アブリル - どこにでもあり、どこにもない

岡崎平野を中心とする 植物 と カメラの対話

エノキ - 紅葉と熟果

2020-11-21 11:27:39 | みんなの花図鑑

於大公園(東浦町)の外周道路を歩いていたら、すごく背の高いエノキが・・・



標準レンズしかもってないので 全体が一枚に収まらない。↑ 右半分




真っ黄色に紅葉してキレイ。
エノキ(榎)は アサ科エノキ属(以前はニレ科に含まれていました)。




果実も 食べごろ?
エノキ(榎)の名前の由来は諸説ありますが・・・



熟した果実を小鳥が食べることから、「餌(エ)の木」に由来する説が この時期、説得力あり (^^)/
「熟した果実」を略して 「熟果」? は今造った造語です。




wikiには「熟すと橙褐色になり、食べられる。味は甘い。」とだけあるが、まぁ、いかにも木の実という感じですね (´∀`)
こういう意見もあります。「種と皮しかないような果実なんだけど、ポリポリと甘いの」(あるブログより)




エノキに似た木に ムクノキ(椋の木)があります。
エノキの葉は先端から3分の2くらいまで鋸歯があります。(ムクノキのほうは全部にあるそうです)

確かめに一番近くのムクノキを見に行ったら、なんといつの間にか切り倒されてしまっていました。↓


また、エノキの葉は 葉脈の支脈が葉先まで届かず葉の縁に沿って流れています。対して、ムクノキでは葉の縁まで届いているそうです。


ムクノキの写真は撮れなかったけれど、帰りに 神社の横の道路に シイの実がいっぱい落ちていました (^^♪

エノキは小粒だけれど・・・



それに較べりゃ、椎の実は食べがいがありますよ \(^o^)/





コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シナヒイラギとアメリカヒイ... | トップ | ナンキンハゼ - 安祥城址公園 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

みんなの花図鑑」カテゴリの最新記事