アブリル - どこにでもあり、どこにもない

岡崎平野を中心とする 植物 と カメラの対話

ヤブツバキ - 六景

2021-02-23 18:00:00 | みんなの花図鑑

葛飾北斎の代表作「富嶽三十六景」は 北斎72歳の時の作品です。




「三十六景」といいますが、実際は 46図からなる錦絵です。




ヤブツバキは「一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている」(みんなの花図鑑「ヤブツバキ」)
学名 : Camellia japonica




花弁の色が褪せていますが、これは 下に落ちたもの。
「野生種では咲き終わった花が丸ごと落下するのもサザンカとの違いであり、「武士たちは、これが打ち首を連想させるとして忌み嫌った。」との俗説が知られる。」(庭木図鑑 植木ペディア「ヤブツバキ」)




ツバキ(ヤブツバキ)には 500を超える品種がある。「白侘助」「白唐子」「一休」「白長楽(しろおさらく)」「白玉(しらたま)」など (同上)



「花の中心部からは大量の蜜が分泌される。ヤブツバキの花が咲く季節は花を訪れる昆虫が少なく、花粉の媒介は主にメジロなどの小鳥が行っている。この季節、森を訪れると顔がヤブツバキの花粉で真っ黄色になっている小鳥を見ることができる。」(植物雑学事典「ヤブツバキ」)




ソシンロウバイとのコラボ咲き(^^♪




サザンカは秋から冬に花が咲く。ツバキは晩冬から初春。(同上)

コメント   この記事についてブログを書く
« サンシュユ、セイヨウサンシ... | トップ | ツバキ ’エリナ・カスケード’ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

みんなの花図鑑」カテゴリの最新記事