DUKE Train

台湾・京都関連中心に日々のニュースを取り上げています。

台湾の改修型F-16V戦闘機は「中国J-22ステルス戦闘機を補足可能」の見方、中国専門家は否定「非現実的」

2018年09月09日 | 中国

中国人民解放軍上級大佐の李莉解放軍国防大学教授



台湾のF-16V



中国のJ-20(殲20)



中国メディアの新浪網は6日、台湾が米国のF-16戦闘機を改修して配備するF-16Vが中国のJ-20(殲20)ステルス戦闘機をレーダーで捕捉できるとの見方が出ていることに対しての、中国人民解放軍上級大佐の李莉(リー・リー)解放軍国防大学教授の反論を紹介した。

F-16Vは、既存のF-16を改修して、総合ヘルメット装着式目標指定システム(JHMCS)の使用や、AIM-9X新型短距離空対空ミサイル、AGM-154C滑空誘導爆弾、AGM-88対レーダーミサイルの搭載を可能にした戦闘機。2018年内に台湾空軍への引き渡しが始まり、2022年までには台湾が保有する約140機のF-16はすべてF-16Vに改修されるという。

F-16Vについては、中国のJ-20(殲20)ステルス戦闘機をレーダーなどで捕捉することが可能との見方が出てくる。しかし、李莉教授はこのほど中国中央電視台(中国中央テレビ)の番組に出演して、現実的には不可能と主張した。

李教授はまず「米国のF-22は、わがJ-20を補足する能力を持っているか?」と問題を提起。回答として「理論上は可能だ。しかし実際の操作には大きな不確定要素があり、わが方に戦術運用上の変化が出現すれば、わが方を発見することは根本的に不可能」と主張。

についても同様で、J-20を発見するためには大きな不確実性があると主張した。

李教授は「F-16VはJ-20を補足可能」との見方が出ていることについて、「台湾地区の軍部が、資金を獲得する条件をさらに作り出すために、煽り立てている」との見方を示した

*パクリと技術盗用の殲20、ソフト面の不足が実戦での懸念がささやかれている

コメント

定員2人のバイクに7人乗る、調べてみると違反のオンパレード

2018年09月01日 | 中国




中国の四川省楽山市で8月27日、定員2人のバイクに7人が乗っていたとして警察が所有者を呼び出し処罰を行った。29日付で澎湃新聞網が伝えた。

映像では、バイクに男女7人がギュウギュウ詰めで座っている様子が捉えられている。映像がネットで話題になると、楽山市の警察は付近の監視カメラの映像をもとにバイクのナンバーを割り出し、所有者を突き止めた。

28日には所有者を呼び出し事情聴取したところ、運転していた男性は無免許であることが判明。ヘルメット未着用での乗車に加え定員オーバーと数々の違反を犯し、1150元(約1万9000円)と10日間の拘留処分が科せられた。違反のオンパレードに対しネットでは「雑技団のつもりか?」と揶揄(やゆ)する声や、「若気の至りかな。これに懲りて更正してほしい」といった声が寄せられている

コメント

台湾表記、今度はイケアが批判の的に 中国

2018年09月01日 | 中国

上海にあるイケア



香港(CNNMoney) 台湾を中国とは別の国であるかのように扱ったとして、スウェーデンの家具大手イケアが中国国内で批判を浴びている。中国は台湾表記問題で神経をとがらせていて、多くのグローバル企業が批判の的となってきた。

きっかけは、台湾を別の国と示唆しているようにも取れる包装ラベルの写真がインターネット上に投稿されたことだ。これを受け、中国のインターネットユーザーや国営メディアがイケア批判を展開した。

大手SNS、新浪微博(ウェイボー)に最近投稿された包装ラベルの写真には、インドやフィリピンなどと並び、中国と台湾向けに同程度の大きさの漢字で製品情報が記載されている様子が写っている。

ユーザーの1人からは、イケアは「中国人から金を儲けておきながら、中国を分離させようとするのか」と問う声も出た。

中国政府は台湾を自国の領土の不可欠な一部とみなしており、別の国と示唆するような事案には厳しい対応を取ることが多い。

国営紙の環球時報は28日の記事で、「イケアは中国の消費者にとって譲れない一線を越えたこの問題に関して早急に説明し、誤りを正すべきだ」と主張した。

一方、イケア上海支店の広報担当者は、営業先の国の法律に厳格に従っていると説明。その上で、ラベル変更の是非について社内協議を始めていることを明かしたが、いつ決定を下すのかには触れなかった。

