相模川河口の鳥

我が家から近い相模川河口周辺での野鳥写真を・・・

Memo(コモンシギとコシジロウズラシギ)

2019年09月16日 | バードウオッチング
この夏はシギチの渡りで滅多にお目にかかれないシギチが飛来しました。ほんの1,2日で抜けてしまったヒメハマシギは残念でしたが、多くの人の目に触れたのがコシジロウズラシギと昨日現在も滞在中のコモンシギです。「日本鳥類目録改定第7版」によれば貼付の通りコモンシギの正式記録は過去20例はありますが、いっぽうのコシジロウズラシギとなるとわずかに2例・・・レア度はコシジロウズラシギのほうが圧倒的です。(ヒメハマシギもコモンシギと同様に過去20例はあります)




しかし、これも図鑑をよく眺めてみるとなるほど・・・とおおよその推測は成り立ちます。それは繁殖地や越冬地などを書き記してくれている所謂「分布図」です。海外図鑑の分布図を貼付しますが、ご覧の通りにコシジロウズラシギは北米大陸で繁殖、コモンシギは一部がシベリアで繁殖しているようで(ヒメハマシギも同様です)・・・おそらくこのエリアで繁殖したコモンシギ幼鳥が処女飛行で南米大陸へ向かうのにコースアウトして日本にやってくる例が多いのだと思います。コモンシギはこれからもたまに記録される見る機会があるとは思いますが、コシジロウズラシギは日本ではそう滅多にお目にかかる鳥ではないであろうと想像がつきます。次に会えるのはいつでしょうか?






コメント   この記事についてブログを書く
« 相模川河口(9月14日) | トップ | 相模川河口(9月22日) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

バードウオッチング」カテゴリの最新記事