーズは、本拠地の桃園国際野球場で、日本フェスタ「YOKOSO桃猿」(11日~13日)を開催している。球場には、日本ハムファイターズのチアリーダー「ファイターズガール」の4人と、パ・リーグ3球団のマスコット「フレップ」(ファイターズ)、「クラッチ」(イーグルス)、「謎の魚」(マリーンズ)が大集合。12日の富邦戦には、1万4000人を上回る野球ファンが詰め掛けた。

ラミゴのチアリーダー「LamiGirls」とともに熱い声援を送ったファイターズガール。海外遠征は今回が初めてで、台湾について、「ファンと一緒に踊れて楽しい」「ファンが情熱的」などの印象を持ったという。

マスコット3体も、2013年のアジアシリーズで来台したクラッチを除く2体は初訪台。12日には「謎の魚」が単独で始球式に臨み、観客席を沸かせた。

イベントでは、LamiGirlsの李亜センさんや期間限定メンバー、今井さやかさんがウグイス嬢として日本語でアナウンスしたり、7回にジェット風船が飛ばされるなど、お楽しみ企画が盛りだくさん。場外でも、石垣島の美崎牛をはじめ、お好み焼きやラーメン、いちごカキ氷などの日本グルメが販売され、球場全体が日本色に包まれた。(セン=王へんに旋)

12日の試合は、ラミゴが4対3で富邦を下し、これまでの2連敗の流れを食い止めた。

コメント

「よい人生を送るなら台湾」=反中共のメディア王、ジミー・ライ氏

2018年05月14日 | 中華民國

台北市内で講演したジミー・ライ氏(右)=新経典文化のフェイスブックページより 

(台北 13日 中央社)ネクストデジタル(壱伝媒)グループ(本部・香港)の創業者で、反中共色の強さや民主化運動への資金提供などでも知られるジミー・ライ(黎智英)氏が10日、台北市内で講演を行った。今年70歳になるライ氏は、カネだけの人生はつまらないと述べ、「事業を重んじるなら中国大陸に行くのがよいが、よりよい人生を送りたいなら台湾にとどまるべき」との考えを示した。

台湾では5月初旬、2014年から書きためてきたライ氏のエッセイ集「人生不是名利場」が出版されたばかり。出版社の招きを受けて講演会に臨んだライ氏は、次世代の活躍の場を心配する親の質問に答えて、上記の発言に及んだ。

香港や台湾の事情に詳しいライ氏。台湾について、「あっさり気質の香港と比べ、あいまい」、「八方美人」などと辛口の意見を出す一方で、「楽しく暮らせ、リラックスできる」「生活環境が恵まれている」などのプラス面も挙げた。

また、「冷戦期に米国がベルリンを守ったのは、欧州人の信頼を勝ち取るため」とした上で、「台湾の安全を約束する米国がこれに背けば、アジア諸国の信用を失う」と指摘。そして、「台湾は自国を信じるべき」と述べ、「台湾の未来はこれから」、「中国大陸を恐れることはない」などと強調した。

香港を代表するアパレルブランド、ジョルダーノ・インターナショナルを創業して成功を収めたライ氏。1990年に週刊誌「壱週刊」(ネクスト・マガジン)、95年に日刊紙「蘋果日報」(アップル・デイリー)を創刊してメディア業界に進出した。台湾でも、2001年に「ネクスト・マガジン」、2003年に「アップル・デイリー」を創刊したほか、2010年にはインターネットテレビ局「ネクスト・テレビ」を立ち上げた。中華民国国籍を有する。

コメント

プラ素材サヨナラ 公園に“昔懐かしい”滑り台がお目見え

2018年05月14日 | 中華民國

台中市の福星公園でお目見えしたアイスクリームの形をした滑り台
=台中市政府提供 


(台中 14日 中央社)中部・台中市の福星公園(西屯区)で、従来のプラスチック製遊具やゴム舗装が撤去され、それに代わる、昔懐かしい人造大理石の滑り台と砂場がお目見えした。アイスクリームの形をしたかわいい滑り台は、子どもにも親にも好評を博しているという。

同市政府建設局によると、20年余り使用されてきた同公園は、昨年11月末に全面的な改善工事が始められ、4月末に供用再開された。同局は、自然素材の砂場を取り入れたことで、子どもたちがよりのびのび遊び、さまざまな体験を重ねてほしいとしている。

コメント