台湾表記などをめぐってはイケアの他にも、米ホテルチェーン大手のマリオットや米衣料品大手ギャップ、高級車ブランドのメルセデス・ベンツ、多数の航空会社が中国でトラブルに陥ってきた。

コメント

カナダ、航空会社に続いて大手銀行も 台湾を中国大陸の一部として表記

2018年05月28日 | 中国

ロイヤル・バンク・オブ・カナダの公式サイトより 

(台北 27日 中央社)カナダの大手銀行、ロイヤル・バンク・オブ・カナダ(RBC)が自社サイトの「台湾」の表記に「中国の省」と追加していたことが26日までに分かった。カナダでは今月14日、航空会社のエア・カナダもホームページの「台湾」の表記を「Taipei,CN」(台北、中国)に変更している。背景には中国大陸の圧力があるとみられている。

同銀行を利用している現地在住者が発見した。インターネットバンキングで海外送金を行おうとしたところ、「国」の選択欄で「Taiwan(Province of China)」(台湾、中国の省)と表記されていたことに気がついたという。外交部(外務省)の李憲章報道官は27日、中央社の取材に応じ、すでにRBCに訂正を求めたと説明した。

この問題は26日付の地元紙「ザ・スター・バンクーバー」も大きく取り上げている。報道によれば、RBCは中国大陸当局による介入があったかどうかという同紙の質問には答えず、「国際標準化機構(ISO)が発行している国名コードにのっとった表記」だと説明しているという。

エア・カナダの表記変更を受け、駐カナダ代表処が同社に訂正を求めたほか、現地在住の台湾人がインターネット上で署名活動を実施している。同社に「台湾が中国に属する」とする表記を改めるよう呼び掛け、27日午後4時までに約1万2300人分の署名を集めた。同社のホームページの表記は27日までに再び変更され、「Taipei,CN」から「Taipei,Taiwan,CN」とされている。

中国大陸は今年に入ってから海外の複数の航空会社に対し、自社サイトなどで台湾を「国」として扱わないよう要求している。中国大陸の民用航空局は25日、表記の修正を求めた44社のうちすでに18社が修正を完了させたと発表。外交部は26日、声明を公表し、中国大陸に対し厳重に抗議するとともに、航空各社には運営の独立性を堅持するよう呼び掛けた。

コメント

中国軍の戦闘ヘリが実弾演習、台湾海峡

2018年04月20日 | 中国

中国軍のヘリコプター 


中国軍の戦闘ヘリコプターが、同国南東部の沿岸で実弾演習を行った。国営メディアが19日、報じた。ただこの演習が、緊張が高まっている台湾海峡(Taiwan Strait)で実施されたのかどうかについては言及されていない。

 国営の新華社通信によると、中国人民解放軍(PLA)の演習は18日に行われ、「海上における空軍の全天候作戦能力」を確認するため多様な型のヘリコプターが参加したという。

 国営の中国中央テレビ(CCTV)は、ヘリコプターが離れた海中にある標的に向かってミサイルを発射する様子を放映した。

 こうした報道は、演習が行われた具体的な場所については触れていないが、中国軍による台湾海峡での実弾演習と同じ日に重なった。

 中国これまでにも、自国の領土とみなす台湾によるあらゆる独立の動きに対して厳しい警告を発してきたが、先週、台湾海峡で軍事演習を行うと発表したことで、中台間の緊張はますます高まっている。(c)AFP

コメント

世にも不思議な中国「臭豆腐」、ふん尿が秘伝の闇業者

2018年03月04日 | 中国

上海の飲食店で売られている臭豆腐、2011年4月撮影※参考写真であり、記事中にある食品と同一は限らない 

中国の上海や広東州などの南部沿岸地域では、「臭豆腐」は伝統美食の一つ、臭ければ臭いほど美味しいとの説がある。いっぽう、食品衛生に疑念を残す闇の製造業者の問題もしばしば浮上する。

ある中国のメディア記者が情報提供者により、広東省深セン市の露店業者の臭豆腐の製造現場をおとり調査した。記者が驚愕したのは、ふん尿などの様々な汚物で臭豆腐を作る現場だった。記事によると「現地政府が取締りを行っているが、違法業者は後を絶たない」という。

