アブリル - どこにでもあり、どこにもない

岡崎平野を中心とする 植物 と カメラの対話

カライトソウ - 安城デンパーク

2019-07-11 20:11:08 | みんなの花図鑑

こんな花がついていますが、気になったのは 葉っぱがワレモコウの葉によく似ているからでした。
あれ? 葉っぱはワレモコウなのに、花は ピンクのネコジャラシ みたいだな?!
ところが、銘板がありません。




ズルをして、教えて!goo にお伺いしました。
Q「葉がワレモコウみたいなんですが」
Q「そういえば、つぼみも ワレモコウに似ていると思いました。」




リンクつきで 「カライトソウ」を教えてもらいました。
リンクの記載によると
「唐の絹の紐糸に似ていることから、カライトソウ(唐糸草)という名前だが、純国産の高山植物で ワレモコウ や シロバナトウウチソウ の仲間。」(四季の山野草「カライトソウ」)
私が 掲示板に質問する植物は ほとんどが 帰化植物であることが多いのですが、これはめずらしい「純国産」でした(´∀`)

上の画像のように つぼみが ワレモコウのつぼみに似ています(^^)



バラ科ワレモコウ属
学名: Sanguisorba hakusanensis

「カライトソウは、バラ科ワレモコウ属の宿根草で、ネコジャラシのような房状の花が魅力です。学名のハクサネンシスは「白山の」という意味ですが、その名前からも分かるように主に本州中西部の日本海側の高山~亜高山に自生します。」(園芸植物 育て方と花の写真)





植えてあったところは、ワレモコウの植えてある グラスガーデンではなかったのですが、ワレモコウの葉を見たすぐ後なので、関連付けて質問できてよかったです \(^o^)/




コメント (2)   この記事についてブログを書く
« エキナセア - 西尾市憩の農園 | トップ | ネムノキ - 柳川瀬公園(豊田) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
次々と逃走劇 (カンサン)
2019-07-11 20:26:56
アブリルさんへ、愛知県の事件の逃走犯は確保されましたね。熊本県の犯人はまだつかまっていません。広島の造船所で逃走した、自転車で日本一周とかいって、九州まで行った--という事件から、逃走犯が多くなったような気がします。熊本の犯人がまだ、つかまっていません。逃げようと思えば、逃げられるかも--と思ってしまいますね。
Re: カンサンさん^^ (アブリル)
2019-07-11 21:05:36
カンサンさん、こんばんは~
> 熊本の犯人がまだ、つかまっていません。
今まで、TV『科捜研の女』をみてました(^^ゞ
昼の『昼オビ』番組で ゲストが「体内から麻薬が消えるのに何日かかるのか?」専門家に聞いていましたが、「それを今ここで答えると、犯人がそれを聞いているかもしれないので答えれない」と言ってました。難しい時代になりました

コメントを投稿

みんなの花図鑑」カテゴリの最新記事