アブリル - どこにでもあり、どこにもない

岡崎平野を中心とする 植物 と カメラの対話

ネムノキ - 柳川瀬公園(豊田)

2019-07-11 21:28:50 | みんなの花図鑑

マメ科のネムノキだが、これほど長い雄しべをもつ花は 他にあるだろうか?




ピンクの部分は 雄しべの花糸で 花糸の先っぽには 黄色の葯がついている。




10~20個の頭状花の中に、花糸が途中まで合着していて 実際の花糸の部分が途中から始まっている花序がある。これが 頂生花 といって、この花序だけに 蜜があるという。




つまり、付け根から 花糸の長い花序のほうは 虫を呼ぶための装飾花ということになる。




沢山の雄しべに混じって それより長い 先に葯が付いてないシベがあります。これが めしべです。




花弁とか 蕚は つぼみのときに シベを包み込むようにしてある部分が それらしいです。




コメント   この記事についてブログを書く
« カライトソウ - 安城デンパーク | トップ | カイノキ、ハゼノキ - 安城デ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

みんなの花図鑑」カテゴリの最新記事