アブリル - どこにでもあり、どこにもない

岡崎平野を中心とする 植物 と カメラの対話

ニラ - 愛知県安城市

2018-08-31 09:26:48 | みんなの花図鑑

道ばたに生えていたこの花を見て
野草と思って掲示板に質問したら
「ニラ」という答えが返ってきて 驚いた・・・
はやいもので、あれからもう3年。

「インド〜中国、日本などに野生するといわれるが、
日本のものは真の野生か、栽培されていたものが
野性化したものかよくわかっていない。」
(松江の花図鑑)



ニラは もとは ユリ科 ネギ属 だったのだが、
あたらしい APG分類系では ヒガンバナ科 に分類されることになった。



しかし・・・
ユリ科なら 食べられそう と思うが、
「ニラ は ヒガンバナ科」と言われると、
ニラも ほんとは 有毒だったんか?!と
一瞬 ひいてしまう (´・ω・)



スイセンなんかも ヒガンバナ科だ。
でも あれは 有毒だからね、ヒガンバナ科が似合ってる (´v_v`)

雄しべ6個、子房は3室。



若い果実。
熟すと3裂する。種子は1室に1〜2個入る。(松江の花図鑑)


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« イヌタデ - 安城市田の畦 | トップ | シラカシ - 秋葉公園(愛知・... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
分類 (attsu1)
2018-08-31 10:33:14
こんにちは、
ニラの花がそちこちで、咲いていますよね。

今は、ヒガンバナ科、確かに、ネギと違って毒が有る?って思ってしまいますね^^
Re: attsu1さん^^ (アブリル)
2018-08-31 11:14:24
attsu1さん、こんにちは~
そうなんですよ、ヒガンバナ科と聞いてしまうと
ニラの花後が ヨウシュヤマゴボウとか アオツヅラフジの
果実と同じに見えてくることでしょう(´v_v`)

コメントを投稿

みんなの花図鑑」カテゴリの最新記事