中国語メディア「看中国」サイトによると、ある中国のメディア記者は2007年夏、深セン市南山区一甲海辺新村にある臭豆腐を売る露店が集結する街をおとり調査した。あたりには50数軒の露店が並び、一日の販売量は合計約1000キロだという。

7月11日午前9時、この記者は情報提供者の案内で、これらの露店の作業場が集結する南山区一甲海辺新村54号、55号を訪れた。場所は比較的に辺鄙で、臨時に建てたような粗悪な貸家は、生活空間と作業場を兼ねている。50メートルも満たない小さな巷に、このような十数軒の臭豆腐の小さな生産拠点が並んでいる。

粗悪な住宅が密集するためか、衛生状況は目を覆うほど汚い。手作業で洗濯する人、豆腐を切る人、母親に抱かれウンチをする4ヶ月ぐらいの赤ちゃんなどが一つの狭い空間で、各自の用を達している。ゴミと汚水捨て場のすぐ隣に、豆腐作りの籠が置いてあった。公衆トイレはある作業場と2メートルしか離れていない。

記者は詳しい製造過程を知るために「臭豆腐の製造を学びたい」と偽って、劉と名乗る臭豆腐の製造者に400元(約6千円)の授業料を支払い、その「秘法」を教わった。

秘伝の「黒い水」製造法とは…

まず最初に、3、4センチほどの四方形に切った豆腐をゆでる。その際に、正体不明の黒い粉末を加え、数分後、黒く染めた豆腐が茹で上がった。

ざるにあげ、約30分間置いた後、豆腐を悪臭が発する黒い漬け汁のバケツに入れ、約20分間漬け込む。取り出した豆腐は言い様のない臭い匂いを発した。劉はこの黒い漬け汁の「秘伝」を記者に伝授した。「主要原料は腐ったタニシと米のとぎ汁。それだけでは足りない。腐乱した生肉の汁をも入れなくてはならない。これらの原料をバケツに入れ、重々と密封して発酵させる。ウジムシが生まれ、刺激的な強い臭気を発するまでに発酵しなくてはならない」

「もし黒さが足りなければ、黒色素と黒い汚水を足す」という。最後に、この男は、「それでも、臭みが足りなければ、少しウンチ水を入れる」と言った。記者は最初、自分が聞き間違ったと思い、再度確認した。この男は、「ウンチ水は絶対に入れすぎてはいけない。食べる人にバレてしまう恐れがある」とはっきりと説明した。

情報提供者によると、これらの違法業者は豆腐を布に包み、ウンチのため池に沈めていたのを見かけたことがあるという。

すっかり臭くなった豆腐をバケツから取り出し、数分間水気を切れば完成。後は露店で油で揚げ、売るだけだ。

劉は「この商売はコストが低い上、客の需要が大きい、一日に平均500串が売れる、純利益は500元(約8千円)」「市の取締りを受け、すでに3台の押し車が押収されたが、今日、もう1台作った。今晩から、露店は再開する」などと話した。

記者がここの「臭豆腐」の違法製造状況を深セン市南山区の工商所に知らせたため、7月12日午後3時ごろ、工商所の職員が現場を抜き打ち検査した。

違法業者の社長は、「臭豆腐はこうやって作るんだ…臭ければ、臭いほど売れるんだ」と弁明した。ある職員は記者に対し、「数少ない違法作業場を取り締ってきたが、このように『臭豆腐』を作る現場は初めて」と絶句した。

違法業者の社長によると、この種の食べ物は販路に困らないと言う。「駅付近でも、学校や職場の入り口でも、大人気だ」、これらの業者は経営上の都合から、子供や学生を相手に商売をすることが多い。南頭の某中学校の校門付近では、下校時に中学生たちがなけなしの小遣いをはたいて臭豆腐の串を買い求めて、おいしそうに買い食いしている光景が見られたという。

臭豆腐は名前通り、臭い匂いを発するが、非常に美味しい。中国南部地域では人気の食べ物である。業界関係者によると、「本物」の製造は、手順が非常に複雑で、多くの手間と長い時間をかけて、じっくりと発酵させる。その間、温度と湿度を厳密に管理しなくてはならないという。

(大紀元編集部)

コメント