相模川河口の鳥

我が家から近い相模川河口周辺での野鳥写真を・・・

相模川河口(9月9日)

2019年09月09日 | バードウオッチング
■ 相模川河口
台風の影響で再開見込が遅れた東海道線・・・ならば仕事は午後から出社と切り替えて相模川河口を覗きに行きました。まずは茅ケ崎漁港にミユビシギの群が。漁港のコシアカツバメは気配なしでした。すぐに河口部へ移動すると普段は見かけないシギチの小群が。サアーっと双眼鏡でスキャンしてゆくとここでは過去にも見かける機会の非常に少なかったコオバシギ幼鳥を見つけました。台風の置土産をねらって銚子・波崎へ向った友人からは拍子抜けするほどの凪で鳥は特になしという報告が。本来であれば時期的にもコシジロウミツバメやトウゾクカモメ類、さらにはシロハラナギ3種までと期待するのですが、台風のコースのチョットした違いで結果は大きく違ってくるようです。今日の相模川河口はコオバシギが台風の置土産ということでしょうか?その他トウネンやメダイチドリなどなどこの時期ならでは幼鳥たちばかりでした。越冬のため南へ向かう言わば「処女飛行」・・・無事に目的地までたどり着いてまた春にここを通過していって欲しいものです。

コオバシギ幼鳥

コオバシギ幼鳥

メダイチドリ幼鳥

トウネン幼鳥

ミユビシギ幼鳥

コチドリ幼鳥

ミユビシギ飛翔(茅ケ崎漁港)
そのほか、キョウジョシギ、キアシシギも観察しました。

コメント   この記事についてブログを書く
« コモンシギ(番外編) | トップ | 相模川河口(9月14日) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

バードウオッチング」カテゴリの最新記事