アブリル - どこにでもあり、どこにもない

岡崎平野を中心とする 植物 と カメラの対話

アカメガシワ(雌花) - 愛知県岡崎市

2018-06-13 19:51:51 | みんなの花図鑑

アカメガシワは雌雄異株。
これは 雌花 なので この木は アカメガシワの雌株。



ハエやハチなどの昆虫が 雄花の花粉を運んで
受粉に成功すると、子房が膨らんで 果実になっていきます。



雌花の柱頭は 3つに分かれています。
受粉すると 赤みが増すようです。



柱頭の根元に子房があります。
子房には多数の棘状突起があります。
これも 子房が膨らむにつれ、赤味を増すようです。


ジャンル:
みんなの花図鑑
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« アカメガシワ(雄花) - 愛知... | トップ | タチアオイ - 愛知県安城市 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
なるほど~ (なつみかん)
2018-06-13 22:30:08
アブリルさん、こんばんは。
私も先日、アカメガシワの雄木と雌木両方並んでいるところで、赤い蕊の雌花をみましたが、受粉したら赤くなるというからくりがあったんですね!!

どうして、緑と赤があるのかとずっと疑問に思っていました。
それにしても鮮やかなお写真ですね~♪
Re: なつみかんさん^^ (アブリル)
2018-06-13 22:49:28
なつみかんさん、こんばんは~
スマホに虫めがねでは、なかなか クリアな
写真撮れないですね。ゴメンナサイ m(_ _)m
なんとなく、受粉したら、花柱も そして
子房に生えている毛のような棘も、赤くなる
ということが(すこし)分かってきました。
もっと 鮮明な写真が撮りたいです (´∀`)

コメントを投稿

みんなの花図鑑」カテゴリの最新記事