アブリル - どこにでもあり、どこにもない

岡崎平野を中心とする 植物 と カメラの対話

フウとモミジバフウ - 愛知県緑化センター

2020-02-15 14:09:40 | みんなの花図鑑

フウはタイワンフウとも呼ばれ、 その果実は いがぐりのような棘があります。 これは雌しべの花柱の名残り(花柱が宿存し硬化して棘状になったもの)ということです。




冬芽です。




つぎは モミジバフウ です。

今でも 枝に多くの果実が残っていますが・・・




それを上回る量の果実が 下に落ちています。




棘は花柱の名残りですが、 フウ(タイワンフウ)よりも 長さは短いようです。




そのかわり、種子が抜けたあとの穴が とても目立ちます。

コメント   この記事についてブログを書く
« メタセコイア - 愛知県緑化セ... | トップ | アオモジ - 愛知県緑化センター »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

みんなの花図鑑」カテゴリの最新記事