アブリル - どこにでもあり、どこにもない

岡崎平野を中心とする 植物 と カメラの対話

モナルダ - モデルナ?

2021-06-18 09:18:41 | みんなの花図鑑

シソ科のモナルダ。めらめらと燃え上がる炎のようだから タイマツバナ(松明花)とも。



でも、最近では、モナルダ(Monarda)と聞くと「モデルナ(Moderna)?」と聞き返しちゃう ( ^)o(^ )




「学名モナルダは、スペインの薬用植物学者 ニコラス・デ・モナルデス が1569年に書いた新大陸の薬草の記述にちなんで名付けられたものです。」(賢者の森「情熱のスカーレット -モナルダ- (花期:6月~9月)」)




ベルガモットという名前は、モナルダの全草には甘くさわやかな香りがありミカン科のベルガモットオレンジに似ることから」(同上)




「モナルダは花の香りが良く、開花時期も長めなため、養蜂家の蜜源植物として利用されることからビーバームとも呼ばれています。」(同上)




モナルダ → モデルナ → 刺す → 針 → ハチ




全く同じではないですが、ヤグルマハッカという植物もあるようです。


コメント (3)   この記事についてブログを書く
« アレチハナガサ、アレチギシ... | トップ | もうひとつのアルストロメリ... »
最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ふふっ(*^^)v (hanatyan)
2021-06-18 21:24:49
こんばんは(´▽`*)
モデルナから蜂に上手く繋がりましたね!
座布団3枚!
モデルナ!違った^^; (hanatyan)
2021-06-18 21:28:11
間違いです( ;∀;)
モナルダから蜂に上手く繋がりましたね!
座布団10枚!にします。
Re: hanatyanさん^^ (アブリル)
2021-06-18 21:50:39
こんばんは~~
座布団ありがとうございます\(^o^)/
私も、モナルダだったかモデルナだったか、
分らなくなりました(^_-)-☆

コメントを投稿

みんなの花図鑑」カテゴリの最新記事