アブリル - どこにでもあり、どこにもない

岡崎平野を中心とする 植物 と カメラの対話

ローズマリー - 安城デンパーク

2019-02-12 08:44:38 | みんなの花図鑑

またまた ローズマリー です。
だって ローズマリーの花を撮ろうと、葉をつまむと たまらなく いい匂いがするから。




ローズマリーはシソ科の常緑低木。
原産地は地中海沿岸で海に近く湿度の高い土地にあり、その青く小さな花がまるで海のしずくのように見えたことからRos(露) +marinus(海の)と名づけられました。




単に ローズマリー と言っても、多くの種類があり、 大きく分けると、シネオール、カンファ―、ベルベノンの3種類に分類されるとか。




育った環境によって、ある成分だけが 味や香りに違いが出てしまうので、どこのローズマリーか 確認するべし、とか。




葉のことを考えながら、花を撮っているうちに、ようやく 雄しべの花粉にピントの合った画像が撮れた。まずは 一安心。

ジャンル:
みんなの花図鑑
コメント   この記事についてブログを書く
« ジャノメエリカ - 安城デンパ... | トップ | シロバナジンチョウゲ - 安城... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

みんなの花図鑑」カテゴリの最新記事