アブリル - どこにでもあり、どこにもない

岡崎平野を中心とする 植物 と カメラの対話

ソシンロウバイ - 愛知県緑化センター

2020-02-14 13:17:43 | みんなの花図鑑

直前の「サンシュユ(ハルコガネバナ)」のときにも触れましたが、冬から早春にかけて咲く花には 黄色い花が多いです。
そして、冬咲く花に集まる虫は ハエやアブが多いです。




ソシンロウバイの花には、雌しべが活発な時期と 雄しべが活動する時期があり、2つの時期はずれています。この花の雄しべは(花弁のような)花被片の上に横たわっています。中心の雌しべが柱頭を広げて受粉を待っています。(雌性期)




2~3日の雌しべの活動期がすぎると、眠っていた?雄しべが起き上がって 雌しべを取り囲みます。




雄しべの葯の外面が割れ 花粉が出てきます(雄性期)。




この日は 朝方雨が降りやみ、そのあとはどんどん気温が上がって 4月上旬の気候になりました (^^)/
写真は 雨しずくをアップしたものです。


コメント   この記事についてブログを書く
« サンシュユ(ハルコガネバナ... | トップ | シナマンサク - 愛知県緑化セ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

みんなの花図鑑」カテゴリの最新記事