わたしの気まぐれ日記。

日々の暮らしの中で思ったことや実際に作ったものをどんどん出していきます。たまにはちょっとビックリな事も、お楽しみに~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

りんごの唄

2017-07-29 22:55:37 | 日記
りんごの唄には秘話があったのね。

戦後まもなく米軍がやってきて日本中くまなく情報を集めた。

きっと、敗戦でひどい状態になっているだろうと収めに来たのに

どこにもそんな気配がない。あったのは闇市くらい。

しばらくするとある一つの事が浮上する。

みんなが歌っている歌がある。

それがりんごの唄。

赤いりんごにくちびる寄せて黙って見ている青い空

りんごは何も言わないけれど

りんごの気持ちはよくわかる。

りんご可愛や、可愛やりんご。


そう、黙っていても気持ちはわかるよって言っている。

自分が困っているのに相手のことを心配している。

お互いに助け合っている。それが日本人。

戦後60年たってその資料が公開された。

マッカーサーが日本に来てあんな小さな体の日本人がどうして大きな自分たちと

戦うことができたのか不思議だった。

でも、日本には至るところに神様がいてそれを信じている人々が居る。

これはまずいと思い、教科書から日本神話を削除した。

日本神話には暮らしの知恵や八百万の神々の事が伝えられているから。

思えば、日本昔話はとても好きだった。

震災のときもそうだった。

ほかならありそうな暴動も略奪もなかった。

ほとんどの人が助け合っていた。

そして、本性を出させられた。

今この時代の日本人に生まれてきて良かった。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 会津を訪れる | トップ | デジャブ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事